ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価・動画配信

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

記録

イーサン・ホークとジャズプレイに対する点
目と耳が幸せだけど沁みてくるのに時間がかかりそう
イーサン・ホークほどBLUEが似合う男おらんのちゃうか

チェット・ベイカー、当代一のトランペッター。アルバム聴いたりしてたけど、その人生については全く知らなくてただイーサン・ホークが演じてるから観たかった。

彼の華々しいキャリアには一切触れず、人生どん底の立ち直りから転落までを良い音色と共にしっとりと追う感じ。
誰かを愛する力(信じてもらえることによって沸く力?)によって奇跡的な復活を遂げるもやっぱり、ってね…
劇中触れられてたけどビリー・ホリデイもそう、エイミー・ワインハウスもそう、ホイットニー・ヒューストンもそう。偉大なミュージシャンはクリーンでは生きていけないんだろうね…

マンハッタンにあるバードランド行ってみたさ…というかお酒嗜みながらジャズを楽しめるお店に行きたい
ジャズとドラッグを切り離すことができない時代においてそのトップを走り続けた男、Chet Baker。もはやその人生のどれほどが輝かしかったと言えるのだろうかと思ってしまうほどに葛藤尽くしである。本作品の素晴らしさは、歌やその歌詞の意味とリンクさせた巧妙なストーリー運びはもちろんだが、Ethan Hawkeの演技力抜きには語ることはできないと思う。あの悲壮感漂う、しかし野心と焦燥が確かに据わっているあの目はどのような気持ちで演じているのだろうか、気になる。いやあ、総じて素晴らしかった。
cozy

cozyの感想・評価

5.0
スコア5じゃ足りない…

ダメ人間のポワポワ音色のトランペットに気が付いたら包まれています。
なんと心地E事。
ジャズが分からない人でもきっとそう思うでしょう。
是非、見てください、とてもピュアな人間のサウンドを!!

常人ではなし得ない血の滲むような努力がそこにはあったのだな〜と思いました。
しかし、天は人に二物を与えず…
最後はやっぱりそーいくかーって展開です。

とても悲しい物語で、とても美しい物語。

全編どこをとっても絵になるし、色味が凄く良い。
寂しいけど人間は完璧じゃない事を分からせてくれる作品。

ストーリーもすごく良くて、もうみんなに勧めたい作品。
出逢えて良かった作品!!

観終わった後、ただただ
"あ〜、い〜映画(湯)だったな〜"っていつの間にか言ってる作品、是非‼️

ソフィアコッポラのsomewhereが好きな人には堪らないと思います(^^)
ろ

ろの感想・評価

-
記録。
シュナ

シュナの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

愛よりも音楽を選んだチェットベイカーが、最後にパートナーが居なくなってから歌うBorn to be blueは最高に切ない。

もう1度家で夜に観たい。
ミヅキ

ミヅキの感想・評価

3.0
チェットベイカーはEverything Happens To Me が好きなのだけれど、顎とか歯とか損傷していたのは知らなかったなあ。
chili

chiliの感想・評価

3.0
もっとどうしようもないダメ人間だったのではないかなあ それでも許せてしまうような、音楽的才能を見せつける演奏シーンをもっと見たかった
>|