ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

すごい映画を見てしまった。
黒人の文化でもあるジャズミュージック。
白人演奏者チェック・ベイカーは本当の意味のジャズミュージックを知らずして世界中で売れてしまった。
彼はいかようにして「本当のジャズミュージシャン」になるのか。

主人公は決して尊敬できる人物ではない。
が、唯一どんなことがあっても彼の中で変わらずに中心にいたのが「トランペットを演奏すること」だった。
最後の演奏、サイコーにクールでした。
あまりにも切なく、また、ドラッグというのは1度ハマると恐ろしいということが改めて教えられた。愛する女性のためにずっとドラッグを絶っていたのに、成功と引き換えに再びドラッグにはまり、女性も失ってしまうラストシーンには心打たれた。
a

aの感想・評価

4.3
ちょうどいい温度 感傷の海に落ちました イーサン・ホークの魅力がすごい 泣
切ない。儚い。イーサン・ホークがステキすぎる。
大井競馬場から帰る、無料送迎バスの車内に匹敵する哀愁感
「ミュージャンがヘロインにハマってダメになる」映画だとウォークオンザラインとセットに見るのをお勧めします。
こっちを後に見るべき。
ryosoda

ryosodaの感想・評価

3.7
全てを捨ててまで奏でたジャズだからこそ何度も何度も聞きたくなる。
Let's Get LostとかOver The Rainbowいいよね🎵

イーサン・ホークの歌声聞けますよ。
チェットベイカー好きになった、イーサン・ホークかっくいい
pika

pikaの感想・評価

3.5
画家モディリアーニの伝記映画「モンパルナスの灯」を心の額に飾っているくらい、人生を芸術にかけた人間のドラマが大好きなんだけど、だからこそ大好物なテーマとドラマであるからこそ、もっと没入したかった!という不満が先に出てしまった。

画面が綺麗過ぎてショーケースの向こうにある世界に見えてしまって、技術的なことはサッパリわからない感情論なんだけど、没入できそうでできないもどかしさが最後まで続いてしまったというか、演出が全く肌に合わず、上部をなぞって「それっぽく」しているようにしか感じられなかった。
ただ、それを補って余りあるほどイーサン・ホークの演技が素晴らしく、彼1人でこの作品の魅力全てを担ってしまったんじゃ!と言えるレベル存在感は最高だった!!!
だからこそグッと映画に入りたい!ってジャンプしつつも届かない辛さが。。

伝記物でチェット・ベイカーの人物像が前提としてあるから一見さんは知ってから来てくれよってのは仕方ないし、「こういうものだ」と言われたら観客側が補間するしかないんだけど、伝記部分を取っ払って映画単体で見るとキャラクターの感情がイマイチ掴みづらく、天才トランペット奏者のどん底からの立ち直りって軸の裏にある深遠な愛をテーマにしながらも2人の互いに対する愛情がイマイチ伝わってこない。
展開はシンプルながらもハマれたら泣けるドラマだし、伝記だからってのを別としてもラストは映画の魅力を象徴しているようでとても良い。