ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

何気なしに音楽にまつわる映画を見たくて選んだ作品。なんだろう、多分退廃的な雰囲気に浸かりたい気分だったのかな。

ミュージャンの伝記映画には付き物のドラッグが蝕む人生のひと時を描いた作品。
ジェーンとバンで生活する姿、クリーンになって健康的になっていくチェット、朝焼けの中海辺を散歩するシーン。お互いの唯一の理解者だというような親密感があり逆に行先の不安感を感じさせる。

最後の演奏シーンでは、楽屋での重要な選択を終盤に持ってくるあたり上手く見るものを惹きつけている。
チェットがキメてる状態で吹いているシーンで、回想としてエレインとの思い出が挟まれる(あれはジェーンじゃなくてエレインだよね?違ってたらすみません)。この辺り、チェットの悲しさが見え隠れしている気がした。

(実際にはジェーンという女性は架空の人物だし、元奥さんのエレインもどうして別れたのか不明。)
Masami

Masamiの感想・評価

3.8
実在した1950年代のジャズトランペット奏者、チェット・ベイカーの自伝をイーサン・ホークが熱演。

ベイカーが最後に選んだ選択はこれまでの選択から見たら当然だったけど、とても悲しい話だった。天才なのに不器用。どこまでも強いトランペットへの愛情を感じ、だからこその不幸なんだなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

横暴な態度、ドラッグ依存、激しい女性関係。
このクズ男の唯一の良心はトランペット。そして、このトランペットにかける情熱という一点のみで、我々を味方につけてしまった。

ジャズの世界で白人のチェットに対する風当たりは強い。逆に、もがき苦しみながらもトランペットを吹き続ける彼を、優しく見守る目も多い。恋人ジェーン、旧知のディック、保護観察官までも。
この人らが手を差し伸べるたび、道を外さずに済むチェット。そうでなければあっという間の転落人生。
だから、ジェーンが一緒に行かないと言った時、悪い予感がしたんです。

そしてラスト、わずかな所作でそれを見抜き、涙するジェーン。この時、チェットはとても哀れな男に写ります。拍手喝采の中、ステージには1人の寂しい男が立っています。
alf

alfの感想・評価

3.9
麻薬と隣合わせで、黒人と競い合い激動期を生きる白人ジャズ屋、チェットベイカー。
イーサンホーク扮するこの伝記的映画からは、チェットベイカーの正直さに弱さ、自他への敬意が垣間見れた。
偉大なミュージシャンを演じる人って半端ない。

海辺のシーンも絵になるし、口説き方もお洒落。
音楽は曲数は多くはなさそうだったけど、使い方がいやらしくって印象に残る。夜聴く音ね。

麻薬は楽しいと言ってたけど、トランペットはどうだったのだろう?
vivalaviwa

vivalaviwaの感想・評価

3.3
スモーキーな黄昏時
うす暗いジャズクラブ
に、
うつくしい恋人と
ドラッグに溺れたトランペット奏者

チェット・ベイカー
転落と再生
その先にあるもの

Birdland
いつか行ってみたいなぁ
こういうなんとも心がギュッとなる作品は好きだ。

イーサンの演技が素晴らしい。綺麗な緑の目に惹きこまれる。音楽をやりたいという真っ直ぐな想いと、人の弱さと、献身的な愛情と、想いが溢れる。

ああ、と蹲りたい気持ちでいっぱい。

このレビューはネタバレを含みます

・全てを失った天才が全てを取り戻すまでのサクセスストーリーか、と思いきやそういうわけではなく。「ブルーに生まれついて」というタイトルが全てを物語る結末は切なさが残る。
・チェット・ベイカーを演じたイーサン・ホークがめちゃめちゃ格好いい。ボーリング場での口説き方とか最高。一方で瞳には常に悲しみや孤独の色がともっていて、そのふるまいの軽薄さとのギャップが人々を惹きつけてやまない魅力になっていると思う。
・映像についても絵になるシーンが多い。下半身を波にさらされながらトランペットを吹いてみたり。キャンピングカーでの暮らし、楽器のパーツを指輪に見立ててのプロポーズ。ジャズの演奏ももちろんスマートだし、何も考えず、いい酒でも飲みながら、耽美的に楽しむのもよいかもしれない。
・主人公はジャズミュージシャン、ヒロインは役者ときて、売れないながらも二人で夢を追い続けるって構図は、実はララランドとそっくり。結末も遠からずだし。こちらのほうがややハードボイルドな仕上がりではあるけど、あの結末の虚しさに心惹かれる人はこちらに手をつけてみてもいいのかもしれない
KentF

KentFの感想・評価

3.4
親父がいい。物語は転落後から始まり、ジェーン(C.Ejogo)と共に過去を探る。ベイカー父は表情からもそれを伝えてくる。
イーサン・ホークは、醜い部分と、一瞬の輝きを見事に演じ分けている。
recycle

recycleの感想・評価

3.4
画面を止めたくなるような美しいシーンが沢山あるのが印象的。
ねっとりと纏わりつくようなトランペットへの情熱に恐ろしさも感じられるけれど、才能ってこういう事なのかなと思う。
手に入れたいものはなんとしても欲しい。
それ以外はわりと簡単に手放せる。
そんな映画。