ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.8

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

哀愁漂う
イーサン・ホーク名演。
ダメな男が似合う

音楽に酔える人カッコいい

でも麻薬はダメ、絶対
kana

kanaの感想・評価

3.9
イーサン・ホーク最高。海に2人が入るシーンとても好き。ラストも素晴らしい。
桜葉

桜葉の感想・評価

3.4
ネットフリックスで鑑賞。
天才的なジャズトランペッターが顎を割られても血を流しながら音楽に手を伸ばす話。彼には音楽しか無かったのかなあと思うと、寂しくもありますが尊くも感じます。
全体的に纏まっていて見やすい映画でした。感傷的なシーンをもう少し増やして欲しかったかも。
人は危ういものに惹かれてしまうんだな
薬は危ういが刺激をくれる
そして、チェットは危うくて脆い
崩れ落ちそうなチェットを支えても支えてもポロポロ崩れしまう。
どうしようもないのに彼は魅力的だった。
本物を知らずに観て面白いなぁと思ったけど、観た後本物を聞いたらスケール感とか凄くて音楽シーン吹き替えでも良かったんじゃないかと思ってしまった。

もっとどうしようもなくクレージーな人の話かと思ったけど割とストレートに再生を目指す話だった。ラストは切ない。
AKIKO

AKIKOの感想・評価

3.8
心に広がる"ブルー"

天才トランペット奏者が
ヘロインに溺れそこから復帰する
までの葛藤を描いた作品。

渋いなあ…
かっこいいなあ…

小学生の時に自分もトランペットを吹いていてすごく楽しかった思い出があるので前歯がないと吹けないことが痛いほどわかりました。しかも結構な頬筋使うんで絶対吹くとき顔痛い…痛々しい。

ラストはなんとも切ない。。。
薬物はやっぱり怖い。
洋画みてると、薬物結構みんな
使ってるんで麻痺しそうになるけどやっぱり怖いですね。絶対手を出したくないです。

ジャズのことはよく分からないけど聞いてて心地いい音楽でした。
movie29

movie29の感想・評価

3.3
数々のミュージシャンもカヴァーしてきた「My Funny Valentine」!チェットのは有名過ぎるぐらい有名🎶
私もこの人を知ったのはこの曲だった。
歌声はあんまり似てないけど、イーサンが丁寧に歌いあげ、チェットを演じきってる。
『今を生きる』の僕ちゃんが渋くセクシーな大人になったな~🙆

しっかし薬中のミュージシャン…ダメ男よね~(^_^;)
弱い男だ😔
まぁだから支えようとする女が現れる。結局惚れた方の負けか😜
「Over The Rainbow」&夕日をバックにした海辺でのキスシーンが素敵😍大人の映画です🎶

ってなわけで、久々にチェット・ベイカーのベストを引っ張り出して聴いてる🎵
えみ

えみの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます


何かにこれだけ執着できて
これだけ全力を注げるのは
ほんとに素敵なこと

とても素敵な音楽で、
哀愁も感じるし、音が人生を物語ってる気がする、深みがすごくあった

最後、弱さに負けてしまったのは
とても残念だけど、
弱いところもチェットなんだと思う

Born to be blue
っていう原題がすごく合ってると思った

そしてイーサンホーク、
ほんとにすごい俳優さんだと改めて思う

素敵だなあって思う反面、道をふみはずすことの怖さもしっかり感じさせられた映画だった
浅い知識しかなくてチェットも薬物依存なのは知らなかった。周りとの立ち位置も初めて知った。
最後はさておき、音楽だけが彼を支えていたんだなあとすごく感じる映画だった。また彼の音楽をちゃんと聞いてみたい気持ち
yoshis

yoshisの感想・評価

2.7
なんで最後、ヘロインに手を出すかなぁ。芸術家は孤独でいろんなものに押しつぶされそうになって、手を出しちゃうのかな。凡人には全く理解不能。