ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

SakikoYabe

SakikoYabeの感想・評価

4.4
ドン底人生のダメ人間なはずなのに、なぜか色気たっぷりで、渋くて、魅力的で、なんかもう凄かった。
“音楽やりたいんだ、自分の思う通りに”って今まで涙見せた事なかった人が泣きながら言ってるのが切なすぎて切なすぎて。ドン底人生だけど自分の生き方をある意味貫いててまじでかっこよかった。てかイーサンホークすごいな??
かーく

かーくの感想・評価

3.4

見た感じは普通にイーサンホークなんだけど段々そう見えなくなってくる。彼はハマると化ける
ジャズに詳しくなくてもマイルス・デイビスやチェット・ベイカーくらいは知ってる。そのチェットの音に悲哀が宿っている理由を知れた。イーサン・ホークは演技というよりも、まるで彼が憑依しているかのようだった。渋いです。
ひろし

ひろしの感想・評価

3.0
学生の頃にバイトしてたバーでジャズ好きな九大生から色々聞かされてよく聴いてたの思い出した~それにしてもイーサン・ホークはいい味出してました。
はま

はまの感想・評価

3.2
哀しすぎる。チェット ベイカーって名前しか知らなかったけど、思った通りのどん底人生。足掻いても薬の沼からは抜けられない。
イーサンホーク、ほんと良い。あのしゃべり方、きっとこういう人だったんだろうなと思わせる説得力があった。
ゆりな

ゆりなの感想・評価

3.7
イーサン・ホークってこういう役好きだし、良いおっちゃんになったよな。
実在したトランペット奏者の脚光を浴びた時期ではなく、どん底からのスタート。セピア調で、気だるい雰囲気がたまらなかった。

チェット・ベイカーだけじゃなくて、恋人のジェーンも主人公で、2人の愛の話だった。

イーサン・ホーク渾身の「アイヴ・ネヴァー・ビーン・イン・ラブ」、哀愁があって搾り出すようで泣けた。
KANA

KANAの感想・評価

3.7

トランペット吹くイーサン・ホーク観たさに鑑賞。

恥ずかしながらチェット・ベイカーについては無知だったけれど、天才的芸術家のクズな闇を描くという内容はよくある話で目新しさはない。

ヘロインアディクトなのはダメ!ゼッタイ!
‥なんだけど、雰囲気にやられる。
ざらつきのあるノスタルジックな画面、陶酔してしまうモダンジャズ、イーサンのジェームズ・ディーンのような儚げな佇まい、絵になるラブシーン…

トランペットはもちろん、しっとりと歌い上げるMy Funny Valentine、マーロン・ブランドばりのささやくような気だるい喋り方がセクシーでグッときた。
イーサン年々深みのある役者になって行ってるなぁ…

チェット・ベイカーの人生は幸せだったとは言い難いけど、映画としては結末までほろ苦くて退廃的なムードがお洒落でツボだった。
せつない〜せつないけどかっこいい〜
ちゃんと最後まで伏線?あっていい映画だった。おすすめる

ジャズ、女優志望の彼女、ラストの展開、とかちょっとララランドを思い出した
綺麗なモノクロ映像とイーサンホークの表情がよい
どん底から這い上がるとこを切り取った映画なわけですが、結局またどん底になってしまうのが悲しいやら
AikoTanaka

AikoTanakaの感想・評価

4.6
Chet Baker の若かりしころ、スイートボイスとハンサムな出で立ちで女性ファンをメロメロにしたのに、薬に溺れて色んなものを台無しにしちゃったのだけれど(キャリアも結婚も風貌も!)、やはり才能は神さまが与えてくだすったもの。
最後に一花咲かせてます。

イーサンが本物のチェットにしか見えなくなってしまいました。素敵ング!