ブルーに生まれついての作品情報・感想・評価 - 4ページ目

ブルーに生まれついて2015年製作の映画)

Born to Be Blue

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:97分

3.9

あらすじ

名ジャズ・トランペット奏者として一世を風靡した、チェット・ベイカーの苦闘の時代を描くドラマ。ドラッグに依存し、暴行されて歯を失い、どん底に落ちたチェットが再生を目指す姿を、イーサン・ホークが見事に再現する。シャープな映像とクールな音楽が抜群の官能をもたらす1本。

「ブルーに生まれついて」に投稿された感想・評価

ハク

ハクの感想・評価

4.0
ヘロインやると「テンポが広がる」「一音一音に入り込める」「自信が持てる」とバードランド公演の直前にもらすチェット。
この辺りからラストにかけて、チェットの苦悩や孤独、覚悟描かれており、淡々とした演出とジャズの気だるい雰囲気と相まってやりようのない切なさがこみ上げてくる。
Null

Nullの感想・評価

4.4
Chet Baker.
甘く切ない歌声とは裏腹にこんな苦闘の半生だったなんて。
ただ、この人に音楽のない人生はありえない。いや、むしろ音楽に生きるしかなかった。
最後のトランペットが一層切なく感じられる


イーサンホーク渋すぎるでしょ
MaT

MaTの感想・評価

4.1
薬によって到達できる境地があるのか?
人類の技を引き出すのは薬なのか?

人間らしさを失ってもいい、音楽ができればいい、という弱さに対して、

彼の元を去った恋人の強さ
そーた

そーたの感想・評価

3.3
チェット・ベイカーの音楽に対する想いがラストシーンに全て集約されていた。
イーサン・ホークの演技も生々しく、繊細だった。
ジャズにしか生きれなかった男の話

イーサンホークに痺れる
どうしようもなく駄目な人なのに引き込まれるのは俳優の力でしょうか。
ジャズと功名心の為に全てを捨てるという単純化された図式はマイルスデイビスが演奏を認め拍手するシーン含めいかにもハリウッド的演出だなと思いました。
イーサン・ホーク男前。
最後に発言する言葉に「これが俺の望む人生だ」って意志が伝わってくる。
最低やけど、シビれた。
ブルーに生まれついて。
なんば

なんばの感想・評価

4.0
渋い
サントラとチャットベイカー買っちゃった
ちあき

ちあきの感想・評価

3.5
自分の身体を犠牲にしてまで才能、栄光を守る。人間の弱さであり、ある意味で強さ
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

4.0
チェット・ベイカーの伝記映画。ドラッグ絡みのトラブルで暴行を受けプレイヤーとして再起不能と思われた時期から復活までに焦点を当てている。マイルス、デイジーなどその時代のジャズ史にも触れている。チェットの演奏と声が沁みる。