でしょうかな

サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロースのでしょうかなのレビュー・感想・評価

2.6
クリスマスイブに沸く小さな町。そこに現れたサンタクロースの殺人鬼は、「悪い子」を次々と殺していく。主人公の保安官は犯人を逮捕しようと奮闘する。

「悪魔のサンタクロース 惨殺の斧」(未見)のリメイクで、実際に起きた殺人事件の要素もある。
スプラッター映画だが、若干ミステリーめいた物語でもある。が、謎解きについてはあまり深く考えないほうがいいと思う。
殺害シーンは陰惨だがぶっ飛んでおり、登場人物が基本的にバカなので、そこまで暗い映画ではないが、殺人鬼の「悪い子」基準が緩い上に一貫しておらず、素直に殺戮シーンを楽しめなかった。