サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロースの作品情報・感想・評価

サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース2012年製作の映画)

Silent Night

上映日:2016年08月05日

製作国:

上映時間:94分

2.9

あらすじ

クリスマス・イブを迎えたウィスコンシン州の田舎町。休暇中の女性保安官オーブリーのもとに、所長から急な出勤要請が入った。当直のジョーダン保安官が行方不明で人手が足りないらしい。仕方なく出勤したオーブリーは、「空き家から異臭がする」と通報を受け、現場へ急行。すると、そこには変わり果てたジョーダンと不倫相手の遺体が…。時を同じく、モーテルの一室で、男女がポルノの撮影中に惨殺される事件が発生。残されたビ…

クリスマス・イブを迎えたウィスコンシン州の田舎町。休暇中の女性保安官オーブリーのもとに、所長から急な出勤要請が入った。当直のジョーダン保安官が行方不明で人手が足りないらしい。仕方なく出勤したオーブリーは、「空き家から異臭がする」と通報を受け、現場へ急行。すると、そこには変わり果てたジョーダンと不倫相手の遺体が…。時を同じく、モーテルの一室で、男女がポルノの撮影中に惨殺される事件が発生。残されたビデオカメラには、サンタクロースの恰好をした殺人鬼の姿が映っていた。その後も殺人事件が相次ぎ、クリスマス・パレードが開催中の平和な田舎町が一変する。犯人究明を急ぐオーブリーは、懸命な捜査の末、被害者らの元に届けられたある共通する手がかりを見つけ出すのだが…。

「サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース」に投稿された感想・評価

城戸

城戸の感想・評価

2.9
序盤に子供が殺されるシーンあるとシャキッとしちゃうね
スー

スーの感想・評価

2.7
マルコム目当てでみた
サンタが人をころす映画

このレビューはネタバレを含みます

94分に13人の殺害.数としてはファインダーズ・キーパーズのリリスさんの勝ちだけど,こちらのサンタさんはたった一日で血祭りした人数.有能な働き者は観ていて気持ちがいい.クリスマスプレゼントにヴィトン鞄をおねだりする生意気な児童も見逃さずぬっ殺すプロ根性には敬服する.ちなみに一番好きなのは当然砕木機.あれは痛いですぞ.生きながら砕かれていく ヾ(0д0∥)ノ ウヒーイテー
でもそれ以外はポンコツ.自信タップリのクーパー署長が無能なのは定形だからいいとして,犯人さんの行動原理が理解できない.悪即斬というなら市長や保安官狙うのはルール違反だし,ブラディモア保安官のパパにいたってはただの逆恨みじゃん.被害者への共通のプレゼントも無意味.この辺りが全然スッキリしませんでした.
実はパパが犯人でしたってくらいのヒネリは欲しかった.もしくはストレートにサンタさんは異形でマスクっぽいのは元からそーゆー顔,殺害は気の赴くママ,でお話スッキリ.前述したようにお楽しみシーンがグッドだっただけに残念であった事よ.
そーいやゴッサムのハーヴィ・ブルックの中の人が出演してたけど,動きがブルックそのままなんでちと笑った.
クリスマスイブに沸く小さな町。そこに現れたサンタクロースの殺人鬼は、「悪い子」を次々と殺していく。主人公の保安官は犯人を逮捕しようと奮闘する。

「悪魔のサンタクロース 惨殺の斧」(未見)のリメイクで、実際に起きた殺人事件の要素もある。
スプラッター映画だが、若干ミステリーめいた物語でもある。が、謎解きについてはあまり深く考えないほうがいいと思う。
殺害シーンは陰惨だがぶっ飛んでおり、登場人物が基本的にバカなので、そこまで暗い映画ではないが、殺人鬼の「悪い子」基準が緩い上に一貫しておらず、素直に殺戮シーンを楽しめなかった。
Zhelika

Zhelikaの感想・評価

2.0
二兎を追う者は一兎をも得ず、か

物議を醸した昔の映画のリメイク版らしいがそっちは見てない。サンタが殺しにやってくる映画。キャッチコピーもそのまんまだし、ジャケットも火炎放射器を持ったサンタなのだから、恐らく多くの人が期待しているのはシリアスキラーサンタが人をバンバン愉快に殺しまくり、名前も覚えてない人々が勝手にエロい事やりまくるハッピースプラッターなのだが、どうにもこの映画はそうではなく、ミステリーらしい。
別にそういう映画を否定している訳ではない。「見たい映画と違ったから低得点!」なんて事がしたいのではなく、じゃあこの作品をもともとミステリーだと思って見たとしても荒いから困る。
警察官である主人公は殺害された知り合いを発見、「俺の街は俺が守る」と言い放ち応援を全く呼ばない署長の元、殺人事件の犯人である殺人サンタクロースを探すが……と言ったシリアスなストーリー。これだけなら面白い気もするのだが、肝心の「なんでサンタクロースなの?」と言う所がいくら考えても考えても良くわからない。本当に分からない。じゃあそこ以外の場所はいい感じなのか? そうでもない。例えばプレゼント、例えば都市伝説の話、例えば殺害対象の基準、全ての殺人鬼の思考の土台部分が足りない事が目立ってしまう。ミステリーとして見るべき映画ではない。ということは後はスプラッターにしか希望が無いのだが、その点では前半の描写はなかなか目を見張るものがある。ウッドチッパーのシーンなどはかなり攻めていると言えるだろう。しかしながらそれ以外はそれほど攻めようとしてこない。もっといい感じに生首ぶち並べたり(例え話です)、身体をパーツごとに分類して「悪いことをした部位」とかでまとめたり(例え話です)する事は無い。だからスプラッターとして見てもとても良いとは言えない。コメディとして見たら? 吹き替え以外は期待できないだろうし、期待する程の吹き替えでもない。
何をするにしてもどうにも中途半端で、どこを取っても楽しみ方が分からなくなってしまった。きっと何一つ考えない方が良い映画なのだろうが、果たしてそれが本来の楽しみ方なのだろうか。そして僕はなぜこの映画にこんなに文を書いてレビューしているのだろうか……
b

bの感想・評価

2.0
ミステリーかスプラッターかコメディかどれかにしなさい
kazuna

kazunaの感想・評価

2.5
去年にDVDで。
サンタがこわい!!
あんまりおぼえていないけど、何かの機械でぐちゃぐちゃにされるシーンがトラウマです。
そしていい子な女の子ちゃんは可愛い❤️
ハテナ

ハテナの感想・評価

2.0
我侭だったり、素行が悪かったりする人をガンガン殺しまくるサンタの話。でもいい子は殺さないサンタの鑑(?)。実はある目的を遂行していたのでした。

観た日:2017/02/12
豚肉

豚肉の感想・評価

1.9
Markするの忘れてて中身の記憶も曖昧です…
オリジナル版は観ておりません。
終盤の格闘が画面が赤暗くてひたすら見辛かった覚え…
子供も容赦なく刺し殺したりします。
重機に押し込まれて殺されるのは流石にゾワッとしました。
>|