波色

名前のない少年、脚のない少女の波色のレビュー・感想・評価

4.2
●まず、ストーリーを理解するのが難しかった。なんとなく悔しいので、もう一度見たい。

⚪︎音楽と映像が、思春期特有の独りよがりな雰囲気を醸し出していました。美しかったです。

⚪︎色が綺麗でした。

⚪︎散らばった星が夢のように美しかった。心象風景ですかね。

⚪︎ミュージックビデオみたいに、流れていく映画でした。

⚪︎息子とその母のぎこちない会話が思春期らしいリアル感があった。