あなたの旅立ち、綴りますの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

「あなたの旅立ち、綴ります」に投稿された感想・評価

やっぱ年取った人の言葉って結構響くものあるよね。なんでもない言葉が響いちゃったりする。
シャーリー・マクレーンの演技、やっぱり大好き。ちょっとエグ味のあるおばさま役を、こんなにも愛嬌たっぷりに、お茶目に演じられるなんてさすが。

レコード音楽も最高。キンクスで盛り上がるところ、つい頷きたくなっちゃうくらいに分かる。最後の waterloo sunsetもナイスチョイス。
蛇らい

蛇らいの感想・評価

3.6
仲の悪い娘に会いに行く三人にもってこいの、37曲入りミックスCDを見繕えるラジオDJのロビン、マジかっけぇっす。

そんで、プライベートでも主人公役のアマンダ・セフライドをゲットするあたりもかっけぇっす。

二人の愛の周波数が合わさったってか?ふざけんなw
せいけ

せいけの感想・評価

4.8
女性版最強のふたりといった印象
キャラ紹介が端的に行われているから話に入りやすかった
急にキャラが変わったように見えるけど昔からの理解者もいたし表面を見ただけではわからない人も実際いると思う
ライターという設定もうまかった
音楽もよく余韻がすごく心地よい映画
『リメンバーミー』で感じた故人の捉え方に対する疑問をこの作品が解決してくれた。観終わった後、サントラすぐにダウンロードした。
自分も死んだ後、誰かの背中をおしてあげられるような存在になれてたらいいな。
EIPiE

EIPiEの感想・評価

3.6
老婦人への協力、老婦人から学び幸せになる→『ジュリエットからの手紙』と色々重なった。

↑の作品の方が比べた場合好きだが、これはこれで好き。

レコードの話とか、ついていけるようになりたい。
yokopi

yokopiの感想・評価

4.0
中盤からおばあちゃんそんなキャラに急になれんの??って展開が微妙だなぁと思ったけど、
よくある系のよくある話で先が読めちゃうし、でも嫌味な感じもないし、嫌いじゃない。むしろ好きかも。

シネスイッチ3階シアターのベスポジは、CまたはDまたはG列。私は乱視のど近眼なので前の方がいい。前から5列は席が下り坂、6列目から少しづつ上り坂。
戦う女の物語。
とても今っぽい映画でした。
ほんでアメリカっぽい映画でした。
人生の最後に人生を振り返る。
3世代の交流が心地よい。
こういった話はハズレがないので。
安心して見れました。
しかし飛び抜けるものもなかったかな。
でも最後の訃報ではウルっときたり。
まぁよかったです。

このレビューはネタバレを含みます

あなたの旅立ち、綴ります (The Last Word)
世代も生き方も違うアン(アマンダ・セイフライド)とハリエット(シャーリー・マクレーン)が、ハリエット自身の訃報記事の依頼をきっかけに、孤児院の少女ブレンダも加わってストーリーが展開していきます。最初は衝突を繰り返しますが、少しずつアンのハリエットへの想いが変化していき、アンも人知れず悩みを抱える中で、その自身の変化から未来を開いて行くシーンが丁寧に描かれています。ハリエットは嫌われ者に描かれていますが、観ていて魅力的に感じたのは、シャーリー・マクレーンの奥行きのある演技とキュートな笑顔のせいでしょう😄😄。DJのシーンでブースの外にいるアンと男性の表情だけをガラス越しに眺めながら、二人の惹かれ合う気持ちを察し微笑むシーンは本当にキュートで、さらにその二人に魔法をかけるようにレコードを選んで曲を流すのですがもう絶妙過ぎて、ただただ脱帽です。アンも多彩な表情を随所に魅せ、この映画の名シーンを作り上げます。アンがハリエットの死に気づいた時、近寄るでもなく、遠目にブレンダを抱き寄せて、静かに死を受け入れるシーンは観ていて何とも言えない気持ちになりました。また最後にアンがハリエットの訃報を読み上げますが、彼女自身のハリエットへの気持ちを飾る事なく表現し、最高の訃報に仕上げるシーンは鳥肌が立つ位素晴らしいものでした。
まさしく"いい1日ではなく、意味のある1日を"の大切さを感じさせてくれる映画でした。
3io

3ioの感想・評価

3.7
Harriet is a retired businesswoman who tries to control everything around her. When she decides to write her own obituary, a young journalist takes up the task of finding out the truth resulting in a life-altering friendship.

A heartwarming movie I liked it.
The story was as simple as heartwarming movies normally go.
Everyone fits their characters in it.