ルームの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「ルーム」に投稿された感想・評価

ナガセ

ナガセの感想・評価

3.7
2018.8.25

引きこもりの人たちへ

説教くさい事は好きじゃありません

だからこの作品を観てください

ゼロから始める勇気がもらえますよ


そんな今日の私は夜勤明けで引きこもりしてます。溜まってたレビューでも出していこうかな。
オンデマンド視聴。

子供が初めて本当の空を見る衝撃。
子役のあまりにも自然体な演技に、同じように初めて外の世界を見る衝撃を追体験してしまった。

母親の「お母さんが人に優しくしなさいって言ったから。。。」
は辛い。辛過ぎる。


安全に思える先進国社会は、実は薄氷の上にあって、ありふれるという言葉は適切では無いけど、事実、拉致監禁なんて溢れかえってる。。。

アメリカの年間行方不明者80万人、20万人は離婚後の家族による誘拐なんでイメージ違うけど、数十万人はガチ。しかもほとんど未成年。

大半は南米や中東に。
臓器売買はアメリカ国内ではありえへんかと。医者が高給やのに、金のために一発死刑級の犯罪を犯すメリットが無さすぎる。
ほぼ売春目的、性的嗜好での拉致。

日本もヤバい。
アパートの裏風俗に監禁されてるアジア系の人らの総数は数万人単位と言われてる。

ヨーロッパなんてもー、、、

サディズムの語源のマルキ・ド・サドの言葉だったと思うけど、
「最高の家具とは、人間自身」

社会の捕食者は全体で見ると1%以上いる。

そーいう意味では酷やけど、人に優しくしなさいと言うたオカンが悪いと思う。

人に優しくしなさい。(自分の身の安全を確保できる範囲で)

格闘技習って強くなっても、スタンガン持った複数名に襲撃されたらどーしようもないし、君子危うきに近寄らずしか無いかなと。

イスラエル軍の格闘技教官の言葉で
「私達はいつパレスチナ側に拉致られるかわからない。銃を突きつけられたら、その瞬間の5秒に命を賭ける。なぜなら抵抗せずに車に乗せられた時点で運命は決まっている。運が良ければ10年の監禁拷問ののち政府間交渉の材料として帰れる可能性もありえる。が、大半は拷問で殺される。家族に会うためには、どちらにせよその5秒に全てを賭けるしかない。」

ちなみにレイプ犯罪もどんだけ殴られてもナイフで殺すと脅されても、文字通りの死にものぐるいで暴れた方が生存率が高いという統計結果。
従った後に口封じのパターンの確率の方が高いそう。
事件そのものというより、事件のその後を描いた物語。時間的・空間的喪失を抱えながら、人が立ち直っていく様を描いている。実話を元にしているのか、適度なリアリティが流れている。
さなえ

さなえの感想・評価

4.5
すごい期待せず観たのでおー、ってなった

最終的な母と息子の対比がすごく良く描かれている
息子の演技がすんばらしい〜
キャプテン・マーベル… ブリー・ラーソンのアカデミー賞受賞作品。再鑑賞。
ジャックとママ、ふたりの名演、泣かしてくれます。事実に向かい合えないメイシーの気持ちも含めて、バァバ、レオの痛いほどの気持ちが伝わってくる。全てはふたりのために… 逃げた後、7年を奪った犯人の事をいっさい追求しない事で、ふたりの気持ちにより深く入っていけた。
ブリー・ラーソン、この役いいですね。でもキャプテン・マーベルではない…
憎くて痛い過去とどう向き合うか、
意外にも逃げ出してきた後の物語が響いた
郁

郁の感想・評価

4.8
初っ端からもう涙腺崩壊。
男の子の気持ちも母の気持ちも家族の気持ちも全てに共感ができ、ホントに考えさせられる映画でした。
痛いほど悲しく突き刺さる

何が痛いってその愛だよ
張り裂けそうなほど愛に溢れてる

苦しい、悲しい、痛い憎い過去
そんなのとどうやって別れればいい?
これを観れば答えがわかる

わかるからといって出来るとは限らないんだけど
つな

つなの感想・評価

3.5
恐ろしい事件で見ていて心が死にそうになったし、このような犯罪への怒りが沸騰した。
決死の脱出とその後の辛く苦しい気持ち、誰も自分の体験を完全には理解してもらえない孤独感。でも子供が彼女の光になる。
被害者の心の動きを捉えた質の高い映画でした。
>|