こたつむり

ルームのこたつむりのレビュー・感想・評価

ルーム(2015年製作の映画)
3.9
とても静かな作品。良作。

いやぁ。僕が一児の父親だからなのか解りませんが。本作の男の子に過剰なまでに感情移入してしまいました。この頃の男の子はね。未だ天使なんですよね、天使。それも少しずつ人間に変わっていく天使。この人間と天使が混ざっている危ういバランスがね。むぎゅっと抱き締めたくなるくらいに可愛いんですよね。むほ。

でも、悔しいことに彼奴等は“お母さん大好きっ子”なんです。お父さんは蚊帳の外なんです。本作でもママ大好きオーラをぷんぷん出してましたよ。でもね。それを観ているのも心がポカポカと温かくなって良いんですよね。邪心がないですからね。全力で「お母さん大好き」って表現しますからね。あー。いいわあ。

まあ、そんなわけで…って早速結論ですが。
ジャケットに写る男の子に興味を抱いたならば、観て間違いなしの作品です。天使が此処に居るよ!

さて。ここからは長い余談。
激しいネタバレはありませんが未鑑賞の人は読まないほうが吉です。

僕は本作を、丁寧に描かれた“母と子の物語”として楽しみました。確かに物語後半は冗長だったかな、と思いましたが、現実を真正面から描くのならば致し方ない話。男の子が“扉を開けて一歩踏み出す”物語ならば、むしろ後半こそが重要なわけですものね。

でも、これは、僕が事前に物語の概要を知っていたから。もしも、その知識が無ければ違った形で受け止めていたと思うのです。その証拠にですね。一緒に鑑賞した家族にはあらすじを教えていなかったんですね。
「『ルーム』って映画を観るよ。母と子の物語だよ。ドラマだよ。サスペンスじゃないよ」ってこのくらいの事前情報しか伝えていなかったんですね。

そしたら、まあ。
鑑賞後に感想を聞いてみたら「最初は出不精のダメ親子の話だと思っていた…けども、驚いた!」って、僕よりも本作を楽しんでいた様子。正直、少し羨ましいくらい。うん。やっぱり驚きって重要ですよね。驚いたときに心がパックリと開いて、そこに喜怒哀楽の感情を揺さぶるエッセンスが流れ込んで生まれる感動は。至高の感覚。一度味わったら病み付きになるのですね。

まあ、そんなわけで。
本作を誰かにお薦めするときは、重要な部分をぼかした方が良いと思います。まあ、でも、そうすると美味しい部分を隠して表現しないといけないので…難しいと思いますけど。僕のように強引に鑑賞させることができる間柄ならば良いのですが…。