ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「ルーム」に投稿された感想・評価

ゆき

ゆきの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

予告の段階でおおよその結末は見えてるのに、2時間スクリーンに釘付けでした。ジャック役のジェイコブくんが魅せるナチュラルすぎる目線の使い方や仕草に表情に全てにのめり込んでしまう。

母である以前に一番の被害者であるジョイの葛藤も迎え入れる家族の心境も気付いたら全てにシンクロしてしまって。

I love you grandmother.ここがピークに感情だだ漏れ。
この作品は観てよかった。
空狸

空狸の感想・評価

3.0
親子双方の目線で良かった。
子供からしてみれば、母がずっといてくれて言い争いも少なく友達がいるあの部屋は嫌な場所ではない。その空間を創り上げたのは母。
数年前に友人にオチを言われて遠ざけていたこの作品。
数年経って観たらオチが違った…

どんなサプライズだよ
ありがとう
YskTkhs

YskTkhsの感想・評価

3.9
何も知らずに見た方がおもしろい

プロローグも読まずにポスターのイメージだけで映画を見たらわりと衝撃を受けた。

原作の小説はフィクションだけど、実際にオーストリアで起きた凶悪事件を基にしてソフトに作られたシナリオだった。

本当の事ように見えてしまう母親と子供の演技が凄かった。
もりほ

もりほの感想・評価

3.4
視覚効果に感動した。
すめ

すめの感想・評価

4.0
子供にとってママって偉大な存在なんだと痛感した。
もし私だったら相手なんていない、この子は自分だけの子なんて思えないだろうから、そう思えるジャックのママはほんとに立派だと思う。
すごく感動するお話だけど、辛い…
irene

ireneの感想・評価

4.0
みてよかった
どこに軸足を置いて見るか、でかなり評価が変わる作品です。

脱出物でしたらクライマックスは脱出シーンでしょうし、お涙ちょうだい物だったら脱出後の親や友人たちとの再会でしょう。
この作品は脱出後の部分にかなりの分量を割いています。

何年も監禁されて行方不明、青春時代を奪われたあげく子供もいる、親や知り合いは死んだと思っていた、デリカシーのないメディア…など、監禁時も地獄ですが、その後もかなりキツイ状況が待ち受けています。

脱出、再会、ハッピーエンドなわけがなく、彼女と子供にはそれ以降の人生が待ち受けているわけです。
ぽっかりと空いた時間という穴、それを苦しみながらもゆっくりとしっかりと埋めていこうとする主人公と子供、それを戸惑いながらも支えようとする周囲。

奪われた時間は戻ってこないし、すぐに乗り越えられるわけではないのですが、少しずつ少しずつ回復する過程を見届ける、そういう見方をすると、最後は暖かい気持ちになれると思います。
>|