ルーム(2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    レニー・アブラハムソン
    脚本
    エマ・ドナヒュー
    原作
    エマ・ドナヒュー
    キャスト
    ブリー・ラーソン
    ジョーン・アレン
    ウィリアム・H・メイシー
    ジェイコブ・トレンブレイ
    アマンダ・ブルジェル
    ミーガン・パーク
    ショーン・ブリジャース
    キャス・アンヴァー
    ケイト・ドラモンド
    ジャスティン・マダー
    ジャック・フルトン
    シャンテル・ジョング
    ジョー・ピングー
    ランダル・エドワーズ
    トム・マッカムス
    あらすじ
    突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

    「ルーム」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/09/27
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    嫌いな箇所とかはないし、良い映画だと思ったのですが、
    強烈に心に残る所があったかといえば個人的にはあまりありませんでした。

    良くも悪くもウェルメイドな感じというか…
    主人公親子はじめそれぞれの役者の演技はとても良かった。
    ある悲劇的な出来事を乗り越えようと必死でもがく家族の姿には胸を打たれたし、
    ウィリアムHメイシー演じる「決して修復できない過去」を象徴する存在の父親も良かった。

    大きな不満がある訳ではないけど、しいて言うならジャックが世界に触れた瞬間の喜びや、その美しさ素晴らしさをもう少し豊かに表現してくれたらな、と思った。
    そして、髪の毛を送るくだりとかが悪いとは思わないけれど、
    残酷ではあるけど可能性に満ちた世界に生きている事こそが希望なのだし、それがこの親子を救う鍵になっていくような展開があっても良かった気がする。
    Kiki
    Kikiの感想・レビュー
    1時間
    3.8
    部屋を脱出するまでが冗長。出てからの息子の成長ぶりが見てて微笑ましい。
    WatanabeDaichi
    WatanabeDaichiの感想・レビュー
    1時間
    4.1
    2017/03/27@WOWOW
    やっとみれた。
    部屋に戻った時に、こんなに狭かったのかと気付かされた。世界を知り、ジャックはとても成長した。
    最高の親子愛。
    ケヌマン太
    ケヌマン太の感想・レビュー
    2時間
    2.5
    ジィジ可愛そすぎる
    ちょごたろ
    ちょごたろの感想・レビュー
    2時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    予告編をなんとなく見ていて、単純に脱出物語だけかと思っていたら、その後の母親や親族の微妙な苦悩や、子どもの戸惑いもきちんと描かれていて、まずはひとつ山を越えるまでを見れてよかった。

    主演の男の子の演技が逸品。最近の子役の子はすごいなぁ。

    ただ、マスコミの対応や冷やかしなどは現実世界ではもっとえぐいんだろうなぁなんて感じた。
    作品としては映像や演出はとても好きで、特にジャックが脱出して初めて空を直接目の当たりにしたシーンには涙。

    子どもの所々の一言が、うっとくるものが多い。子どもの感性を見事に描いている作品でした。
    riosa
    riosaの感想・レビュー
    2時間
    4.0
    記録
    2017/3/11
    Yuma
    Yumaの感想・レビュー
    4時間
    3.8
    2017.16本目
    かも
    かもの感想・レビュー
    6時間
    4.0
    最後の最後で部屋から出るワンシチュエーションスものと思ってました。朝からボーダーライン、スポットライト、ルームと重たい映画ばっかみてたからアリGでもみたい気分。
    Jun1
    Jun1の感想・レビュー
    8時間
    3.0
    子役の演技力はすごい!
    色んな事を考えさせられる作品。
    39歳
    39歳の感想・レビュー
    9時間
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    想像と違って、社会派要素ありのテーマ系だった。たぶん今年のベスト5に入るかも、アメリカの底力を感じた。演出、背景コントラスト、カメラワーク、音楽等に、良質のヨーロッパ映画を感じられた。さすが映画大国、恐ろしい演技力を秘めた新芽が育つ土壌があるんだな。条件が揃えばポコっと凄いの作れちゃう。
    >|