ルーム(2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    レニー・アブラハムソン
    脚本
    エマ・ドナヒュー
    原作
    エマ・ドナヒュー
    キャスト
    ブリー・ラーソン
    ジョーン・アレン
    ウィリアム・H・メイシー
    ジェイコブ・トレンブレイ
    アマンダ・ブルジェル
    ミーガン・パーク
    ショーン・ブリジャース
    キャス・アンヴァー
    ケイト・ドラモンド
    ジャスティン・マダー
    ジャック・フルトン
    シャンテル・ジョング
    ジョー・ピングー
    ランダル・エドワーズ
    トム・マッカムス
    あらすじ
    突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

    「ルーム」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/09/27
    3.5

    このレビューはネタバレを含みます

    嫌いな箇所とかはないし、良い映画だと思ったのですが、
    強烈に心に残る所があったかといえば個人的にはあまりありませんでした。

    良くも悪くもウェルメイドな感じというか…
    主人公親子はじめそれぞれの役者の演技はとても良かった。
    ある悲劇的な出来事を乗り越えようと必死でもがく家族の姿には胸を打たれたし、
    ウィリアムHメイシー演じる「決して修復できない過去」を象徴する存在の父親も良かった。

    大きな不満がある訳ではないけど、しいて言うならジャックが世界に触れた瞬間の喜びや、その美しさ素晴らしさをもう少し豊かに表現してくれたらな、と思った。
    そして、髪の毛を送るくだりとかが悪いとは思わないけれど、
    残酷ではあるけど可能性に満ちた世界に生きている事こそが希望なのだし、それがこの親子を救う鍵になっていくような展開があっても良かった気がする。
    Marhythm
    Marhythmの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    母は強いけど、こどももほんと力強いと思った。
    いろんな想いでぐっとくる映画。
    さんじょう
    さんじょうの感想・レビュー
    2時間
    3.5
    家族愛に涙
    明日香
    明日香の感想・レビュー
    7時間
    4.7

    このレビューはネタバレを含みます

    ジャック役のジェイコブくんの演技すごかったです。映画はママよりもジャックの目線で映されてる感じなので、最初は監禁されている部屋も広く思える。
    脱出シーンはハラハラ出来るし、ジャックが傷付かないかドキドキした。
    脱出の時も、ジェイコブが初めて外の世界を体験した場面は映像もボやけていたりして、いい演出だったと思う。

    婦人警官がかっこよかった!
    犯人は捕まるけど、あっさりすぎたと思ったり…。

    監禁生活が終わると、7年間の時間はなかなか埋まらないし、リポーターはありえないし…。それでも、子どもは本当にプラスチックみたいに何でも吸収して世界に慣れていこうとする。
    ばぁば、大好きって言葉に一番グッときたし、僕のパワーをママにあげたいっていうジャックが本当にいい子。
    母子の絆がさらに深くなっていて、後半に向けてとてもいい映画。
    ツッシー
    ツッシーの感想・レビュー
    7時間
    3.8
    脱出しておわりではなく、その後が本当のテーマな感じがしました!
    tomijun
    tomijunの感想・レビュー
    15時間
    -
    記録
    mochikun
    mochikunの感想・レビュー
    16時間
    3.4
    トラックの上で四角く区切られていない空を見たときに、僕も初めて空を見たような気持ちになりました。それほど感情移入への導線が緻密に、そして丁寧に引かれた作品でした。ただし、あるところまでは。

    見ている人の察する能力を試されるような作りでしたよね。どうしてそういう作りにしたのかは理解出来るんですけど、そもそもそういう勿体ぶった見せ方って僕の好みではないんです。これってこういうことなのか?みたいな感じで見ていくのって、それが結果的に当たっていようが違っていようが疲れるじゃないですか。

    ですから子供を視座に据えてストーリーが展開していく場合って、ピュアネスな部分ばかり目について、それが故に大人の喧嘩とかが起きたら耳を塞いで目を瞑るように、あまり人間の嫌な部分が薄くなっちゃうんですよね。それがこの映画の特色だと言われれば、そうですか〜と納得せざるえないんですけど。もし、神の視点でストーリーが進んでいったら、また違った味わいの作品になっていたんでしょうね。

    これは監督の手腕なのかどうか分かりませんが、フランクさして面白くなかったので、もしかしたら監督の力量なのかもしれません。
    aym
    aymの感想・レビュー
    18時間
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    親子の演技が演技じゃないみたい。
    話の主軸は親子愛の話なんだけど、バックグラウンドがとても怖い。。。
    7年も監禁されたら、普通の暮らしに戻れるのかな。
    ジャックがママに言われた通りに、車から飛び降りて、助けを呼んでという一連の流れは、本当にドキドキしました。
    2人が助け出されてから、女性の抱える苦悩、男の子が世界に戸惑う姿、とてもリアルで胸が痛かった。
    男の子の演技が一つ一つ心に染みて、特に犬と心を通わせるところはウルっときました。
    最終的に、2人が部屋に別れを告げて、しっかり歩き出していくようで良かったです。
    灯油
    灯油の感想・レビュー
    19時間
    5.0
    綺麗で悲しくて涙が止まらなかった
    るるる
    るるるの感想・レビュー
    21時間
    -
    記録。
    >|