ルーム(2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    レニー・アブラハムソン
    脚本
    エマ・ドナヒュー
    原作
    エマ・ドナヒュー
    キャスト
    ブリー・ラーソン
    ジョーン・アレン
    ウィリアム・H・メイシー
    ジェイコブ・トレンブレイ
    アマンダ・ブルジェル
    ミーガン・パーク
    ショーン・ブリジャース
    キャス・アンヴァー
    ケイト・ドラモンド
    ジャスティン・マダー
    ジャック・フルトン
    シャンテル・ジョング
    ジョー・ピングー
    ランダル・エドワーズ
    トム・マッカムス
    あらすじ
    突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

    「ルーム」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    嫌いな箇所とかはないし、良い映画だと思ったのですが、
    強烈に心に残る所があったかといえば個人的にはあまりありませんでした。

    良くも悪くもウェルメイドな感じというか…
    主人公親子はじめそれぞれの役者の演技はとても良かった。
    ある悲劇的な出来事を乗り越えようと必死でもがく家族の姿には胸を打たれたし、
    ウィリアムHメイシー演じる「決して修復できない過去」を象徴する存在の父親も良かった。

    大きな不満がある訳ではないけど、しいて言うならジャックが世界に触れた瞬間の喜びや、その美しさ素晴らしさをもう少し豊かに表現してくれたらな、と思った。
    そして、髪の毛を送るくだりとかが悪いとは思わないけれど、
    残酷ではあるけど可能性に満ちた世界に生きている事こそが希望なのだし、それがこの親子を救う鍵になっていくような展開があっても良かった気がする。
    とても繊細な、心の話でした。
    外に出ても出なくても、どっちにしろ辛い。
    出ない方が幸せだったんじゃないかとも考えてしまいました。
    いろいろなことを経験してしまった分、子どもよりも大人の方がもろいんだろうね。

    ジャックを演じたジェイコブ・トレンブレイくんに拍手!!!
    普通に暮らしてきた人にとっては日常のことなのにすごく壮大に感じられる映画だった
    初めて外の世界に出たときに見たものを順に言っていくシーンが異なる世界というものを表現していたと思う
    当たり前の日常を過ごせていることに感謝しないといけないと思ったと同時に少し切なくなった
    子役の演技が抜群でしかもかわいかった
    自由になれば
    幸せになれるとおもったのに

    2人だけの5年間の世界には
    世界はひろすぎて

    普通になることの難しさ
    狭い部屋で暮らす母と幼い息子。唯一のドアは施錠され、週に一度だけ男が運んでくる「差し入れ」で暮らしている。

    いわゆる「監禁もの」と思いきや、話のメインは脱出劇や凶悪犯との戦いではなく「その後」の話。

    幼い子供にとって「世界」とは何なのか。「へや」以外を知らない息子をフォローしなきゃと思いつつ、実は自分自身もいっぱいいっぱいの母親が見ていて辛い。

    いかにも「映画っぽい場面」から始まるのに、息詰まるほどリアルで深い。時々ある子供の独白は哲学的ですらある。

    いい映画だとは思うけど、先が気になる展開がないから長く感じた。
     マーベルに参加予定のブリー・ラーソンが観たくて鑑賞しました。
     キャプテン・マーベルが楽しみです。

     
    ルームってそういうことねー
    という感じ
    予備知識なしで見て良かったなーという感じ
    最初はSFかなんかかと思うくらい現状がわからなかったので、そこからだんだん判明していくのは良かった。
    度々出るけど、普通じゃない環境から普通になるのはそれなりに弊害があるものやなーと
    基にした事件があるだけにリアリティが会ったのも良かった。

    あと別の映画で知ってた子役の子はやはり演技がすごいのと、イケメンでしかないって印象がすごい
    自分の中で、親子の愛情に感動とかより犯人に対しての憎悪のほうが強くてどうしても不愉快さが残ってしまう 胸糞悪い
    H29.6.20
    ジャックにとっては生まれ育った部屋
    自由って何だっけ?
    >|