ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

脚本の面白さに加えて、キャストの役作りの素晴らしさ、カメラワークなど全体のバランスからも秀れた作品。(少しネタバレですが)部屋を出る迄が山では無いんですよね、むしろ出てから 母子や周囲の人々に起こる複雑な心理、そこに学びがありました。
AliCE

AliCEの感想・評価

5.0
普通の映画なら、脱出できてハッピーエンドで終わってるんだろうけど、この映画はしっかり脱出後まで描いていてしかも周りの反応が本当にリアルだった。
言葉にし難いけど、凄く凄く考えさせられ悩んでそれでも前に進んでいく親子の選択にとても感動させられた。
文句なしの星5!!!
Youtuki

Youtukiの感想・評価

3.3
4歳の息子持ちにはなかなか敷居の高い映画だったよ!って話。  

子供が辛い思いをする話は大変苦手なのでこの作品はなかなか見ることができなかったですが、半年かかってなんとか観賞しました(笑)子供が少しでも虐待受けたり泣いたりするのは見たくなかったので他の人のレビューをたくさん読んでからの(顛末も確認してからの)観賞でも、ルームを出たあとのテレビインタビューのくだりや、ジャックがスポンジのように新しい環境に順応していく様は希望が持ててとても安心しました。
なにげにバアバと新ジイジがいい人でよかった。旧ジイジの気持ちもジョイはもう少し理解してあげてほしかったけど、まぁそのうちわかるか。
ワンコと近所の子供が分け隔てなく遊んでくれるのがさらにありがたいね。
監禁という理不尽極まりない行為が今こうやって映画を見ている最中にも世界のどこかで行われていると思うと、とてもやるせない気持ちになる
テーマはとても重いもので、人によってはいろいろな解釈があるかもしれない
感動という言葉だけではこの映画の感想としては違う気がする
子役が母親にそっと耳打ちするように話を伝えたりする姿、自分の娘と重なってとても切なくなってしまった
でもだんだん心が打ち解けていくあたりや、おばちゃんが好きというシーンなど随所に心が救われるシーンが絶望から希望へと気持ちを押し上げていってくれる
子供のために母は強くなって、それ以上に子供にこんなにも救われるんだなと。
ブリーラーソンが主演女優を獲ったけど、ジェイコブ君にだって同等のものをあげていいんじゃないか。
救いがある映画だけど、ジョイの父親の葛藤やジャックが何気なく話した"ルーム"での出来事に心を痛めるジョイの母親の気持ちも痛いほど伝わってきて、終始苦しかった。
ジョイの母親のパートナーのレオが最高にいいオヤジだったのは、苦しい映画の中で心休めるところだったりしました。
seatrend

seatrendの感想・評価

3.5
子供のころは、押入れの中が唯一1人になれる場所だったのを思い出した。1人にはちょうど良い狭さだったな。
脱出するだけの映画と思ってたけど脱出したあとの話もあった

このレビューはネタバレを含みます

(ただの感想)(記録用)
2時間弱で5回くらい泣いた。警察に保護されるところがピークかなと思いきやそのあとの生活が生々しくてよかった、これでぐっと2人に近づけた気がする、あとレオ、こいつ絶対悪いやつやん家族水入らず邪魔すんなよ怪しいやろと勘ぐっていたのにただの良い奴、確実にマスコミにネタを売るだろうと思ってたのに、なんかごめんの気持ち子役がまじかわいくて、え、私養うよ?と思いましたかわいさ爆発してます
>|