ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「ルーム」に投稿された感想・評価

SHOKO

SHOKOの感想・評価

4.0
どんな事件も、犯人が捕まったら被害者が助かったら、あーよかったってみんなの関心は冷めちゃうけど、その裏で苦しみ続ける人々がいるんだよなあ。

って思いました。
晴日

晴日の感想・評価

3.9
個人的に、自分の子供が生まれてからこの映画を見ることができて良かったと思います。
母親の気持ちが痛いほど理解できて辛いし、子どもの明るさや素直さにすごく救われました。
誰にでも起こりうる事件、本当に怖いなと思います。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

この映画は知らなかったのだけれど、
ブリグズビーベアのレビューによく、似ている例として上がっていたので観てみた。

結構良かった。
時間を忘れて観てしまった。
主人公は17歳の時に誘拐され7年間も監禁されてしまう。
犯人との子供を産み、母子2人の狭い部屋での監禁生活。そして、その子を守る為に部屋から脱出を試みる。
車の上から初めて見る青い空と電線が印象的。
しかし、そんな都合よく脱出出来るのか、犯人馬鹿すぎないか、そこまで馬鹿な犯人ならもっと早く逃げられたのでは、
とか色々思いつつも、意外とそんなもんなのかとも思わされてしまう説得力があった。
原作は実際にあった事件を題材にしているというから、恐ろしい。
実際の事件はちょっと話が違うけれど、なんならもっとおぞましい。

この話、逃げるまでがメインと思ったら、むしろ逃げてからが本題。
祖母の家で過ごす中、何とか徐々に日常に馴染んでいく子供と、対称的に心を病んでいく主人公。
心に闇を持った母子が現実世界に戻って生きていく話。
ここからの展開も結構泣ける。
あの狭い部屋に、ベッドに、戻りたいと言う子供の言葉が心に残る。
助かってからの言葉に出来ない心境をよく描けているなと思った。
主人公もさることながら、子役の男の子の演技が本当に素晴らしかった。
オススメ。
ysys

ysysの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャックにとって部屋こそが世界であり、部屋の椅子やクローゼットなどへのあいさつから映画が始まる。
部屋を抜け出しても、ジャックにとっては部屋の外の世界こそが宇宙空間であるため戸惑うが、少しずつ外の世界を受け入れることができるようになる。
最後に部屋を訪れ、サヨナラを告げることで部屋と決別し本当の意味で部屋から脱出するシーンでは心うたれて感動。
SUPPAMAN

SUPPAMANの感想・評価

4.5
「世界」は、
良くもあり、悪くもあり、良くもあり。

とりあえず、ジャックとお母さんがこれから良い人達ばかりと出逢って、最高最強にハッピーに過ごしてほしい。
もしそうでなければ、人生割りに合わなさすぎる。

そして、気持ちは分からなくもないが、ジャックのお母さんの本当のお父さんは、心小さすぎる。

まー、だから離婚してるのか。
離婚してて良かったとおもう。
あの親父がずっとあの家にいたら、ジャックも、特に、ジャックのお母さんの心が、あんな事では済まず、やばかっただろう。
まくら

まくらの感想・評価

3.8
自分が昔住んでた色んな部屋を思い出しながら見た
子役最高か?!上手いし綺麗なお顔
家族の距離感の描き方が絶妙で良い
ラストシーン好き
え

えの感想・評価

3.8
今日も世界に生きている
泣くのを期待して見たけど、そこまで泣ける映画ではなかった!
最後のシーンはすごく好き
Nenty

Nentyの感想・評価

4.8
犯罪的な視点でなく、生きる親子の視点で描かれている映画。
少し間延びしてる感があったけどそれがリアルだった。素晴らしかった。

外に出たあとは誘拐した男についての話が全く出てこないのも良かった。

ジャックはママしかいない世界から、少しずつ本当の世界を受け入れていく。

ジャックは、産まれた時ママに生きる希望を与え、外に出たときママを救出し、倒れているママを一番に見つけた。何度も命を救ってあげた。

もう何年も別に住んでいる母とたまたま一緒に見られて、とってもよかった映画。
>|