ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

「ルーム」に投稿された感想・評価

IpponKnock

IpponKnockの感想・評価

3.8
あり得ないようですごくリアリティのある作品。
極限状態の中の人間の強さを見ました。
おまつ

おまつの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

監禁されていた部屋から脱出することが結末じゃなくてその後の状況がリアルに作られていたと思う。

最後のジャックの「部屋に戻りたい」というセリフは印象的
りお

りおの感想・評価

-
この子すごい可愛かった
けど、こんなことあったなんてほんとに信じられない
観たあとこの後どうなっていくんだろうと思ったりもした
記録だけに🙇
色々考えさせられる。なかなかよい。
ええ子やあ〜。
risa

risaの感想・評価

4.0
親とは子供を愛する人のこと
pnz

pnzの感想・評価

4.0
ヒューマン系好きな方にすごくおすすめできる作品。

母と息子が「へや」を出て「せかい」で生きる話。
知らないだけでこういうこと現実にあるんだろうな…と思ってしまうことが悲しいしそう思わせるほどのリアルな生活感。

母といえどティーンから監禁され「女の子」を謳歌できなかったジョイ。失われた7年間は大きすぎる。
まず7年間脱出すること、生きることを諦めなかったことがすごい。
世界へ戻ってからも両親のこと、ジャックのこれから、世間の目、自分のことで手一杯なはずなのに様々な重圧が彼女を苛む。

一方息子のジャック。「へや」の外は「うちゅう」と聞いていたのにいきなり知らされる「せかい」の存在。置かれている状況。5歳の子どもには本当に荷が重すぎる。カーペットを転がりながら「ママなんて嫌いだ!」のシーン、ぼろ泣きです…。
それでも母のために「せかい」でがんばるジャック。ストーリーテラーがジャックだから彼の目線で物が見れるのがありがたかったなぁ。

監禁から解放されました!感動!おしまい
じゃなくて、その後の現実との向き合い方があるからこそこれだけ高評価なんだろうなぁ。ジョイの目線とジャックの目線、どちらもわかることに意味があるのかなと思う。
noblux

nobluxの感想・評価

5.0
この家族に感情移入して、ほんとに観てて心が痛かった。まだ見終わった後でこの気持ちなんて表現すればいいか分からないけど良い映画だし感動した。

この映画の登場人物のその後がもっと幸せに過ごして欲しい
>|