ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

me

meの感想・評価

5.0
閉鎖された「ルーム」でただ生きること、暮らすことだけをしてきた2人。
そこには狭い世界だからこそ生まれる、濃密な時間が流れていた。

ジャックは朝、家中の物に、おはようと言ってまわる。
手作りの人形、おもちゃで一人遊びも得意。
世界を知らないので、たいていの物は魔法の仕業だと思ってる。

決して無理しているわけではなく、楽しそうに、自分の生活を語るジャックが素敵で、思わず魅入ってしまった。

こんな姿を見たら、決して、彼を不幸だったと決めつけることはできない。





子どもは母親ように誘拐されたわけじゃなく、外の世界を知らない=先入観を持たないから
どんなに小さな世界であれ、産まれ育ったそこは、大好きなママといつも一緒の 壮大な場所《ルーム》であったのかもしれない。


だから、そこを出た後もジャックは時々恋しくなる。

戻りたくなる、と言っていた。
思い入れがたっぷり詰まっているルームに…

まるで、故郷を懐かしむように。

そんなふうに思えるのは、与えられたのが限られた場所、物であっても その中で五感を研ぎ澄ませて感じること、生きることを立派にしてきた証拠。
それは母親の努力と、この子の才能だと思う。

ルームで起きたのは悲しいことばかりではない。ジャックにとっては楽しいことも同じくらい、きっとそれ以上あった。


そして一度世界に出た後 ルームに戻ってきてびっくり。
「縮んじゃったの?」って。
ココはこんなにも狭かったんだな、と感じる。

まるで 小さい頃遊んでいた公園に大人になって行て、遊具の小ささに驚くように。


それにしても ジョイは、自分が悲惨な体験をした現場に よくぞジャックを連れて行ってあげられたなと思う。とても勇気がある。

少し名残惜しそうにルームにサヨナラを言う姿を見て、複雑な思いに駆られていたのだろうけど…
きっと連れて来て良かったと感じていただろう。



バターみたいに薄く伸びてる広い世界。
という表現が頭に残ってる。
外の世界は見るもの、触るもの、感じることが多すぎて時間が足りない。
目まぐるしいスピードでたくさんのことが起きる。

私が当たり前に感じているこの世界が、ジャックの目で見ると全然違って見えている。もぎたての果物みたいに、とてもみずみずしい。

戸惑いはあっても、どんどん環境に慣れていく。
きっとすぐにこれが当たり前になる。
子どもの順応力のたくましさを感じた。


母親が、ジャックのようにいかないのは当たり前だけど
監獄の中でもきちんと生活しているところが素晴らしかった。
時々絶望感で鬱状態になり「ぬけがら」になることはあっても、
運動不足にならないようにストレッチをしたり走ったり、お風呂に入ったり、
誕生日にはケーキを作って、寝る前には歌をうたう。
子どもをなんとかして「まとも」に「普通」に育てたい。守りたい。
そんな強い意志が感じられた。
目的があったからこそ生きてこられた。
ジャックは彼女に必要だった。
母親としての責任、という言葉で責める心ないインタビュアーの質問には、こちらまでがっくり来た。


家に無事帰った時、彼女の部屋は17歳の時のまま。…切ない。
同級生達と自分を比べて惨めになったり。
人の目にさらされて困惑する。
落ち着いて考えられるようになったからこそ苦悩は耐えなくて、
それはもしかすると囚われの身だった時よりも、痛みが大きいように思えた。

解放されて終わり、ではなくその後の続いていく生活までしっかり描かれていてとても見応えがあった。

優しい人たちの中でゆっくりと再生していく様子にホッとしながら、観終えた。


誘拐、監禁、レイプ、出産というエグい内容ながらも、特に印象に残ったのはジャックの素敵な感受性だった。
キラキラと輝くとてもいい作品だった。
みらい

みらいの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

勇気ある行動に感動。脱出シーンは見入ってしまった。
でも、脱出できて良かったで終わらせないところが、観ていて辛かったけど考えさせられた。
無償の愛を持続する難しさ
kite

kiteの感想・評価

4.0
ジャック…
ありがとう
HARU

HARUの感想・評価

4.3
色々衝撃受けた
泣けるすごかった
odey

odeyの感想・評価

4.0
その後の話が気になる。

このレビューはネタバレを含みます

テレビ取材での部外者から考えなしに責められ苦しむ母の姿がリアルだった、部屋から出てハッピーエンドで終わらず子供にとっては何が正解なんだろうと考えさせられた
女性警官がかっこいい、子役の子も演技がすごい良かった
キイロ

キイロの感想・評価

4.3
子役の演技がとにかく凄かった。ワンダーも気になる。
キャストアウェイとかもそうだけど悲劇自体より悲劇から生還したあとに空白の時間と環境の変化に苦しむシーンが辛い。
miibas

miibasの感想・評価

3.7
助かってハッピーエンドじゃなくて被害者、その家族のその後の苦悩とか描かれてて良い。

よく正気保って子育てしてたな〜虐待せんかった事も、諦めずに外に出ようとしたのも勇敢。母は強し。

娘と母のケンカシーンと、両親離婚して継父になってたのもリアル。
継父はある意味良かったなーって思う。他人やからこそできる配慮があって、支えになってた。

最後「へや」にバイバイしに行くとこがいい。

子役の声と顔、めっちゃかわいい。
ecoute

ecouteの感想・評価

3.9
怖くて、でもきゅーときた
狭い部屋にずっといるってどんなだろうって想像しただけでも逃げたいし想像もできなかった
ジェイコブ・トレンブレイくんの演技力。。。
>|