ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

me

meの感想・評価

5.0
閉鎖された「ルーム」でただ生きること、暮らすことだけをしてきた2人。
そこには狭い世界だからこそ生まれる、濃密な時間が流れていた。

ジャックは朝、家中の物に、おはようと言ってまわる。
手作りの人形、おもちゃで一人遊びも得意。
世界を知らないので、たいていの物は魔法の仕業だと思ってる。

決して無理しているわけではなく、楽しそうに、自分の生活を語るジャックが素敵で、思わず魅入ってしまった。

こんな姿を見たら、決して、彼を不幸だったと決めつけることはできない。





子どもは母親ように誘拐されたわけじゃなく、外の世界を知らない=先入観を持たないから
どんなに小さな世界であれ、産まれ育ったそこは、大好きなママといつも一緒の 壮大な場所《ルーム》であったのかもしれない。


だから、そこを出た後もジャックは時々恋しくなる。

戻りたくなる、と言っていた。
思い入れがたっぷり詰まっているルームに…

まるで、故郷を懐かしむように。

そんなふうに思えるのは、与えられたのが限られた場所、物であっても その中で五感を研ぎ澄ませて感じること、生きることを立派にしてきた証拠。
それは母親の努力と、この子の才能だと思う。

ルームで起きたのは悲しいことばかりではない。ジャックにとっては楽しいことも同じくらい、きっとそれ以上あった。


そして一度世界に出た後 ルームに戻ってきてびっくり。
「縮んじゃったの?」って。
ココはこんなにも狭かったんだな、と感じる。

まるで 小さい頃遊んでいた公園に大人になって行て、遊具の小ささに驚くように。


それにしても ジョイは、自分が悲惨な体験をした現場に よくぞジャックを連れて行ってあげられたなと思う。とても勇気がある。

少し名残惜しそうにルームにサヨナラを言う姿を見て、複雑な思いに駆られていたのだろうけど…
きっと連れて来て良かったと感じていただろう。



バターみたいに薄く伸びてる広い世界。
という表現が頭に残ってる。
外の世界は見るもの、触るもの、感じることが多すぎて時間が足りない。
目まぐるしいスピードでたくさんのことが起きる。

私が当たり前に感じているこの世界が、ジャックの目で見ると全然違って見えている。もぎたての果物みたいに、とてもみずみずしい。

戸惑いはあっても、どんどん環境に慣れていく。
きっとすぐにこれが当たり前になる。
子どもの順応力のたくましさを感じた。


母親が、ジャックのようにいかないのは当たり前だけど
監獄の中でもきちんと生活しているところが素晴らしかった。
時々絶望感で鬱状態になり「ぬけがら」になることはあっても、
運動不足にならないようにストレッチをしたり走ったり、お風呂に入ったり、
誕生日にはケーキを作って、寝る前には歌をうたう。
子どもをなんとかして「まとも」に「普通」に育てたい。守りたい。
そんな強い意志が感じられた。
目的があったからこそ生きてこられた。
ジャックは彼女に必要だった。
母親としての責任、という言葉で責める心ないインタビュアーの質問には、こちらまでがっくり来た。


家に無事帰った時、彼女の部屋は17歳の時のまま。…切ない。
同級生達と自分を比べて惨めになったり。
人の目にさらされて困惑する。
落ち着いて考えられるようになったからこそ苦悩は耐えなくて、
それはもしかすると囚われの身だった時よりも、痛みが大きいように思えた。

解放されて終わり、ではなくその後の続いていく生活までしっかり描かれていてとても見応えがあった。

優しい人たちの中でゆっくりと再生していく様子にホッとしながら、観終えた。


誘拐、監禁、レイプ、出産というエグい内容ながらも、特に印象に残ったのはジャックの素敵な感受性だった。
キラキラと輝くとてもいい作品だった。
前田柊

前田柊の感想・評価

3.4
終始サスペンス系で行くのかと思いきや、
後半からヒューマン映画だった。

レイプされて産んだ子供は親戚は愛せるか?
遺伝、血なんか関係ない。
大切なのは「愛」
そして大切にしたいという「意思」

そんなことを考えさせてられる
良い作品。
とても感動した。

もう一回見たいなと思う。
Manabe

Manabeの感想・評価

4.0
脱出するまでもそうだけど、その後の当人達とその周りの辛さもリアルだった。
yonemo

yonemoの感想・評価

4.4
精神的な傷を無垢な子供に引っ張られながら克服に向かう話
Shocrusi

Shocrusiの感想・評価

4.4
おーまいごっしゅ

なるへそ、前半はへやなるものでも現状とそこからの脱出ね。
後半は開かれた世界なるもの、子供にとっては未知との遭遇ね。
これは脱出シーンが山なんじゃね?
そっからはなだらかに下ってくんじゃね?
じゃねじゃね?


おーまいごっしゅ!
あほか!!
後半のが圧倒的に刺さるじゃねいかよ。
なぜならかくいう僕もこの世界の住人だからよ、この見慣れた凄惨な世界にあるいかにも人間的な愛とかに触れたりなんだりしてるからよ!


へやでの画角は常にその生活の閉鎖性を伝えてくれる!引きすぎない微妙なサイズが気持ち悪良い!

対した世界ではキラキラしたもの写しすぎないし、
身体的に薄暗いとこ生活してたから明るいのが見にくいっていう軽ぼかし
そりゃそうよ!ここは不安100なの!!
だから空見た後の表情が効いてくるのよ、あの一発でもご馳走様よ!!ありがとう!

なんなの?ジェイコブくん
うまいとかそーいう次元じゃない。
芦田愛菜ちゃん、鈴木福くん、からの寺田心くん
みんなすごくいいよ
でもさ、子供の泣きってあんなしくしくうえーんばっかじゃないっしょ?
ジェイコブくんのポロリ鼻ピク。
子供って泣くと鼻ピクするじゃん、あれが自然じゃん、泣きそうになるじゃん。


総括しますとね、

へやの外にある世界には、
ママ以外のひとがいる

って話なのよ。
実話ベースとはいえあっぱれとしか!
ありがとうございまっす!
想像と全然違うストーリーで衝撃を受けた。
母の思い
子の思い
それぞれ感じられて
ぐらっときた
kumi

kumiの感想・評価

3.9
へやを出た息子が初めて空を見たときの表情が目に焼き付いて離れない。7年は長くて重い。奪われた時間は取り戻せないし、取り外すこともできない。それでも世界は広いし、怖いだけじゃなく大好きなものともこれからいくつも出会えるはず。
切った髪にもバイバイした縮んだへやにも全部に意味があるんだと思った。
どうか幸せになって欲しい。
Daisuke

Daisukeの感想・評価

4.0
色々考えさせられる映画でしたね。

七年間もあんなとこに閉じ込められたら気がおかしくなるのも当たり前。
でも子供って何もわかってないだけあって純粋なんですよね。発想力も豊かで。

またあの子がほんと天使にしか見えないくらい可愛い!演技うますぎでしょー。

俺はあの変態野郎のその後が知りたいねwww
>|