ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

再鑑賞
最近大好きな映画をまた見られて嬉しい!

母は強い!!
子供を守るために何でもできる、

逃げ出すシーンは何回見てもハラハラする

自分の中の多くの時間が失われるってどういう感じなんだろう、、、考えただけでつらい、

色んな映画で悪役は憎いけどなんかこの映画は本当に憎かった!

最後は繊細ながら心を揺さぶられた
テンポが良く、思ったより重たくなかった
大人の弱さと子どもの強さを感じた
hama

hamaの感想・評価

4.0
いろんな感情で目頭あつくなる

このレビューはネタバレを含みます

誘拐され監禁された、ルーム、で生まれ育った息子と
犯人に犯され産むことになった息子を、迷うことなくなんてことはないと思うのにまっすぐに愛し育て

息子のために、脱出を計画した母


脱出も見どころだがやはり脱出してから生きていくことになるルーム以外の世界での新しい人生に向き合う2人が主題

子役の子がただただ美しい顔立ちかつ純真な役柄を与えられていて天使のよう

世界の人たちから見たら忌むべき犯罪現場だとしても
彼にとっては間違いなくそれまでの人生全てを過ごしたふるさとであり家だった

その場所との決別は不思議と過去の家への郷愁を思い出してなんとも寂しい気持ちになった


実のお父さんの嫌悪感をはっきり言葉にせず見る側に想像で理解させたところも好感


ふと思うが
犯人の男が予告で想像していたより表面上サイコパスでなく
殺すことにも慣れてそうにもなく、ある種行き当たりばったりな気弱な小悪党感が強く
自分の犯行の成り行きかつ自業自得とはいえ不況にあえぎながら2人を監禁してある意味養っていたあたり
当事者や女性、子を持つ親の身の方としては絶対に許しがたい存在だろうが
正直、愚かさの塊である意味かわいそうな憎めない阿呆だなぁとも思う

いや描写と展開がなかっただけで、殺すしかない時は殺していたかもしれないけどね
Lilly

Lillyの感想・評価

3.9
子どもという存在のかけがえなさを感じさせてくれた。親は強い。母親は特に。
もか

もかの感想・評価

-
気になってたのをやっと見れました。
重いの分かってるとなかなかね。

つっらい。
しかしテンポよくどんどん進むので、重たく苦しいシーンは少なめかも。
出れて良かったねハッピーだねって終わらないのが辛いけどよかった。人生は続く。“部屋”でなんとか強く生きてたけど、その後追い詰められる母、ぎこちない家族。現実味ある。

“部屋”しか知らなかったJackの視点で見る“世界”。なんとなくフロリダプロジェクトを思い出す。
犬や友達やばぁばとの交流に目頭が熱くなります。

やー すげえわ。
ジェイコブ君がめちゃめちゃ可愛いかった!
ELA

ELAの感想・評価

4.0
実家に帰る電車の中で視聴。
夢中になって乗り過ごしそうだった
TAKASI

TAKASIの感想・評価

3.3
ジャックから見た部屋と世界ってどんなもんかなと考えながら観た。
最後のシーンめっちゃいい。
世界を知った5歳児には、あんなちっぽけな部屋なんて最早バイバイの対象でしかない。逞しい。
>|