ガールズ&パンツァー 劇場版の作品情報・感想・評価

ガールズ&パンツァー 劇場版2015年製作の映画)

上映日:2015年11月21日

製作国:

上映時間:120分

4.1

あらすじ

「戦車による武道」を嗜む女子高生たちの青春と友情を描き、緻密な戦車描写と相まって話題作となった「ガールズ&パンツァー」。2012年10月のTVシリーズ放送開始から3年、2014年7月のOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」発売を経て、2015年11月21日に完全新作劇場版の公開が決定した。TVシリーズでは仲間たちとの友情と絆で強豪校に打ち勝ち、母校の廃校を阻止した西住みほたち大洗女子学園の戦車…

「戦車による武道」を嗜む女子高生たちの青春と友情を描き、緻密な戦車描写と相まって話題作となった「ガールズ&パンツァー」。2012年10月のTVシリーズ放送開始から3年、2014年7月のOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」発売を経て、2015年11月21日に完全新作劇場版の公開が決定した。TVシリーズでは仲間たちとの友情と絆で強豪校に打ち勝ち、母校の廃校を阻止した西住みほたち大洗女子学園の戦車道チームが、今度は何のために戦うのか?TVシリーズのメインスタッフが再結集。新キャラ、新戦車も登場しTVシリーズの後日談を描く、さらにスケールアップした「ガールズ&パンツァー 劇場版」にご期待ください。

「ガールズ&パンツァー 劇場版」に投稿された感想・評価

テレビ版未見で臨んだけど、お、面白い!とにかく戦車戦の迫力が凄まじく、戦略と戦術を駆使して立ち向かう頭脳戦、個性豊かな戦車によるアクション、砲撃音や走行音などのド派手な音響、アニメならではの大胆なカメラワークと圧倒的。時に泣かせ、大いに熱い。

後半の戦う原因にはちょっと無理がある気もするんだけど、ガールズたちの各国の性格を擬人化したような言動も面白いし、昨日の敵が今日の友となるドラマも良いです。個性豊かな戦車とそれぞれのチームのカラーみたいなのも素敵。バレー部いいなバレー部。

大量の登場人物が一気に出てくるけど、そのキャラや関係性、独自のルールや用語も観てるうちに何となく分かるよう作られてるし、公式の説明と冒頭の3分あらすじとでテレビ版未見でも問題なし。全キャラ出演のお祭り感、みたいなのが分からないのは悔しいですが。
NahoYamada

NahoYamadaの感想・評価

5.0
今まで見たどのアニメ映画よりも一番よかった
Kota

Kotaの感想・評価

4.0
テレビ版をレンタルで全て見終わってからこの劇場版を観ました。たくさんの学生が登場し キャラクターがそれぞれありますのでテレビ版で予習が必要です。

主人公の純粋でありながら芯が強くチームを勝利に導く姿を応援してしまうシリーズです!

これまで敵として戦ってきた高校が ある目的のために力を合わせることになります。主人公とチームとして戦うことで ある者は身を盾にしたり 伝統を捨てて戦術を改めたりと成長していく学生達が描かれています。
単なる物理を高揚と快感へ変えること。
スポーツとしての戦車戦、戦車道なる武道の存在する世界。スポーツなので人は死なないものの、戦闘はガッツリハード。しかしながら、華道や茶道と同じく乙女のたしなみとして女性がやるスポーツという位置づけなので、華やか。
映画館でも観ましたが、凄い人は何十回も観てる作品。私はレンタルで二回目の視聴です。
改めて観ると、とても丁寧な作りの映画。決戦までの心情を盛り上げつつ、市街や遊園地を舞台にした奇想天外な戦車戦が繰り広げられます。こんな世界とこんな戦い、よく思い付くもんだ。
女子高校生たちは第二次世界大戦の主要国をイメージソースとする味付けの学校に属しており、世界各国の戦車やややステロタイプな国民性の違いが楽しめます。
パンジャンドラムやヴォイテクとか、小ネタも勉強になりました。こないだ映画で観たばかりのバウンティ号の叛乱の言及があるなど嬉しくなりました。
PIXY

PIXYの感想・評価

3.7
全く予備知識がなかったのでわからないところばかりだが戦車のスピーディーさにはビックリした。
戦車の知識があったらもっとのめりこめたのかな?
カール自走砲!戦車か?観覧車も面白い。
Tガシ

Tガシの感想・評価

4.1
集結する展開が熱い
劇場で観たかった… テレビ版観てなくても全然イケた
ガルパンって謎の感動あるよね
>|