ガールズ&パンツァー 劇場版の作品情報・感想・評価

ガールズ&パンツァー 劇場版2015年製作の映画)

上映日:2015年11月21日

製作国:

上映時間:120分

4.1

あらすじ

「戦車による武道」を嗜む女子高生たちの青春と友情を描き、緻密な戦車描写と相まって話題作となった「ガールズ&パンツァー」。2012年10月のTVシリーズ放送開始から3年、2014年7月のOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」発売を経て、2015年11月21日に完全新作劇場版の公開が決定した。TVシリーズでは仲間たちとの友情と絆で強豪校に打ち勝ち、母校の廃校を阻止した西住みほたち大洗女子学園の戦車…

「戦車による武道」を嗜む女子高生たちの青春と友情を描き、緻密な戦車描写と相まって話題作となった「ガールズ&パンツァー」。2012年10月のTVシリーズ放送開始から3年、2014年7月のOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」発売を経て、2015年11月21日に完全新作劇場版の公開が決定した。TVシリーズでは仲間たちとの友情と絆で強豪校に打ち勝ち、母校の廃校を阻止した西住みほたち大洗女子学園の戦車道チームが、今度は何のために戦うのか?TVシリーズのメインスタッフが再結集。新キャラ、新戦車も登場しTVシリーズの後日談を描く、さらにスケールアップした「ガールズ&パンツァー 劇場版」にご期待ください。

「ガールズ&パンツァー 劇場版」に投稿された感想・評価

テレビ版未見で臨んだけど、お、面白い!とにかく戦車戦の迫力が凄まじく、戦略と戦術を駆使して立ち向かう頭脳戦、個性豊かな戦車によるアクション、砲撃音や走行音などのド派手な音響、アニメならではの大胆なカメラワークと圧倒的。時に泣かせ、大いに熱い。

後半の戦う原因にはちょっと無理がある気もするんだけど、ガールズたちの各国の性格を擬人化したような言動も面白いし、昨日の敵が今日の友となるドラマも良いです。個性豊かな戦車とそれぞれのチームのカラーみたいなのも素敵。バレー部いいなバレー部。

大量の登場人物が一気に出てくるけど、そのキャラや関係性、独自のルールや用語も観てるうちに何となく分かるよう作られてるし、公式の説明と冒頭の3分あらすじとでテレビ版未見でも問題なし。全キャラ出演のお祭り感、みたいなのが分からないのは悔しいですが。
aqura

aquraの感想・評価

2.8
何の予備知識なしで見たら、何がナンだかわからなかった。
劇場版は、もう少し初心者に親切であって欲しい。
菊池2018

菊池2018の感想・評価

4.5
0113 シネプラザサントムーン11番F-9

アンツィオ戦と合わせての一挙上映。

今まで4DX、立川a,bスタ、ザート重低音と様々な形態で幾度となく観てきたけど、通常上映はこれが初鑑賞。

試合開始直前に今までの敵校が一挙に加勢するシーン、死ぬほどテンション上がるんだけど、アンツィオだけ劇場版前半で出番がなく唐突に出てくるのが毎回気になってたから(黒森峰高校は出てないけど隊長は一応出てるので)、アンツィオ戦OVAと合わせた一挙上映という形態はその違和感の補完になってて良かった。
臍

臍の感想・評価

5.0
ガルパンおじさんだから難しい感想いえない。戦車ってすごい。あとオールスターが豪華。

アクション好きなら観るといい。帰ってこれなくなるよ。
優花里先生の戦車講座まで楽しめました
くしな

くしなの感想・評価

3.4
ホント良かった。中盤はちょっとテンポ悪いかな、と思いつつ、試合シーン沢山あったし迫力あって楽しかった。観覧車のシーンは爆笑!久しぶりに涙流して笑っちゃいました。
荒野

荒野の感想・評価

5.0
あーもう傑作だよ。何でこんなアツすぎる展開なんだよ

キャラクターみんなが真っ直ぐに、何かに向かって本気で向き合い、文字通り魂をかけて戦う。(陳腐な)お涙頂戴な描写は一切なくても、それが、こんなにも見る人の心を揺さぶるのかと。涙を流させるのかと。ガルパンはそれを教えてくれる、本当に歴史に残る傑作だと思う。

どんなワンカットをとっても手の込み具合が半端じゃない。学校のため友のため、戦車を駆け巡らせ戦うキャラクターたちの魂は勿論、同時にこれを世に送りだしたクリエイターたちの魂もこれ以上ない程感じられる。
本当に、こんな気持ちにさせてくれてありがとう。そう言いたくなるウルトラスーパー傑作なのです
アクションシーンとキャラ萌え以外全て割り切った作りで潔い。
ストーリーなんて刺身のツマ。
トゥルタ
>|