ガールズ&パンツァー 劇場版(2015年製作の映画)

上映日:2015年11月21日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:120分
    監督
    水島努
    キャスト
    渕上舞
    茅野愛衣
    尾崎真実
    中上育実
    井口裕香
    福圓美里
    高橋美佳子
    植田佳奈
    菊地美香
    あらすじ
    「戦車による武道」を嗜む女子高生たちの青春と友情を描き、緻密な戦車描写と相まって話題作となった「ガールズ&パンツァー」。2012年10月のTVシリーズ放送開始から3年、2014年7月のOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」発売を経て、2015年11月21日に完全新作劇場版の公開が決定した。TVシリーズでは仲間たちとの友情と絆で強豪校に打ち勝ち、母校の廃校を阻止した西住みほたち大洗女子学園の戦車道チームが、今度は何のために戦うのか?TVシリーズのメインスタッフが再結集。新キャラ、新戦車も登場しTVシリーズの後日談を描く、さらにスケールアップした「ガールズ&パンツァー 劇場版」にご期待ください。

    「ガールズ&パンツァー 劇場版」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2016/01/05
    4.0
    テレビ版未見で臨んだけど、お、面白い!とにかく戦車戦の迫力が凄まじく、戦略と戦術を駆使して立ち向かう頭脳戦、個性豊かな戦車によるアクション、砲撃音や走行音などのド派手な音響、アニメならではの大胆なカメラワークと圧倒的。時に泣かせ、大いに熱い。

    後半の戦う原因にはちょっと無理がある気もするんだけど、ガールズたちの各国の性格を擬人化したような言動も面白いし、昨日の敵が今日の友となるドラマも良いです。個性豊かな戦車とそれぞれのチームのカラーみたいなのも素敵。バレー部いいなバレー部。

    大量の登場人物が一気に出てくるけど、そのキャラや関係性、独自のルールや用語も観てるうちに何となく分かるよう作られてるし、公式の説明と冒頭の3分あらすじとでテレビ版未見でも問題なし。全キャラ出演のお祭り感、みたいなのが分からないのは悔しいですが。
    みそ
    みその感想・レビュー
    17時間
    -
    20170318
    K助
    K助の感想・レビュー
    1日
    4.2
    いやー、面白かった!
    明らかにファン向けの作品なのですが、こういう作品を観ると「こんな楽しみを味わえるなんて、オタクで良かったなー」なんて思ってしまいます。ただ、「生まれてきてよかった」なんて感想を真剣に語っている書き込みを見ると、ちょっと引いてしまいますが……。

    閑話休題。
    上映開始前に、3分間の「今までのあらすじ紹介」がありますが、かと言って初見の人に配慮していると思ってはいけません。
    本編のストーリー構成からして、一般人は対象外。本編を全部見た人、出来ればOVAも見たファンが対象です。三年前の作品なので、お前らちゃんと覚えているか、程度の軽い確認、と考えましょう。僕は、「茶道や華道と並ぶ女性のたしなみ」というセリフを聞いて、「ああ、バカな世界が帰って来た。理屈を考えるのは止めよう」と思いましたねw

    ストーリーは、TV版の最終回を引き継いでの、大洗市を舞台にした優勝記念のエキシビジョンマッチと、大学選抜チームとの対戦、この2つの戦いを中心に構成されています。と言うか、エキシビジョンマッチ → 大学選抜チームと戦う為の理由付け → 大学選抜チームと対戦、という流れになっていて、劇場版の資金を使って派手な戦車戦をガンガンやるぜ!、という単純明快な映画になっています。
    ウラー!

    なので、映画の印象は、ひたすら戦車が動く、動く、主砲を撃つ、撃つ、撃破する、撃破される。これが、すさまじく美麗なCGと音響で展開される訳で、TVの戦車戦に興奮した人間には堪らんモノに仕上がっています。
    反面、人間ドラマは軽めですが(笑)。
    スタッフは明確に優先順位を付けて製作し、それが見事に成功しています。まあ、現実の戦車にはあり得ない機動性ですが、そこはアニメでファンタジー。野暮な事を言っては、駄目。
    この迫力は、映画館で観るべき作品である、と言えますね。

    細かいミリタリー描写は、ファンタジー的表現を例外とすれば、僕なんかの知識では追いつかないほど、色々と盛り込まれているようです。旧大日本帝国陸軍の九七式中戦車を装備している知波単(チハたん)学園の、敵を追い込むと突撃、戦況の判断に困ると突撃、仲間がやられると突撃、とにかく突撃、と言う思考パターンは、セリフ回しの上手さもあって、あまりに旧軍的で、乾いた笑いが浮かんでしまいました。

    ただ、仕方がないのでしょうが、アニメ自体は美少女動物園な内容なので、自分にとっては「面白かったー!」と言える作品なのですが、リアルワールドでは誰にもオススメ出来ないw 劇場で販売されているパンフレットも、ストーリーや登場人物、メカ紹介のページ数よりも、出演女性声優のコメントページ数の方が多い、と言う……。100人が1回づつ観るよりも、10人が5回づつ観るのを狙っているのでしょうが、こんな風にターゲットを絞りに絞って、声優や関係者を食わせる為に作品を作っているようでは、どんどん業界は縮小してゆくだけなんだろうなぁ、と思わされました。
    ……第三セクターの公共事業みたいだな、おい。
    matsuba
    matsubaの感想・レビュー
    4日
    4.7
    立川シネマシティAスタジオ爆音上映、初日初回に最前列ど真ん中ウーファー直撃座席にて鑑賞。
    余りの爆音と目まぐるしく動くクライマックスに、映画観てて初めて途中で脳が処理落ちしてしまった。
    その後の豊洲4DXで鑑賞もクライマックスシーンで変な笑いが自然に出てきてしまう、アトラクションムービーとしてはパシフィックリムに並ぶ最高峰。

    その他109二子玉等でも鑑賞。
    mk
    mkの感想・レビュー
    4日
    3.5
    CGで再現した戦車戦が良くできています。
    黄金の微睡
    黄金の微睡の感想・レビュー
    5日
    4.0
    世のガルパンおじさんたちから「ガルパンは良いぞ」以外の語彙力を奪った劇場版ガルパンを遂に見た。

    なんか大学生チームと戦う事になった。

    観覧車転がりすぎ、さっき見た「純黒の悪夢」みたいだった。
    ごし
    ごしの感想・レビュー
    2017/03/14
    5.0
    4DX効果がでかいけど、それ抜きでも楽しめる作品。アニメ全話とOVAを観てるとさらに楽しめる。
    >|