yochinoir

ボブという名の猫 幸せのハイタッチのyochinoirのレビュー・感想・評価

4.0
ボブがとにかく可愛い。
ジェームズが薬物依存から立ち直っていくというお話だけど、私からはボブの(猫の)存在の素晴らしさを改めて感じる映画。
うちの子もそうだけど、ねこは人間の求めることにあわせてくれる。
慌ただしい時にはどこかへ行って存在を消し、さみしさや虚しさに気持ちが占領されているときにはそばに来る。
愛情を欲しがるよりも(本当は欲しがってると思うけど)相手に合わせて程よい距離で愛情を示してくれる。
まさにボブのそういう距離感がジェームスの癒しになり、そういう距離を取る相手へ引き寄せられかけがえのない存在になったんじゃないかなー。
自分のごはんよりボブのごはん、自分の欲望よりもボブを守ること。
そういうことが少しずつジェームスを立ち直らせたんだなーと思う。