ボブという名の猫 幸せのハイタッチの作品情報・感想・評価

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ2016年製作の映画)

A Street Cat Named Bob

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:103分

3.9

あらすじ

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物治療中で精神的にも不安定な彼の前に突然現れた、一匹の茶トラ猫のボブ。彼らは支え合い、困難を1つ1つ乗り越え、やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていくことになり……。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」に投稿された感想・評価

KITTO

KITTOの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

薬物中毒に陥り路上ライブをして
ホームレスとして生きていたジェームズ。
自分のこともままならず、お金がない中、
偶然?必然?的に出会ったボブのために
時間とお金をかけるところから始まり、
ボブと一緒に路上ライブをすると
人が集まり、お金を稼げるようになり、
近所に住む女性といい感じになり、
ビッグイッシューを売って
生計を立てるようにまでなる。
薬物依存からも離れることができる。
(薬物との戦いがすごかった)
最後には路上ライブの観客のサポートもあり、
これまでのことを本を出すことになる。

簡単に言えば上記だが、
ジェームズとボブの性格・相性全てが上手くいった
奇跡的な偶然が生み出した実話だと感じた。
ボブの目線で描かれている場面は、
人として出演しているように感じさせられ、
ジェームズの人生の更生を完全に成し遂げたボブが
神様の生まれ変わりのように感じた。

そしてその神様を生かすだけの
ジェームズの器量があったと感じた。
本当の話ということで、
泣くほどではないがとてもいい映画だと感じた。
DK

DKの感想・評価

4.0
ボブと名付けられた猫が1人の薬物中毒の若者を救うおはなし。

日本ではあまり目にはつかないけど薬物の魔力で人生を文字通り狂わされたり、なくしたりする。自業自得というのは簡単だけど、こういう人たちは一定数いるのだ。

弱いのだけど、純粋で優しい主人公。ソーシャルワーカーの助けで徐々に薬物を断ち真人間に戻るその姿のよこには、ボブがいて、最後にはその経験を本に書いて平和に暮らすようになるといういい話だった。

時々ボブの目線で世界を見ることになるのだがこれがなかなかいい効果。
最低な人生に舞い降りた1匹の奇跡、なんか多忙な年末に優しさがチャージされた気がします。
Lita

Litaの感想・評価

3.7
いいお話
蛇らい

蛇らいの感想・評価

3.5
薬物の苦しみと猫ちゃんのかわいさの対比がいいバランスだった。
kunico

kunicoの感想・評価

3.2
昔飼っていた猫を思い出して泣いた。
whiteberry

whiteberryの感想・評価

5.0
ジェームズがホームレス、薬物依存など重いテーマを抱えている中で、ボブの存在が緩衝材になっていた。小さな幸せの連鎖が成功に繋がるんだよっていう希望をもたせてくれた。
バニラ

バニラの感想・評価

3.8
ボブがとにかく可愛い!
そして、ただボブが可愛いというだけでなく、ボブによって一人の人が救われたという実話にも感動しました。
茶トラ飼いたい☆
TakakoKuji

TakakoKujiの感想・評価

3.8
ネコの目線のシーンが所々あって、まるでボブは人間のようだった😸心あったまる作品♥️
>|