ボブという名の猫 幸せのハイタッチの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ボブという名の猫 幸せのハイタッチの作品情報・感想・評価

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ2016年製作の映画)

A Street Cat Named Bob

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:103分

3.8

あらすじ

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物治療中で精神的にも不安定な彼の前に突然現れた、一匹の茶トラ猫のボブ。彼らは支え合い、困難を1つ1つ乗り越え、やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていくことになり……。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」に投稿された感想・評価

chiakia

chiakiaの感想・評価

3.5
舞台はロンドン。ストリート・ミュージシャンのジェームズはホームレスで薬物中毒。ただ、更正プログラムにはつながっていて、その担当者の尽力で住まいが見つかる。そこに迷い込んできた茶トラの猫が、なんと幸運の招き猫よろしく、街で歌うジェームズの肩に乗っているだけで、千客万来に−−−−?

イロイロあって、ジェームズは遂にドラッグを断つ決心をするのだが、「最悪の風邪を100倍悪くしたような気分の1週間」にもボブは寄り添い続けてくれる。

後に主人公が自伝的な小説として綴ってベストセラーになった実話が原作で、彼は現在もボブと一緒にホームレスや動物のための慈善活動に従事しているという。

でもって、実際にボブ自身が映画の多くのシーンに登場しているのだから、う〜ん、スゴイ猫だ。

だけど猫には縁のない私にとって、一番魅力的だったのは、ジェームズのご近所サンで、動物愛護運動のアクティヴィストで、ジェームズとは友達以上の関係になりながらも、自分自身の人生を歩み続ける自由で闊達なガールフレンドのベティ(ジェームズ役の俳優サンと実際にも恋人らしい女優サンが演じている)! 
tkred2046

tkred2046の感想・評価

4.5
世界中で大ベストラーになった、人生どん底なストリートミュージシャンと猫の心温まるな感動の実話。

全く売れないストリートミュージシャンという設定だけれど、主人公が歌う歌の歌詞が心に染みる良い曲ばかりで良かった。
その日暮らしで路上生活とストリートミュージシャンを送る孤独な主人公の前に突然現れた茶トラの野良猫。
ボブと名付けられた猫と暮らし始めて彼の運命が変わり始める。
ボブがとにかく可愛い。
ボブの目を通して見る街が楽しかった。
主人公を支えるキュートな隣人やケースワーカーの存在、疎遠だった父親とのエピソードも良かった。

人生は何度でもやり直せる、と思わせてくれる素敵な映画。
全英でシリーズ累計150万部超のベストセラー実話を「英国王のスピーチ」の製作陣が映画化した本作を観ていると、出会いの大切さが伝わってくる。
プロのミュージシャンを目指す主人公ジェームズ・ボーエンは、その夢も叶わず、家族間でのトラブルもあって薬物に依存して、現在更生中の若者。
収入も無く、ホームレスとして寄る辺ない日々を送るこの若者に救いの手を差し伸べるものたちがいる。
彼を再起させる為にサポートする更生係のヴァル、そして再出発の地で知り合った動物好きで訳ありのお隣さんのベティ、彼女らが彼を心身共にアシストするのだが、彼にとって最大の支えとなったのが茶トラの猫ボブとの出会い。
この作品ではボブ本人が多くのシーンに登場していて、そのキュートな表情や仕草で愛猫家を含めた我々をメロメロにしてしまう。
「一期一会」という、一生に一度だけの機会を意味する言葉があるが、その出会いは何も人とは限らず、ジェームズの場合のようにこのボブという名の猫である場合だってある。
恐ろしい薬物依存や慢性的な貧困からの脱却に、この一人と一匹は正に身を寄せ合って真正面から立ち向かっていく姿や、そして善意ばかりではない世の中で、彼らが悪意にも逆風にも負けず頑張ることで、周りが彼らを認め、見方が変わっていく展開に心揺さぶられる。
ジェームズがストリートミュージシャンいうことで、劇中で楽曲が幾つも披露されるが、このチャーリー・フィンク(元ノア・アンド・ザ・ホエール)による楽曲はこのハートウォーミングなストーリーに寄り添い、そのシーンを盛り立てていく。
愛猫家の人々だけでなく、ジェームズのように困難な状況の中でもがいている人々にも、この一人と一匹の物語は前を向く勇気を与えてくれると思う。
habatapan

habatapanの感想・評価

3.5
実話推しで宣伝するんであればあまり気持ちのよい話ではなかった。
コンパクトにまとめすぎたせいもあって、主人公が取る行動に説明が足りなくて、全然感情移入できない。
むしろ腹が立つ。
猫飼ってる身からするとめっちゃ腹立つ。

このぐらいのエピソード量なら、映画じゃなくて、アンビリバボーとか仰天ニュースの再現VTRで十分です。

とは言え本人役(本猫役)のボブは可愛い。
猫POVとかは新しくて良かった。
猫のボブの落ち着いた演技(?)に脱帽
猫主観ショットとも相まって、ボブがボブとしてちゃんと存在していた。
mrj

mrjの感想・評価

3.6
辛いながらにも前向きになれる1本。
素敵な猫ちゃんでした。
Natsu

Natsuの感想・評価

4.0
11のバスはどこへ行くんだったかなぁ。
yuki

yukiの感想・評価

-
続編2冊を合わせると計1000万部を越える大ベストセラーとなっている「A Street Cat Named Bob /ボブという名のストリートキャット」という実話を基にした作品です。
劇中でメインにボブを演じるのは、ご本人猫のボブです!走るシーンなどは7匹の影武猫らしいですがw
ボブの瞳に吸い込まれてついつい字幕を追うのを忘れてしまうほど可愛いかった〜!

そしてジェームズを演じる、ルーク・トレッダウェイの歌がまた素敵…もちろんルークも。
哀愁帯びる声が作品にとてもあってる!劇中にずっとルークが歌う曲が流れています。

ジェームズご本人とボブが現在来日中です!ジェームズさんはとても明るくお茶目な方でした!
ボブは連日の取材で少しお疲れ気味の様子。今は12歳、人間でいうと60歳超えらしいですが、まだまだ元気でいて欲しい!
S

Sの感想・評価

3.2
ボブかわええ。satellite momentsいい曲
>|