ボブという名の猫 幸せのハイタッチの作品情報・感想・評価

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ2016年製作の映画)

A Street Cat Named Bob

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:103分

あらすじ

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物治療中で精神的にも不安定な彼の前に突然現れた、一匹の茶トラ猫のボブ。彼らは支え合い、困難を1つ1つ乗り越え、やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていくことになり……。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」に投稿された感想・評価

肩に乗るどころかハイタッチまでしてしまう猫・ボブのかわいいシーン満載ながら、薬物依存問題をリアルに描く、実は骨太のドキュメンタリー映画。
ボブは本人(本猫?笑)らしい。'17年ナショナル・フィルム・アワーズUKで最優秀英国作品賞受賞作品。「英国王のスピーチ」の製作陣が、実話を元に手がけた映画。
ボブの目線の映像が多用されていたり、猫らしいかわいいシーンが全編通してふんだんにあって、微笑ましい。特にハイタッチをするボブはめちゃかわ笑
意外にメッセージ性も強く、ホームレス仲間の薬物死や、薬物治療の過酷さをリアルに描いてあって、映画としての骨太さがある。
薬物依存のホームレスというドン底の状態から、出会った猫をキッカケに人生の成功へと繋がっていくストレートなサクセスストーリーだけど、これが事実に基づいたものって事で重みがぐっと増していると思う。
個人的には、イギリスの街並みや風景、喋り方、ビッグイシューなどのイギリス感がとても懐かしく、より楽しめたかも。
実話
ボブが愛おしい
主人公は空気読めないがいいやつ
nishior3

nishior3の感想・評価

3.8
ねこに詳しくない私は猫が肩に乗るのが普通じゃ無い事に気付けない😅
ボブ本人(猫)が出演してる驚き!
単純に泣けました。
za__wa

za__waの感想・評価

5.0
肩に乗ったりハイタッチをする猫がいるなんて!
本物のボブが出演しており、ナチュラルに演技をしているのがすごすぎる。

可愛い猫がクローズアップされてるだけでも癒されるけど、実話を元にしたセカンドチャンスのサクセスストーリーというのも良い。
ボブは勿論だけど、主人公の周りの人物が素晴らしい人柄ばかり。中でも魅力的なベティは脚色の様で残念だけれども。

猫飼ってない人は観たら飼いたくなるので注意、、、

映画館出たらBIG ISSUE売ってる人が居て、頭良いなあと感心した。

17.09.15 シネスイッチ銀座
動物ものは間違いないとは思ってましたけど、それ以上に感動してしまいました!
音楽も素晴らしいです!
あいこ

あいこの感想・評価

3.0
ボブ可愛い。救ったと思ったら、、気がついたら自分が救われてた…ってことある。何をするわけでもなく、ただ寄り添い続けるボブの存在がとても愛おしく思えた。

ストリートミュージシャンをしている主人公が歌う曲がシンプルで思ったよりも良かった。歌詞も含め心に響く歌声だった。

数年経ったらまたボブに会いたくなるだろうなあ。
湊

湊の感想・評価

4.0
ボブがとにかく可愛い。癒された
依存症から抜け出せず生活もままならない中、それでも路上ライブで生計を立ててこうとするジャンキーが、とある猫との出会いを通して人生を変えていく、実話を基にした物語。
タイトルやパッケージから、ほんわかした雰囲気の感動モノかと思いきや、実話がベースになってるだけあって、ジャンキーや貧乏人が社会で生きていくことの辛さや、ドラッグ症状の悪夢的描写は、誇張されすぎてないからこそ鬼気迫るものがあり、
また作品全体としても、いわゆる“感動モノ”という色を出さない・飾らない語り口が、逆にリアルティを持ち、
勿論麻薬経験はない自分だが、意志や理想を貫いて社会で生きていくことの難しさに共感を覚え、自分でも思わないところで度々ウルウルさせられた。

しかし同時に、平和的な日常シーンは、パッケージからもさほど違和感ない、ちょっとおしゃれでチャーミングな画作り・音楽などが心地よく、主人公の歌う唄も、シンプルに響いてくるものがあった。
そして何より、他の方々が口を揃えて言うのも納得の、絶妙なボブ(猫)の愛くるしいショットの数々。しかもこの実際の物語に出てくる本物のボブが今作でもほとんど出ているらしく、それだけでも凄い貴重な作品になっているのだが、そこにロンドンのオシャレさ・美しさも相まって、ボブが映えるシーンの一つ一つが、そこだけ切り取って何度も見たくなるほど素敵な画作りで、癒し要素としてもしっかり味わえた。

私も天邪鬼なので、こうしたいかにも動物感動作!といった文句で来られると構えてしまいがちだが、
少なからず私自身は、そうしたくどい内容どころかシンプルに見入るものがあったし、何よりこれが実話だったということに、より一層上を向いて帰り道を歩きたくなった。

もし、自分もどうしようもなく孤独になり、またまともに他者と関われなくなる時が来てしまった時は、
こんな風に野良でも猫と触れ合ってみたらどうだろう…と、
そんなこと思わせてくれる一作でした。
ayu

ayuの感想・評価

3.0
セカンドチャンスはある。
>|