ボブという名の猫 幸せのハイタッチの作品情報・感想・評価

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ2016年製作の映画)

A Street Cat Named Bob

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:103分

3.9

あらすじ

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物治療中で精神的にも不安定な彼の前に突然現れた、一匹の茶トラ猫のボブ。彼らは支え合い、困難を1つ1つ乗り越え、やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていくことになり……。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」に投稿された感想・評価

肩に乗るどころかハイタッチまでしてしまう猫・ボブのかわいいシーン満載ながら、薬物依存問題をリアルに描く、実は骨太のドキュメンタリー映画。
ボブは本人(本猫?笑)らしい。'17年ナショナル・フィルム・アワーズUKで最優秀英国作品賞受賞作品。「英国王のスピーチ」の製作陣が、実話を元に手がけた映画。
ボブの目線の映像が多用されていたり、猫らしいかわいいシーンが全編通してふんだんにあって、微笑ましい。特にハイタッチをするボブはめちゃかわ笑
意外にメッセージ性も強く、ホームレス仲間の薬物死や、薬物治療の過酷さをリアルに描いてあって、映画としての骨太さがある。
薬物依存のホームレスというドン底の状態から、出会った猫をキッカケに人生の成功へと繋がっていくストレートなサクセスストーリーだけど、これが事実に基づいたものって事で重みがぐっと増していると思う。
個人的には、イギリスの街並みや風景、喋り方、ビッグイシューなどのイギリス感がとても懐かしく、より楽しめたかも。
りく

りくの感想・評価

5.0
めちゃくちゃボブが可愛くてたまらなかった……
ramu

ramuの感想・評価

3.2
THE王道なサクセスストーリー!
ジャンキーとは言っても、過激な描写は全くないので誰でも観やすいです。

ボブは可愛いし、ジェームズはイケメン!
ただ印象に残る台詞もシーンもなく、ただただ良いお話。
でもボブは可愛い。犬派だけど、ボブは可愛かい。
Blu-ray買ったが大したことはなかった・・・
hyonaism

hyonaismの感想・評価

3.5
2018.6.18/63

いい映画というより、いいお話って感じで、感動的な実話なのに映画としては微妙と思った…

どのシーンも端的すぎて、全部嘘っぽく感じた…
薬をやめる為に必死に頑張る姿…こんなにキツいんだなぁ。
猫でもこんなに素敵な相棒が居たら何でも頑張れそう。
すぽ

すぽの感想・評価

3.4
とにかくボブが可愛い。

ヘロイン中毒から抜け出そうと頑張ってる主人公ではあるけど、猫が肩に乗ってるだけでこうも人生変わるものなのね。

あとボブが可愛い。
ペイン

ペインの感想・評価

3.5
正直に言うとこの手の猫や犬を全面に出してる作品は普段ならスルーしがちです(笑)ただあまりに評判が良かったので観てみました。

結果、言いたいこともなくはないけどまぁまぁ良い映画でした。観て良かったです。

薬物依存の辛さを「トレインスポッティング」のようにオシャレにではなく、誠実に容赦なく描いていた点も良かった。
演じていた猫ちゃんが、本人もとい、本猫。この演技すごすぎる。頭がいい猫ちゃんなのね。
鑑賞中、主人公と猫ちゃんをずっと応援していました。
Radical

Radicalの感想・評価

4.5
ボブが一緒だから頑張れた。
薬物中毒の路上生活者が1匹の猫と出会い、つまづきながらも幸せを駆け上がっていくサクセスストーリー、どんな困難もボブとなら乗り越えられる。
最後、薄暗い部屋で断薬の副作用に苦しむ極限状態の主人公とその姿を黙って見守るボブの姿が印象的でした。
>|