ボブという名の猫 幸せのハイタッチの作品情報・感想・評価

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ2016年製作の映画)

A Street Cat Named Bob

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:103分

3.9

あらすじ

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物治療中で精神的にも不安定な彼の前に突然現れた、一匹の茶トラ猫のボブ。彼らは支え合い、困難を1つ1つ乗り越え、やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていくことになり……。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」に投稿された感想・評価

肩に乗るどころかハイタッチまでしてしまう猫・ボブのかわいいシーン満載ながら、薬物依存問題をリアルに描く、実は骨太のドキュメンタリー映画。
ボブは本人(本猫?笑)らしい。'17年ナショナル・フィルム・アワーズUKで最優秀英国作品賞受賞作品。「英国王のスピーチ」の製作陣が、実話を元に手がけた映画。
ボブの目線の映像が多用されていたり、猫らしいかわいいシーンが全編通してふんだんにあって、微笑ましい。特にハイタッチをするボブはめちゃかわ笑
意外にメッセージ性も強く、ホームレス仲間の薬物死や、薬物治療の過酷さをリアルに描いてあって、映画としての骨太さがある。
薬物依存のホームレスというドン底の状態から、出会った猫をキッカケに人生の成功へと繋がっていくストレートなサクセスストーリーだけど、これが事実に基づいたものって事で重みがぐっと増していると思う。
個人的には、イギリスの街並みや風景、喋り方、ビッグイシューなどのイギリス感がとても懐かしく、より楽しめたかも。
ロンドンの街が美しくてそれを見ているだけで楽しかった。クリスマスシーズン、都市や離れたところまで…。
ドラッグの脅威も感じたけれど、全て猫と歌声が包み込んでくれた。
nIa

nIaの感想・評価

4.0
実話だからと手放しで称賛できるわけではないのが大切なところ
こういうストーリーは、本当は生まれてきてはならないのである
Teto

Tetoの感想・評価

4.2
2017-153

自分の暮らしもままならないのに、猫缶買ってあげたり、薬買ってあげたり。主人公の優しさに感動。

我が家の猫にもハイタッチを教えてみようか…
funny00

funny00の感想・評価

4.5
とてもよかった。ボブが名演技すぎる。
Rin

Rinの感想・評価

-
ボブかわいすぎ
絶対将来茶ネコと暮らすって決めた
K8

K8の感想・評価

3.6
これは良い猫映画。ジャンキーな主人公がとあるきっかけで茶トラ猫を拾い、一緒に生活をして路上ライブなどで人気になり成功するという実話をベースにした物語。

最初はイケメンすぎる主人公に違和感しかなかったけど、ボブくん出てきてからは一気に素晴らしい猫映画に。
個人的には茶トラをジンジャーキャットと呼ぶというのが一番の気づきでした。
ボブくんの役は彼自身と、ボディダブルの茶トラ猫くん達が演じた模様。
冒頭真っ暗だったものが、ボブに出会ってから、ロンドンの街が明るくなってとてもきれいだった。実話というのがすごい。
kottan

kottanの感想・評価

4.8
真っ当に生きたいのに、薬物中毒から社会の底辺に生きるしかなく、いつまでも抜け出せないままのジェームズ。家族にも見放され、友達もない彼の所に突然やって来た野良猫との関わりが彼を変えていく。
入り猫は福を招いてくるとは言うがまさにジェームズにとってのボブがそうだった。悲しい現実もあるし優しいだけではないが、最後には心がほわっとする。
必ず見ようと決めていました。イギリスの有名な名所も出て来て、わたし的には本当に満足です。
ドラッグなど暗さもあったりしたけど、本当にボブに癒されました。
安心して見られたし、この映画は本当に大好きです。
>|