ボブという名の猫 幸せのハイタッチの作品情報・感想・評価

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ2016年製作の映画)

A Street Cat Named Bob

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:103分

3.9

あらすじ

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物治療中で精神的にも不安定な彼の前に突然現れた、一匹の茶トラ猫のボブ。彼らは支え合い、困難を1つ1つ乗り越え、やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていくことになり……。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」に投稿された感想・評価

JASMINE

JASMINEの感想・評価

4.5
映画館で観たけど、猫の日にちなんで再鑑賞🎥✨
ホームレスのストリートミュージシャンと野良猫の出会いを描いた実話の映画💡
薬物依存から抜け出せない主人公がボブと出会った事で薬を辞めることを決意したけど、その苦しさや難しさも描かれていて、立ち直っていく姿にはほんと感動した😢
映画には本猫が出演してて、やっぱり何回観てもボブの可愛さにはやられる😂
猫好きな人、そうでない人にもぜひ観てほしい一本。
うちの猫も幸せのハイタッチ出来るようにならないかなー🐈✋☘️
QvQ

QvQの感想・評価

3.8
人生は何度でもやり直せる。

いいっすね。
そう思えば明日が楽しく思える。

私も頑張ろう。
人を支えるもの。
「何のために生きるのか」というよりは、「何で生きていられるのか」っていう映画だった。彼は何で生きていられたのか。

「音楽」って美しくて残酷。人を癒したり、助けたり、元気づけたりするものだけど、実は、本当に怖いもの。人によっては、それだけあれば、生きていられると思えるほどの影響力がある。何を捨てても、「音楽さえあれば」って、人生が狂った人はいくらでもいるから。

彼の生い立ちを思うと、人生が狂ってしまったのは別のところにあるけど、音楽にも狂わされている。でも、音楽が人生を救うこともあるけど。

人を支えるものって、人によって全く違う。家族の場合もあれば、恋人の場合もあるし、仕事の場合もある。もちろん、音楽の場合もある。彼を支えたのは、猫のボブ。付かず離れずの父親の存在もあったかもしれない。

守るべきものがはっきりしている時、支えてくれるものの大切さを実感したとき、人は強くなれるのだろう。

時折挟んでくる猫のボブ目線のカメラワークが、見え方と相まって演出的な意味で、心情を表しているのがよかった。

ハイライトは、ラスト近くの父親に逢いに行ったところ、虐げられていたような再婚相手に対して、「息子と話している」と力強く話したシーン。

ボブが彼を変えたのかもしれないが、冒頭からずーーーーーーっと、彼はやさしかった。ボブに対しても、誰に対しても。そんな優しさが生んだ奇跡の物語といえる。
mymkny

mymknyの感想・評価

3.6
ボブが可愛すぎた。

ペットって本当に家族だし相棒。

映画の評価とは別だけど、ボブは自ら肩にのって主人公のお供をしてくれた猫かもしれないけど、本来猫はそういう生き物ではないから、変な人が真似して猫を人混みに連れ回してお金儲けの道具にしたりしないか少し心配になった。昨今ニュースになったりしてるので(´・ω・`)
みかん

みかんの感想・評価

4.3
ネコがかわいいのと、感動の心温まる実話ということで迷わず鑑賞。

とにかくボブがかわいいしお利口だし、愛くるしくてたまらなかったですw

主人公ジェームズも、そんなボブという温かな存在と一緒にいることで、困難を一つ一つ乗り越えてどん底から人生を取り戻していき、観ていて勇気がもらえました。

ペットは家族って言いますが、2人の絆を見て、まさにその通りだなぁと思いました。


ミュージシャンの夢も破れ、ホームレスで薬物治療中のまさに人生どん底状態の主人公ジェームズ。
そこに現れたケガを負った茶トラのノラネコ、ボブ。

なけなしのお金をはたいてボブを病院に連れていき救ったことから、ボブとジェームズはどこへ行くにも一緒にいるようになり、次第にネコとコンビを組むストリートミュージシャンとして注目を集めるようになる。

しかし、次から次へとやってくるトラブルや試練。
2人で支え合いながら乗り越えていき、やがて大きなチャンスがやってくる、、!


ロンドンのオシャレな風景の一方で、ホームレスや薬物中毒に苦しむ若者も描かれた社会派ドキュメンタリーな部分もあって、ただの軽いハッピーサクセスストーリーに終わらず、見応えもありました。
クスリ、ダメ。ゼッタイ。

本当にステキな感動の実話でほっこりでした!
実話ということに驚き
薬とは無縁の育ちだから共感しにくいところもあったけど

感動した、、、、!!
>|