ボブという名の猫 幸せのハイタッチの作品情報・感想・評価

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ2016年製作の映画)

A Street Cat Named Bob

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:103分

3.9

あらすじ

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物治療中で精神的にも不安定な彼の前に突然現れた、一匹の茶トラ猫のボブ。彼らは支え合い、困難を1つ1つ乗り越え、やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていくことになり……。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」に投稿された感想・評価

yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.5
肩に乗ってるボブの姿がとにかくかわいい!

ストーリーは、よくある薬物中毒から立ち直る話だけど、
立ち直れない人がたくさんいる中で、主人公は幸運にもボブに出逢えて立ち直れた。

ボブが自分を選んできてくれたって言ってたけど、ほんとその通りだと思うな〜。。
人と人だけでなく、人と動物との出逢い、出来事全てにおいて意味のあること!
それに気づいてどう行動できるかがとっても大事。
トモ

トモの感想・評価

3.2
たしかにボブはかわいかったけど。なんか最後までボブに助けられたダメヤローにしか見えなかったな。
k

kの感想・評価

3.7
犬派だけどボブが可愛い…癒される。
かずき

かずきの感想・評価

4.0
ボブがただただかわいい。
ボブとの関わり、ボブを通してのいろんな人との関わりの中で主人公が多くの事を学んでいく。孤独を感じながら生きてきた主人公にとって、誰かを必要にすること、誰かに必要とされることを教えてくれたのは人間ではなくて猫のボブだった。
ボブと一緒にいることでいろんな人が主人公に優しくしてくれる。それまでは冷たかった社会が猫といるだけで温かいものに変わっていく。なんとも調子の良い世の中だなと感じた。主人公だけの時は中傷したり、暴力を振るってたりしたのに、猫一匹連れるだけでこうも変わるか。でもボブだけの魅力だけじゃなく、ボブと出会って前向きになった主人公の魅力にも周囲の人が気付いたんよね。
たまにボブ視点での映像になるのがおもしろいです。
ボブが出てくる度に「きゃーきゃー」はしゃぎながら観れるやつ。人は変われるし、周りの人も変えていける。ただ、変わらないものも確かにある。「猫はかわいい」ということである。
実家帰って猫に顔うずめたい。においかぎたい。体から出てる粒子吸いたい。
FuKu

FuKuの感想・評価

3.8
終始ボブが可愛い

実話なの凄いな、
作中のボブもほとんど本物のボブなのも凄い、

ボブ見てるとうちの子に会いたくなって来たから近いうちに実家帰ろうかな
みお

みおの感想・評価

4.2
嫌味がないサクセスストーリー
すごい好き
サラダ

サラダの感想・評価

4.1


実話を元にした作品なので結末はわかっているのですがとても感動します!


廃人寸前までになってしまった主人公をさりげなく支えてるボブが可愛い

個人的に一番の感動ポイントはお父さんとの会話ですね!
廃人寸前まで落魄れたひとりの男を救った、慈悲深い一匹の茶トラ猫の無表情な演技が素晴らしかった。

眼に映るすべてを見下しているような天上天下唯我独尊的な生き物にも見えれば、世の中すべてを見渡してひたすら観察している哲学者のようにも見える。

茶トラ猫のボブはきっと、セカンドオピニオンだったに違いない。

本人、いや本猫に、その自覚があったのかなかったのかは分かり得ないけど。

ボブとハイタッチする度に何か御利益がありそうで、招き猫って本当にいるんだと思った。

今までは猫を見かけたら「あ、猫だ」ぐらいにしか思わなかったけど、これからはもう少し興味関心を持って接してみよう。

猫はそっぽを向いて、尻尾をのらりくらりと振っていそうだけど。

p.s.

猫って犬より少し怖く感じるのだけど、それは猫が悪いのではなく明らかに僕に問題があるのよね。
>|