ボブという名の猫 幸せのハイタッチの作品情報・感想・評価

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ2016年製作の映画)

A Street Cat Named Bob

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:103分

3.9

あらすじ

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ。人生に目的も目標も持てないまま、薬物治療中で精神的にも不安定な彼の前に突然現れた、一匹の茶トラ猫のボブ。彼らは支え合い、困難を1つ1つ乗り越え、やがて“一人と一匹”の人生は大きく変わっていくことになり……。

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

4.3
この作品を観てから、BIGISSUEを、売ってはる方に声をかけて購入することができるようになった。
犬派な私でも、猫飼いたいなぁ!って思わさせられた(笑)
これリアルなお話なんだね。
すごいなぁ。
実話系はずるいけど、やっぱりいいよ〜〜
映画化で失敗してない、成功パターンやし余計に。
本物のボブが出てるのもポイント高い。
アンビリーバボーとか仰天ニュースでやってるようなネットで話題になった人がここまでになるってほんまにすごい。
猫飼いたいーーー
外は雨

外は雨の感想・評価

3.3
しっかりした猫だ〜。本物のボブがボブを演じている。なんて立派なにゃんこ!だもんで街に出る時とかついハラハラしてしまう。

映画自体はちょっと長く感じてしまうけど、一匹の一緒にいてくれる猫が幸福をくれる存在になるってのはわかるわぁ。うんうん。
猫視点にすごい酔う。
hinano

hinanoの感想・評価

3.9
ロンドンに暮らすホームレスの青年ジェームズが、偶然1匹の猫と出会い、、、

実話に基づく物語。

もうとにかくボブが可愛くて可愛くてそしてお利口さんすぎ!!

ジェームズとボブのやり取りを見ているだけで随分癒されました。

しかし、ジェームズの置かれた環境と言えばホームレスだったり、薬物依存だったりとかなりシビアなもので、イギリスの社会問題に関して切り込まれていた点も見ごたえあり。

ボブの存在のおかげで、辛いシーンと癒しのシーンとの対比がしっかり描かれていたように思います。

ボブだけじゃなくて、ジェームズを支えた他の登場人物たちも皆良い人でした◎

彼らの絆にほっこり心の温まる作品です。
Sadao

Sadaoの感想・評価

-
記録❗️
ゆっぴ

ゆっぴの感想・評価

3.8
これって実話なんだよね、壮絶…
色んな人生あるし、難しく考えすぎないで生きたいなって気持ちになった☺️

そしてボブの演技力!
ハイタッチするのかわいすぎた〜🐈
kana

kanaの感想・評価

3.8
正直猫は苦手なんだけど
そんな私でも
そばに寄り添っていてほしいと思うくらい
可愛かった野良猫ボブ😻

更生中のストリートミュージシャンが
野良猫ボブと出会い、
人生を再スタートさせるそんな物語。
実話です。

猫目線の撮り方、
新しくて良かったですね。
もちろんボブはしゃべりませんが、
そういう撮り方をすることで、
ボブの気持ちも
伝わってくるような感じがしました。

人生、何がきっかけで変わるかなんて
本当にわからないですよね。
明日出会う全く知らない人(もちろん動物も)が
もしかしたら
人生を変えるキーパーソンかもしれない。
そう考えて毎日過ごすとちょっとワクワク😊
楽しいかも♪

猫マフラーが本当に可愛かった~
終始、癒され、
ハッピーな気持ちになれるラスト。
こういう映画は大好き♪

☆DVDにて鑑賞☆
2018年95本目
Manamy

Manamyの感想・評価

4.0
実話を基にした作品で、猫のボブ本人が出演しているということで、完全猫派のため採点甘めです。だって可愛すぎるー(ノ∀\*)
こんな上手くいく話ある?!っていうほど綺麗なサスセスストーリー。ボブはこれからもジェームズさんと幸せに暮らして欲しい。
Yuki

Yukiの感想・評価

4.0
心が和んだ
>|