マダム・フローレンス! 夢見るふたりの作品情報・感想・評価

マダム・フローレンス! 夢見るふたり2016年製作の映画)

Florence Foster Jenkins

上映日:2016年12月01日

製作国:

上映時間:111分

3.4

あらすじ

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」に投稿された感想・評価

gyaro311

gyaro311の感想・評価

3.1
機内で鑑賞。
愛と打算、打算と愛の物語か。
資産家で芸術活動のパトロンである
マダム・フローレンス。
夫のシンクレアも、伴奏者となったコズメも、
それぞれ、打算があってフローレンスに近づいた。
音痴だが歌を愛するフローレンスが、
その夢を叶えられるように二人は全力を尽くす。
打算の上の関係だが、フローレンスのことを
慮る気持ちに嘘はない。
この映画は、極端な例だけど、
人間関係って、多かれ少なかれ、
こういう二面性があるものだと思った。
愛も、打算も真実だが、
どちらか一つで語り切ることはできない。
片方だけを盲信すれば裏切りに見えるかもしれない。
音痴なフローレンスの歌に観客は喝采し、
そのレコードは飛ぶように売れた。
嘲笑している面もあるが、それだけでは、
売れた事実を説明できない。
世の中はかくも複雑であり、
ポジティブに捉えるか、ネガテイブに捉えるか、
その違いだけだと思った。
そのどちらも正しく、
どちらも完全ではないだけだ。
鑑賞わず
mado

madoの感想・評価

3.8
実話なことにびっくり
ametmovi

ametmoviの感想・評価

4.0
これが実話ってのが凄い。この映画を見た後、直ぐに彼女の「夜の女王のアリア」を聴いたが、メリル・ストリープの再現度が凄いと感じた以上に、たまに本家を超えた音痴かましてくるフローレンスに思わず、笑ってしまった。しかし下手くそだと感じながらもそこに愛しさを感じてしまい、それは映画の中の懸命に努力する彼女を見たからなのだと感じました。

思い出したのは"エド・ウッド"という作品。エド・ウッドは映画監督であったが、作品はZ級と言われるほどつまらなかった。しかし、彼の映画への愛は誰よりも強く、今では彼の作品を愛する人は多くおり、"ティム・バートン"や"タランティーノ"も信者だったりする。
"マダムフローレンス"もこの作品と同様に音楽への愛は本物で、そこに優劣は関係ないと証明している。
なぜなら彼女が憧れの地"カーネギーホール"で歌ったことは変えようのない事実であり、皆の記憶に残ったのだから。

あと、言及したいのはホワイティーについて。
見ていて彼は何故彼女を持ち上げるのか?金目的か?と思って見ていたのだが、それが真にフローレンスのことを愛していたからだと分かったのがとても良かった。
常識をもつ人には彼のそれらの行動は理解出来ないが、フローレンスとホワイティーの間にはそれが成立するのだとこの映画を通して感じられる作りになっていたと思う。

確かに彼女はお金持ちで、その金の力にものを言わせていた節を感じたが、そこがより実話であることを際立てていて、自分はあまり気にならなかった。でも正直そこに引っかかってしまう人が居るだろうとはちょっと思った。

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
(原題:Florence Foster Jenkins)

なかなか甲乙つけがたい。面白いか否かではなく、コメディなのかドラマなのかドキュメンタリーなのかそもそも映画というカテゴライズで良いのか。
面白かった部分は引き込み方というか、シンクレアの愛情がどこまで本当なのかが
中盤まで見極めにくいので注意深く観てる内にマダムにもシンクレアにもマクムーンにも惹かれていく感じ。
全体的に優しいというか、思わせ振りな部分も深追いしすぎずネタばらしも軽いので構えずにゆるっと観られるのが良い。なのに中弛みしない。テンポも悪くない。
まぁ何が一番すごいってやっぱりメリル・ストリープなんですけどね。
話し方も演技も動きも毎回違って凄い。
私は英語はわかんないけど話し方の違いはこれが「訛りの女王」ってやつなのかなぁ。
観て良かった。劇場でも良かったけどDVDでもまぁ良いか。
Ryo

Ryoの感想・評価

3.0
女の人は、ちょっとの図々しさと愛嬌があれば幸せになれると聞いたことがあるのですが、その通りなのかなと思った。
フローレンスの夫はフローレンスに何故あそこまでしたのかが疑問だった。それがお金ではなければ、と切に願う。
不幸を回避するのに、お金というのは本当に有能な手段だと思った。
「Tモリ倶楽部」で以前に企画された『歌下手王合戦』でTモリさんも知っていた歌下手マダム?をモデルにした作品です。
メリルすきいい
yuing

yuingの感想・評価

3.5
メリル・ストリープ祭り第2弾。二日酔いで朦朧とする中それ、早朝に鑑賞。
高音が響く響く。最後はしっかり過ぎるほど感動させて貰えました。優しさってこういうことだなと思うシーンが豊富。カーネギーホールの場面からは色んな人間が詰まっていて、それでも良くありたいと思う行動にほんと涙。。
y

yの感想・評価

3.2
実話らしい。可も無く不可も無く。
こういう人がいたんだという勉強になった。
>|