マダム・フローレンス! 夢見るふたりの作品情報・感想・評価

マダム・フローレンス! 夢見るふたり2016年製作の映画)

Florence Foster Jenkins

上映日:2016年12月01日

製作国:

上映時間:111分

3.4

あらすじ

世界が憧れる音楽の殿堂 “カーネギーホール”。ここで、今なお“伝説”として語り継がれる一夜がある。1944年、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの公演回だ。NY社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、彼女は自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。愛する妻に夢を見続けさせるた…

世界が憧れる音楽の殿堂 “カーネギーホール”。ここで、今なお“伝説”として語り継がれる一夜がある。1944年、フローレンス・フォスター・ジェンキンスの公演回だ。NY社交界のトップ、マダム・フローレンスの尽きない愛と財産は、夫のシンクレアと音楽に捧げられていた。ソプラノ歌手になる夢を追い続けるフローレンスだが、彼女は自分の歌唱力に致命的な欠陥があることに気づいていない。愛する妻に夢を見続けさせるため、夫のシンクレアは、マスコミを買収して、信奉者だけを集めた小さなリサイタルを開催するなど忙しく献身的に立ち回っていた。しかしある日、フローレンスがカーネギーホールで歌うと言い出して―。持病を抱えながらも音楽に生きる彼女の命がけの挑戦に、シンクレアも一緒に夢をみることを決める。今、笑いと涙で包まれた奇跡の公演の幕があがる!

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.0
取り敢えず伴奏の彼がよかった
メリル・ストリープが本当に大好きなので💕😂彼女が出ているだけでも作品に対する点数が甘くなってしまうのですが、マダム・フローレンスはうーん💦なんとも複雑な感想を持ちました。
マダムは本当に幸せだったのでしょうか……。
私だったらマダムとヒュー・グラント演じる夫のシンクレアの夫婦関係はむしろ生き地獄…💦
マダムがあそこまで音楽を愛して、歌にのめり込んでいたのは、やっぱり浮世の辛さを音楽が浄化してくれてくれていたからではないでしょうか?
あの時代の素敵な洋服やインテリア、マダムの可愛らしい姿や表情が、映画に華を添えていて見ていてとっても素敵でした!✨
ピアニストのマクムーンの存在がより一層いいスパイスになっていましたね!
彼が居なかったら、映画の魅力も半減していたと思います!
TB

TBの感想・評価

3.7
愛だな
まい

まいの感想・評価

3.3
メリル・ストリープが素晴らしい
嘘で固めるも本人のためえ買収さておき
フローレンスの人柄なのだろうなと
若干のものたりなさはあるも
実話が元となると
ヒューグラントの良さが前面に出ていた。この歳でまだこんなかっこいいってことはこの先も楽しみすぎて笑える
偉大なるマルグリットと結構違った
ayaney

ayaneyの感想・評価

3.6
この映画を観て感じたことは
・純真無垢な夫婦の愛情
・フローレンスの歌に対するひたむきな愛情
・歌はヘタだけど一生懸命歌うフローレンスを見守る周りの愛情

なんだか観ててたくさん愛情に溢れててとっても心が優しい気持ちになった映画♡
愛の形っていろいろなんだな〜

そしてメリルさんの演技は素晴らしすぎます!なにやってもしっくりくる。そして、ヒューグラント様もイケメンでした😭
柊

柊の感想・評価

2.9
これもまた愛情表現のひとつ、なのかな…と思いながら見てました。

傷つけないための嘘、買収行為が正しいこととは思われないけど、正しいとか間違っているとか、そういう倫理観でこの人たち動いてないよね…。とにかくフローレンスのため。

観る前は、フローレンスが劇的に歌が上手くなる映画かと勝手に想像していたけど、違った…。なのでカーネギーホールでのシーンにはびっくりしたし、実話というのにも更にびっくりしました。

サン・サーンスの「瀕死の白鳥」ってマダムフローレンス自身をことなのかなあ…なんて思いながら聴いてしまった。

メリル・ストリープの演技と歌声はすごいなあと思うし、こういう役柄を嫌味なく演じるヒュー・グラントもやっぱりすごいです。
somebody

somebodyの感想・評価

3.7
WOWOW #180115 31本目

偉大なるマルグリットの何倍も良かった。このてのテンションはやはり米映画が得意とする感じかな〜って。
>|