マダム・フローレンス! 夢見るふたりの作品情報・感想・評価

マダム・フローレンス! 夢見るふたり2016年製作の映画)

Florence Foster Jenkins

上映日:2016年12月01日

製作国:

上映時間:111分

3.4

あらすじ

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」に投稿された感想・評価

七麦

七麦の感想・評価

-
音楽を愛しその力を強く信じたマダムフローレンスと彼女に全てを捧げた夫の物語。酷い歌だと嘲笑されても、彼女の歌は真実の声を伝え勇気を与えた。彼女を支えた人間の様々な愛情の形に心打たれる。

夫婦以外にも魅力的なキャラクターがいて、ストーリーにいい味を出してた!そして、笑われても自分の信じたものを貫くこととか、その勇気を持つこととか、勇気をもらった気がした。
Yuka

Yukaの感想・評価

3.3
ハワードを見たかっただけだったけど
思わず笑っちゃう感じだった
せつないのー!
ま

まの感想・評価

3.2
なぜだかすぐに泣いちゃう
私を心から愛してるなら
歌えと言うはずよ
音痴なソプラノ歌手?がカーネギホールで歌う話。
シンクレアは、フローレンスを本当に愛してたんだと思う。心と心で通じ合ってたんだなって、そうじゃないとあそこまでできない。
コズメはへらへらな性格なのか、ただのアホなのかわからないけど、なんで、ピアニストからボディビルに興味持つねん笑

結局、好きなことを信じて、かつ大好きな人に信じてもらって、支えてもらって、どうだろうとカーネギホールで歌ったことはまぎれもない真実。で、この話がまさかの実話笑
観終わった後に、実際の歌声聞くところまでが、作品です。
歌がめっちゃ下手だけど、金持ちゆえにレコード出したり、カーネギーホールでコンサートしたり、やりたい放題やった人、フローレンスさんの話。しかも実話。
音楽にかける情熱は本物で、寄付したり会場作ったりした女性でもある。そして自分の歌唱力も本物だと思っている。
旦那が頭切れる人で、自分の浮気や酷評が彼女へ伝わらないよう色々な手を使って回避するのが見どころ。
劇中描写はないが、実はフローレンスは全て気付いていたんじゃないかと思うと寂しい話にも思える。
侑菜

侑菜の感想・評価

3.8
「それは、いちど聴いたら
クセになる“しあわせ”。」

ニューヨーク社交界のトップとして華やかな毎日を送る一方、ソプラノ歌手を目指して活動しているフローレンス・フォスター・ジェンキンス。
しかし、その歌唱力は音痴というしかないレベルであった。
夫シンクレアは、マスコミを買収したり、理解者だけを集めた小規模なリサイタルを開いたりと、病を抱えながらも夢を追う彼女を支えていた。
そんな中、フローレンスがカーネギーホールで歌いたいと言い始め……。

愛に溢れた映画。
音楽に愛され、多くの人に愛され、そして誰よりも側で献身的に支えた夫の愛。
その愛がまた多くの人に幸せを与えたのではないだろうか。
Kieth

Kiethの感想・評価

3.0
特に何の感動もしなかった…
良い面だけ与えても、いずれバレてしまう
缶詰工場社長の新妻いい役柄ですこ
>|