金メダル男の作品情報・感想・評価

金メダル男2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.2

あらすじ

日本中が東京オリンピックに沸いた1964年、長野県塩尻市に生まれた秋田泉一。幼少時代、徒競走で一等賞の金メダルを獲ったことをきっかけに「絵画コンクール」から「火起こし大会」まで数々の大会で金メダルを獲得し、一躍<塩尻の神童>と呼ばれるようになる。だがそれは、泉一にとって世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指す「金メダル男」への始まりに過ぎなかった。

「金メダル男」に投稿された感想・評価

ウッチャンっぽいなあ、という感じ。
幼少期から初老までを追った、人生ヒューマンドラマ。
このジャンルは個人的に大好物で、ニューシネマパラダイスやフォレストガンプ等もこれに当たる。
有名人がちょい役で次々と出てくるところに有名人監督っぽさが表れている。
ひいき目なしで見ると、落ちなし山なしの淡々とした映画。
ギャグもべたで、BGMも時代背景に沿って流れているのは良いが、どれもスーパーマーケットで流れるような編曲がなされている。権利上の関係だろうか。
細かいあらも目立つ。(あの時代にこんな水着あったっけ?色々と道具揃えてるけどそのお金はどこから?等)
それでも最後までしっかり見られたのは、やはり映画からにじみ出てくるウッチャンの人柄の良さのせいかもしれない。
関根勤監督の「騒音」(地底人がでてくるやつ)を笑って見られる人は、この映画も大丈夫だと思う。

それにしても久しぶりに映画に出てるウッチャンを見たなあ。
恋人はスナイパー・・・はドラマだったかもしれないから、七人のおたく以来だろうか。
ジャッキー・チェンも次はボリウッドで頑張るみたいだし、ウッチャンも次はアクションにぜひとも挑戦してほしいと思うGW終盤だった。
Nachino

Nachinoの感想・評価

3.3
キャストが豪華すぎる!!!
くだらなすぎて笑う系かと思ったけどちょっと切なくなるシーンもあった
foxtrot

foxtrotの感想・評価

3.3
 その当時の流行や時事ネタを盛り込んでるのもそうだが、何より一方的に見知った顔馴染みのある顔があらゆるところにある様が心地良く、そのおかげでひたすらなる挫折と挑戦との繰り返しのテンポが持続するのはもちろん、そのテンポのおかげで結果として得た失敗も成功も積み重ねであるとする過去から現在へと至る繋ぎ、環の描き方が見事なんだよね。良い作品だった。
ヨネ

ヨネの感想・評価

2.5
面白いけど。
内村さん、好きだわぁって思う。
Maple

Mapleの感想・評価

3.0
ムロツヨシがサイコー!
こまじ

こまじの感想・評価

3.1
ちょびっと切ない
Smith

Smithの感想・評価

3.1
その定義は様々であれ、誰もが1等賞=金メダルを取りたい。そしてそれをとれたとしても人生万事塞翁が馬、何が起こるか分からない。そんな人々にとっての普遍的な事実が描かれている。全体的に淡々としており、カタルシス的なものは控えめ。ただ、一貫して暖かなものを感じられる映画だった。
子供の頃一等賞を取れたことから
何かにつけて一等賞を目指す男の人生のお話
>|