金メダル男の作品情報・感想・評価

金メダル男2016年製作の映画)

上映日:2016年10月22日

製作国:

3.2

あらすじ

日本中が東京オリンピックに沸いた1964年、長野県塩尻市に生まれた秋田泉一。幼少時代、徒競走で一等賞の金メダルを獲ったことをきっかけに「絵画コンクール」から「火起こし大会」まで数々の大会で金メダルを獲得し、一躍<塩尻の神童>と呼ばれるようになる。だがそれは、泉一にとって世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指す「金メダル男」への始まりに過ぎなかった。

「金メダル男」に投稿された感想・評価

清野菜名さん歌もいいぞ
motcha

motchaの感想・評価

-
日常生活プラス1ミリの、ふんわりした浮遊感が楽しい。
この手の映画って、簡単そうで、実はかなりしっかりした構成力が必要だと思う。
この監督さんはよく頑張っている。
ご褒美に土屋太鳳とのキスシーンを、そこだけ監督に代わってもよかったくらい。
それくらい頑張ってる。
(170924レンタルBD)
Ryo

Ryoの感想・評価

3.4
子どもが一等とる
次はゴルフ
Linla

Linlaの感想・評価

3.0
ウッチャンの笑いセンスや
映画への思い入れが好きだ。
評論家としてもナイスな目線で
語ってくれたりーってあれは
ミル姉さんか!

なので、笑う犬やLifeで
見せてくれる笑いの世界観を
どうしても期待してしまった~

元々の設定は面白いし
い~お話だな~って印象だけど
悪く言うとダラダラした感じで
メリハリが無いと言うか、、、

ただ随所にウッチャン独特の
ひらめきを感じさせるような
ポイントがあって
一瞬フワ~っとときめく。

表現部?だったけか
あれはなかなかによい部活だと
感心してしまった。

大きな挫折は無くても
細々とした裏切りや憔悴の中、
前向きさを忘れないー
ある意味平凡な男が
何がでイチバンになりたい、
それは誰にでもある願望かも。

プラス思考だったり
ノーテンキだったり
そんな風になれたら
希望は常に着いて来るー

そんな感じの主人公は
ウッチャンにピッタリだった~
POCHI

POCHIの感想・評価

3.2
映画!というより
リアルなコントを
長い間見てる感じ。

笑えるところもあり、
さすが内村。って感じ
出てくる人もチョイ役で凄い人もいたり。

土屋太鳳は謎だらけで
もっと意味が欲しかった。
泰

泰の感想・評価

3.4
内村ワールドで長いコント番組を見てる感じ!
ちょい役に豪華俳優を結構使ってるのがなんか好き。特に竹中直人と大泉洋あたりのキャラが笑えた!

漠然と一番になると言う目標でも何かをつき通すことが大切なんだと思える作品! 何かに挑戦したくなった!!


為になる映画かどうかは微妙やけど、クスッと笑えるところや和やかな気持ちになれるシーンもあるコント映画!
さりお

さりおの感想・評価

4.5
無人島にいるときのウッチャンがウッチャンで笑えた。
一見回り道をしているように見えても、ムダのように見えても、一生懸命な人は魅力的だと思う。
きりん

きりんの感想・評価

3.6
かなりのチョイ役の竹中直人さんに心奪われた。
あと加藤諒のガチでいるウザい奴感がウザかった。
2016年公開
監督 : 内村光良
==
かつて神童と呼ばれた男が、過去にとらわれながらも紆余曲折の人生をなんとか前向きに生きていくお話。

アイデンティティの呪縛の物語。案外、小さいころの「たまたま」の3連続とかで人間は自分の”らしさ”を、深層心理の奥底で規定して、そこに合致するか外れているかで、結構な判断を下しているような気がした。たとえば「戦隊ヒーローだったら何レンジャー??」とか、あーいうのって、結構、引きずってるんじゃないかなと思う。で、大人になってから、なんだか自分を客観視できていない人って、ひょっとすると、そこが何か、結構なズレ幅でズレちゃっているのかもしれないなあと。この物語の主人公も、「金メダル目指さないとダメだ」「団体競技はダメだ」とか、いろんなめんどくさいこだわりのせいで世の中と摩擦して、大変な苦労をして、でも、まあ、それもそれで、幸せなのかもしれないですね。呪縛とはいってみたものの、それこそ、自分らしさともいえるし。そうか、呪縛とは自分らしさである、と。

基本的には内村ワールドなので、内村光良全盛期とテレビっ子時代をともに過ごした自分としては、もはやなつかしささえ感じるような空気。
Manzo

Manzoの感想・評価

3.1
映画大の波乱万丈なコント。役者は全員はまってる。ちょい役が凄い。
>|