ニューヨーク 眺めのいい部屋売りますの作品情報・感想・評価・動画配信

「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」に投稿された感想・評価

sari

sariの感想・評価

3.6
とってもかわいい夫婦のはなし
こんな夫婦になりたい!
Kamiyo

Kamiyoの感想・評価

3.5
2014年 "ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります"

アメリカのロングセラー小説にほれ込んだモーガン・フリーマンとダイアン・キートンが、夫婦役で初共演を果たしたドラマ。

ニューヨーク・ブルックリンのアパートメントの最上階に新婚以来暮らしている画家のアレックス(モーガン・フリーマン)と妻のルース(ダイアン・キートン)。
眺めも日当たりも良く、最高の物件なのだが、エレベーターがないため、アレックスも年齢的に5階までの道のりがきつくなってきた。
そんな夫を気遣い、この部屋を売ることを決断したルース。
妻の考えに承諾したものの、本当は家を売りたくないアレックス。
結局、部屋は売りに出すこととなり
部屋とはその住人の内面世界の表れであり、その人が生きた証。
室内に入った瞬間、その香りが視覚的に伝わってくる見事な美術、
そして部屋から望む風景もまたこの映画の宝物というべき素晴らしいものだった。
アレクッスとル-ス夫婦は特別な人ではなく、どこにでもいそうな男女であるが、黒人と白人の夫婦で彼らが普通夫婦を、それを演じたことが
監督が言いたいことかもしれませんね…
モーガン、ダイアンの手にかかると、わざとらしくなく、
いかにも自然で普通の生活を切り取ったかのように見せてくれる。
若き日のアレックスとルースの出会い、
2人が愛し合うようになる経緯等が時折回想シーンで描かれてゆく。
それらの時代は今から40年前。丁度ベトナム戦争が混迷を極め、
黒人と白人の結婚には偏見があり
ル-スは母親との会話で歓迎されない事に怒りその場を立ち去る場面がある
僕は母親の心情が良くわかる、その後どうなったのかな思う
その場面が印象に残る

ニューヨークの街をダイアン・キートンが闊歩するのは嬉しい
やっぱり彼女にはニューヨークの街が良く似合うし、
知的なイメージのあるキートンが
ニューヨークにいる光景は実に心地よい。
ダイアン・キートンのセンス、着こなしは素晴らしい。
特に帽子。「アニー・ホール」からちっとも変わっていない。
モーガン・フリーマン。「ドライブイング・ミス・デイジー」以来、久々にしみじみとした役柄を演じている。何よりもこの二人の競演が楽しませてくれる。
煌びやかな雰囲気こそないが、主人公二人は都会で暮らす老夫婦としてはかなり恵まれた層で、そこそこリアリティのあるお伽話といったところ。不快な描写や展開は皆無だがかといってものすごく心に残るかというとそうでもない・・・。
ただ確かに年季の入ったあの部屋はなんとも居心地良さげで心惹かれたのと、オープンハウスの流れに物件フェチの血が騒いだ(笑)
Machan

Machanの感想・評価

3.7
40年過ごしてきた家を売ろうとする話。
momo

momoの感想・評価

3.8
いろんなこと同時進行に起こって慌ただしいけど、全体的にはゆったりとした時間が流れてる映画。
素敵な夫婦に、眺めのいい素敵な家。せめて2階とかに移り住めたら最高
eleanor

eleanorの感想・評価

4.2
この夫婦のように互いに向き合うことを自然にできるような誰かと生きられることは、幸せなことなんだなと感じた。

この先何か起きても乗り越えられそうな信頼関係が伝わってくる演技が良くて、ほっこりした〜。理想の夫婦像。

次に家選びをする時は、眺めの良い家を探したいと思った。
こつ

こつの感想・評価

3.2
あんなお互いを思い合っている素敵な夫婦になりたいし、あんな景色のいい家に住んでみたい!!
ただエレベーターがないのはさすがにキツイな、、笑
ゆ

ゆの感想・評価

5.0
すごくいい映画に出会った気がする。二人のお互いに対する愛情とドロシーへの愛情、そして同じくらい家にも愛情を持っていることが終始伝わってきた。歳をとってもこの夫婦みたいな関係性でい続けられたら本当に素敵だと思うなぁ。
売れない画家の夫と元教師の妻が、眺めはいいけど加齢によって階段がしんどくなってきたという理由で家を売り出そうとする話。妻の姪で不動産業をしているリリーが色々サポートをしてくれる。物語は内覧会の前日から始まる。内覧会は色々な客が来るが、大抵がクソ客。勝手にベッドに寝転がったり、家のものを壊す子どもと注意しない親などなど…。

⚠️ネタバレ⚠️
自分達が次に住む家を探しに行くもののあまりビビっとくる家が見つからず、2人の思い出が詰まった今の家を手放すことが惜しくなってしまう。

所々で回想が入っているシーンが素敵。昔から変わらない夫婦の様子。最後はリリーが激怒。結婚相手って重要やなぁって思える映画。家は変えれてもパートナーって変えれんよね。ほのぼの生きるっていいな〜。

〈あらすじ〉
アレックス(モーガン・フリーマン)とルース(ダイアン・キートン)は、アパートの5階の部屋で愛犬と共に暮らしていた。40年暮らした部屋だったが、エレベーターが無い事を苦に感じる歳になり、この部屋を売り、新しい家を探す事にするが…。


熟年層によるドラマ映画がブームの私。またしても当たりに出会えました。
冒頭から何だか良い映画っぽさを感じ見終えた結果、やはり良い映画でした。ありきたりな表現になってしまいますが、その一言に尽きます。2人が醸し出す雰囲気、ブルックリンの街並み、窓から見える風景、好きでした。
エンディングがまた良かったですね✨

モーガン・フリーマンとダイアン・キートンが本物の夫婦の様で見入ってしまいました。
そして何といってもワンちゃんよ🐶演技なの??だとしたら凄い笑

これは間違いなく、これから自分が年を取っていくと共に楽しめる作品だと思う。また見たい。
>|