トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の作品情報・感想・評価

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男2015年製作の映画)

Trumbo

上映日:2016年07月22日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 …

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 再起への道をカ強く歩み出すのだったー。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」に投稿された感想・評価

むせる

むせるの感想・評価

3.6
昔の窮屈な時代を乗り越えてきたからこそ、今の映画界の繁栄があるのかなぁとぼんやり思ったり。

共産主義とか民主主義とかそこまで強い拘りとか偏りはないけど、〇〇だから敵と決めつけてボコボコにするのはちょっと違うのかな。
ストーリーが進むにつれトランボの心情が少しずつ変化していっているところが読み取れた。

良い映画が見れました。
Haruki

Harukiの感想・評価

4.8
信念を貫く姿勢や逆転の発想、天才的な才能を持っていてカッコいい。
それでいて、チャーミングで老獪なキャラクターなのが、人間的な深みを感じる。

「スパルタカス」で本名でクレジットされた時の、誇りを感じる心情が伝わってきた。

ラストのスピーチも、不当な扱いを受けたにもかかわらず、社会全体の不幸として悲しむ姿には心を揺さぶられる。

ブライアン・クランストンの演技は見事すぎる。
飄々としながらもカッコいいトランボを演じきっている。
上映中から気になってた作品。
ローマの休日の脚本家を実際に書いていた人の話。

冷戦時の社会情勢に流されながらも、決して信念を曲げることなく家族と一緒に壁を打破する話。

脚本家なだけあって、会話中の言葉選びのセンスがいい。
最後のスピーチのシーンなんてかなりグッときました。
エルファニング可愛い
しんご

しんごの感想・評価

4.5
映画好きとしてはあの名作の影にこんな壮絶なドラマがあったのかと驚嘆すると同時に、不屈の精神で体制と闘い家族を守り抜いたダルトン・トランボの半生に涙を禁じ得ない。

共産党員のため1940年代の「赤狩り」で職を追われた「ハリウッド・テン」の中心人物であったトランボは後に偽名で「ローマの休日」(53)と「黒い牡牛」(56)を執筆する。そしてこの2作でアカデミー賞に輝いたとんでもない天才脚本家なんだけども、日常から言葉のプロであることを感じさせるウィットある会話がたまらない。「ママは口数が少ない。だからここぞという時に大事な話をすると皆ちゃんと聞くんだ。これは凄い技だ」って娘に言うシーン1つ取っても人に「聴かせる」言葉選びをする本作の脚本術の細かさには恐れ入る。

赤狩り旋風の下自分の名前で執筆ができないトランボはB級映画の糞シナリオを大量にリライトすることでまず生計を立てる。作家性は発揮できず作品も選べずにアイデンティティが埋もれ、家族も守り切れない中で次第に追い詰められ苦しむトランボの「闇」の部分がここでしっかり描かれていたのは素晴らしかった。この要所要所でトランボに追い撃ちをかけるゴシップ記者ヘッダ・ポッターがとにかく憎たらしい。ポッターを演じたヘレン・ミレンは本作でゴールデングローブ賞にノミネートされたが、それも納得の蛇みたいに狡猾で粘着質な芝居は圧巻。

トランボの周りには敵だけでなく味方もいるがその面々もとにかく脇で存分に輝く。トランボを実名起用し彼のキャリア復活に寄与したカーク・ダグラスとオットー・プレミンジャー監督の男気にはもちろん惚れるが、個人的にはB級映画会社社長のキング役のジョン・グッドマンがお気に入り。政治的な思想は何も無くあるのは「金を稼ぎ旨いモノを食べていい女を抱くこと」という彼の主義は俗っぽくて最低な筈だけどなぜか憎めないのはグッドマンのキャラクターに依る所が大きい。トランボを雇うなら新聞に載せて逮捕するぞと脅迫する赤狩り一派に「書いてみやがれ!どうせウチの映画観る奴等は字が読めねぇ!」って言いながらキングがバットを振り回シーンはかなり好きだった。

「スパルタカス」(60)を観た後の寝室でのダイアン・レインの芝居にはこちらも目が潤み、「闘い」の果てにトランボが行った受賞スピーチのシーンでは完全に泣けた。
まりこ

まりこの感想・評価

4.0
こんな裏があったとは
結構前に観た

赤狩りの意味がわからないと意味わからない
のぶ

のぶの感想・評価

-
映画 「トランボ」 50年代アメリカ、赤狩りにあったダルトン・トランボの闘い。ハリウッドにホサれてもとにかく書くことをやめない、それが彼の闘い方。それでアカデミー賞をとってしまうのだから恐ろしい才能だ。陽性な彼と取り巻く深刻な状況とのギャップで笑わせる、今年ベスト候補の一本。
しろ

しろの感想・評価

3.8
知りもしない相手を
悪と決めつけるな

私たちは名前を取り戻した
>|