トランボ ハリウッドに最も嫌われた男の作品情報・感想・評価

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男2015年製作の映画)

Trumbo

上映日:2016年07月22日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 …

第二次世界大戦後、赤狩りが猛威をふるうアメリ力。その理不尽な弾圧はハリウッドにもおよび、売れっ子 脚本家トランボは議会での証言を拒んだという理由で投獄されてしまう。やがて出所し、最愛の家族のもとに戻るトランボだったが、すでにハリウッドでのキャリア を絶たれた彼には仕事がなかった。しかし友人にこっそり脚本を託した『口ーマの休日』に読き、偽名で書いた 別の作品でもアカデミー賞に輝いたトランボは、 再起への道をカ強く歩み出すのだったー。

「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男」に投稿された感想・評価

むせる

むせるの感想・評価

3.6
昔の窮屈な時代を乗り越えてきたからこそ、今の映画界の繁栄があるのかなぁとぼんやり思ったり。

共産主義とか民主主義とかそこまで強い拘りとか偏りはないけど、〇〇だから敵と決めつけてボコボコにするのはちょっと違うのかな。
ストーリーが進むにつれトランボの心情が少しずつ変化していっているところが読み取れた。

良い映画が見れました。
やはり赤狩り絡みのエピソードでいうと20年位前のエリア・カザンがオスカー名誉賞授賞時のリアクションが強く印象に残っていて根深さを感じた。

共産主義がなぜ当時のアメリカにとってそこまで脅威とされていたか、若干の分かりにくさはあったけれど、すごく見ごたえがあった。

中でも、最後は政治的な思想や信念というよりも個人的な怨みでトランボを排除しようとしているようにしか見えないヘレン・ミレン演じる記者の存在感が強い。
知るか知らないかが大事で、それを教えてくれる良い映画。
生きる為に何が必要か。
そのことを考えた。
食う為か高く飛ぶ為か。
カモメのジョナサンを思った。

にしても、日本にもいますね。
今は特に。
安全地帯から居丈高に物申す者。
私の会社にもたくさんいます。
和夏

和夏の感想・評価

4.0
才能があるだけではなく、映画に対する強い意志もあり、守るものもある。だからこそ、名作をいくつも作れたのだと思う。
映画好きにはたまらないだろうが、そうでなくても仕事に対する熱や家族愛も伝わってくるので、大丈夫だろう。
個人的には、トランボがカッコイイことと、映像がレトロでお洒落だということだけで、ポイント高かった。
おり

おりの感想・評価

3.8
82
思想の強さと信念の揺るぎなさ。
奢りでなく、「永遠に闘い続ける」と宣言できる力強さ。冷戦じたい馴染みが薄かったけれど、こんな戦いがあったなんて知りませんでした。
りたお

りたおの感想・評価

3.4
まず、この内容で評価3.9を出しているfilmarksリテラシー高すぎすごいw

主義、思想とかいいじゃんねって思うけど。こういうのどんどん広まっていって同じ失敗繰り返さないようにしなきゃなのに!!
もっともっと作品観たかった。
R

Rの感想・評価

-
してやったり
なんだかんだ映画が好きなんだな
良いものが作りたいという
素敵な奥さんやな
なぐ

なぐの感想・評価

4.0
ローマ休日についての町山さんの評論を聞いてから知ったダルトントランボの存在。
そのトランボを主人公とした映画が去年公開されていたなんて!!
ローマの休日、スパルタカス等をもう1度見直さねば
haruharu

haruharuの感想・評価

4.0
まさに天才脚本家であり映画界の宝って感じでした。この人が騒動に巻き込まれずに脚本を書くことに集中して向き合えていたらもっと多くの名作を生み出していたのではないかなぁ...なんて思ったり。
>|