ファブリックの女王の作品情報・感想・評価

ファブリックの女王2015年製作の映画)

Armi elää!

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:85分

2.8

あらすじ

1951 年、戦後間もないフィンランドで、高い理想を持って<マリメッコ>を立ち上げ、 瞬く間に世界的なブランドへと押し上げた女性、アルミ・ラティア。ファブリックのデ ザインにとどまらず、人々の幸せな未来のために、ライフスタイルをも変えようとした アルミの「何をも恐れない」バワフルで波瀾万丈な人生を、彩り鮮やかに描く。

「ファブリックの女王」に投稿された感想・評価

本棚

本棚の感想・評価

3.3
2016.07.14
まきゃ

まきゃの感想・評価

3.1
フィンランドに行く途中に🇫🇮
アルミの重たさを知った上で、現地でのマリメッコの愛されを見て、明るいポップなイメージのブランドだけという印象が変わった。ライフスタイルの提案
宮崎

宮崎の感想・評価

4.5
「一大ブランドを築いたスーパーウーマン」っていうありきたりな切り取りで終わらせないで、彼女に対する理解の葛藤とかをちゃんと提示していて、エンタメで終わらせない作り方がすごい好き。

演出もカッコイイ!!

このレビューはネタバレを含みます

北欧旅行に行くので鑑賞
マリメッコの創立者についてやマリメッコの企業軌跡のドキュメンタリーを想像してたので、びっくり……
舞台のような演出で、マリメッコ創立者とそれを演じている女優の葛藤の2つを軸にストーリーは展開していきます。
シャネルやカールラガーフェルドのファッション伝記映画の感じを想像しないで観たら楽しかっただろうな……

このレビューはネタバレを含みます

まず、舞台を映画にしてることも、作り上げてる最中をも作品の一部にしてしまうのもドキュメンタリーのようで、映画のようで、舞台だったから面白かった。

無かったものを確立させていくのって本当に大変。
この点においてアルミがマリメッコを確立させていくことと、ミナがアルミを演じることがシンクロしてるんじゃないかなって思った。
ただ個人的にアルミのような性格は嫌いです笑
uringo

uringoの感想・評価

3.5
独特な手法の映画だった!
フィンランド語って思ったより強い発音なんだなと思った👀
そして、英語圏の人とはまたちがったメンタリティなんだということがよくわかった。

フィンランド人がマリメッコをいかに大切に思っているのかがよくわかった!
nr

nrの感想・評価

2.0
北欧らしい暗い映画だった。主人公が破天荒というか怒鳴ってばかりなのが耐えられなくて最後寝てしまった。現実的な重みのお話。
ntm723

ntm723の感想・評価

3.2
マリメッコ&フィンランド好きなので、これはこれはと観に行った。
普通のマリメッコの創業者の伝記映画を想像してたらえらいがっくりすることになるやろうけど、なんやろな、観たのがみなみ会館やったからかな、割と違和感なく観れた。
劇中劇という斬新な構成で、そんなにマリメッコのデザインがわんさか出てくるような華やかな映画ではないけど、私的にフィンランドってどストレートな表現をするイメージではないので納得いく。
あ

あの感想・評価

2.1
アルミ役を演じる役を演じる、という二重構造が単純に分かりにくかった
y

yの感想・評価

-
舞台を観ているようで面白い演出だった!

理想と現実の間で葛藤しながら、戦後を必死に生きた女性経営者のお話。

マリメッコ村って考え方が社会主義っぽい~っていう台詞が、時代を考えると面白い。ソ連さん。

マリメッコというよりは、フィンランド映画。画面が灰色で、哲学的な作品でした。

マリメッコのテキスタイルのような華やかさを期待して観ると、かなり評価は低そう! まあ、裏を返せば、彼女のブランド戦略は成功しているってことなのではないてしょうか。経営者も変わっているので、わからないれど。
>|