ファブリックの女王の作品情報・感想・評価

ファブリックの女王2015年製作の映画)

Armi elää!

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:85分

2.8

あらすじ

1951 年、戦後間もないフィンランドで、高い理想を持って<マリメッコ>を立ち上げ、 瞬く間に世界的なブランドへと押し上げた女性、アルミ・ラティア。ファブリックのデ ザインにとどまらず、人々の幸せな未来のために、ライフスタイルをも変えようとした アルミの「何をも恐れない」バワフルで波瀾万丈な人生を、彩り鮮やかに描く。

「ファブリックの女王」に投稿された感想・評価

こんな生き方は疲れるだろな
Natsumi

Natsumiの感想・評価

2.3
マリメッコの創業者ってこんな人だったんだ〜。
ほぅ。って感じ。
yusuke0516

yusuke0516の感想・評価

2.7
もうちょいドキュメンタリーぽく頼む
せん

せんの感想・評価

-
映画館で観ようと思っていたのに
観る機会を逃していた作品。

予想を裏切る斬新な設定。
お洒落なのかダサいのか
よくわからなくなる映像。
フィンランド語が心地よかった。

全体的に掴めそうで掴めないまま
終わってしまった。
LOVE肉球

LOVE肉球の感想・評価

3.5
マリメッコの創始者の伝記的なストーリーを想像していたら、裏切られました。
舞台でマリメッコ創始者のアルミを演じるマリアを通して見たアルミのストーリー、という複雑な設定で、アルミを表現。
我儘で、傷つきやすく、不安定で、感情的なアルミは多分経営者というより、デザイナーかクリエイターなのでしょう。波瀾万丈だけど、自ら破滅を呼び寄せるような生き方に共感はあまりありません。
でも、不思議とチャーミングで引き込まれる。
映画自体もそんな感じでした。
KUNI

KUNIの感想・評価

2.0
2017-035
マリメッコ創設者の話。映画の中で演劇をやって再現しつつ説明を加えていくという斬新な手法がなんとまぁ退屈な(笑)どれが演劇かどれがリアルかあやふやになるし分かりにくい。
仕事ばっかやってた自分勝手な女の人。しか分かんない。ダメ。
フィンランド語を初めてじっくりと聞いた。固い音だなと思った。マリメッコが広まったのには時代とマッチしたからなんだとわかった。アルミの苦悩はあまり伝わらなかった。短いからかな。
なつ

なつの感想・評価

2.9
近所の美術館でマリメッコ展が開催中で観に行こうか迷い中だが、これを見てさらに観に行くかどうしようか悩む。北欧デザインは嫌いじゃないけど使いこなす自信もないし。マリメッコとは関係ないが舞台リハーサル中の主演女優と娘役の女優が着ていたオーバーサイズのセーターがとても良かった。収穫はそれくらい。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

1.5
フィンランドを代表するブランド「マリメッコ」の創業者、アルミ・ラティアの半生を描いた伝記映画。個人的にも嫌いではなくヘルシンキの店で買い物した経験もあるだけにその考え方や頭角の現し方に大いなる興味があったが、結局この映画を観たことでさらによく判らなくなった印象あり(笑)。あの唯一無二のデザインがどうして誕生したかなどにはほとんど触れられず、創業者を演じる女優の話という狙いすぎた設定でわけわからん状況が続き何一つ面白さがなく、唯一わかったのは創業者の(ジョブズにも通じる)人でなしっぷりだけ。これじゃあファン増えないよな...
>|