ファブリックの女王の作品情報・感想・評価

ファブリックの女王2015年製作の映画)

Armi elää!

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:85分

2.8

あらすじ

1951 年、戦後間もないフィンランドで、高い理想を持って<マリメッコ>を立ち上げ、 瞬く間に世界的なブランドへと押し上げた女性、アルミ・ラティア。ファブリックのデ ザインにとどまらず、人々の幸せな未来のために、ライフスタイルをも変えようとした アルミの「何をも恐れない」バワフルで波瀾万丈な人生を、彩り鮮やかに描く。

「ファブリックの女王」に投稿された感想・評価

こんな生き方は疲れるだろな
れぼこ

れぼこの感想・評価

3.3
ファッションや雑貨を手がけるフィンランドのブランド「マリメッコ」の創業者アルミ・ラティアの生涯を描き出す伝記ドラマとなります。

時代の最先端をゆくブランド。
その裏側を垣間見ることができます。
何かを成し遂げてきた成功者にも、それに比例するだけの苦労の連続というのは付き物ですね。
波乱万丈でなければ、孤独にも耐えられるくらい強くなければ、何かを残すことなどできない。

作品として面白さを感じる映画ではありませんが、歴史を知る、ファッションを目で楽しむという点では期待に応えてくれるのではないかと思えます。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

2.0
すべてが中途半端なかんじ🤷
海老天

海老天の感想・評価

3.0
何故理解に難い映画を2作連続して選んだのか⁉︎自分が謎。好きなのかな…。
1番最初のショーが本当に素敵。彼女は見ていてとても不安定な気持ちになるけど、一貫としていないって誰の人生にも言えることだと思います。
ami

amiの感想・評価

3.4
総体的に評価低いけど、私的には、ファッションに、経営に、とにかくマリメッコというブランドに毒されてしまったアルミを、また1人の女優がアルミに毒されながら演じているのが割と好みだった。
去年マリメッコ展みにいって、女性のための新しい服だと思ったらその辺には全く触れずアルミのアル中話だった。
しっぽ

しっぽの感想・評価

2.5
マリメッコが好きだけど、マリメッコの創始者は特に好きではないと分かった映画。
マリメッコの魅力は全く伝わらないし、なぜ映画にしたのか疑問。
モヌケ

モヌケの感想・評価

4.9
舞台×ドキュメンタリーのような、不思議な映画。けど面白かったです
とにかく、沢山のファブリックが普通に出てくる訳ではなく本当工夫されて演出されていると感じました。
マリメッコ愛。めっちゃ感じました❣️
みき

みきの感想・評価

1.1
部屋中マリメッコなわたしですがこの評価。ファブリックやドレスが可愛いな〜ってそこだけ観れば良いけど。
舞台?ドキュメンタリー?よく分からない流れ。
massie

massieの感想・評価

1.5
マリメッコ男子として評判が悪いことを知りながら鑑賞したんだけれども…これは…。劇である必要性は皆無だし、マリメッコのデザインの素敵さは消し去られてるに等しい。波乱万丈の創始者の歴史や人となりは自分でWikipediaでも読んだ方が脳内で鮮やかに描き出される。
>|