ファブリックの女王の作品情報・感想・評価

ファブリックの女王2015年製作の映画)

Armi elää!

上映日:2016年05月14日

製作国:

上映時間:85分

2.8

あらすじ

1951 年、戦後間もないフィンランドで、高い理想を持って<マリメッコ>を立ち上げ、 瞬く間に世界的なブランドへと押し上げた女性、アルミ・ラティア。ファブリックのデ ザインにとどまらず、人々の幸せな未来のために、ライフスタイルをも変えようとした アルミの「何をも恐れない」バワフルで波瀾万丈な人生を、彩り鮮やかに描く。

「ファブリックの女王」に投稿された感想・評価

こんな生き方は疲れるだろな
カラフルなマリメッコのテキスタイルとは対称的に、北欧らしい暗めな映像。ストーリーもサクセスストーリーというよりかは、主人公のダークな部分に焦点が当てられていた。セリフも少なめなので、眠くなってしまうかも。
RyoTaguchi

RyoTaguchiの感想・評価

4.0
マリメッコ好きには評判悪いようだけど、斬新で誠実な良作。(マリメッコ好きです)
マリメッコを作った人の舞台の映画っていうのが新鮮で楽しかった
映画なんだけど、どことなくセットとか照明とかが演劇っぽくて好き
お気に入りは、ファッションショーのダンスのシーン
Nanami

Nanamiの感想・評価

2.0
ブランド 「マリメッコ」の華やかな柄と、アル中 不倫 自殺未遂、創始者アルミの人生のギャップ、振り幅が大きい。

ブランドなのに着飾らず、アルミの人生を描いているからマリメッコのアルミへの敬意を感じる。

前半ショーのシーンが可愛いすぎる!
何回も見たい。
Murnor

Murnorの感想・評価

3.0
新感覚
たろ

たろの感想・評価

3.7
マリメッコの柄からは想像しにくい、現実的で暗めの劇中劇

平均評価が低めなのは、マリメッコを好きな人があの世界観やバックボーンを期待して観るからかと

戦後の、女性ばかりで新しいブランドを生み出す困難は割とさらっと描かれてて、
とにかく主人公アルミ個人の弱さや苦悩、イっちゃってる部分の描写が主だった

それでも舞台のような見せ方は面白くて、
女性、デザイナー、経営者、いろんな顔で上がり下がりする彼女は見応えがあった
映画版舞台みたいな感じで
ホールみたいな所でセットが変わり
マリメッコのおばちゃんのエピソードをおばちゃんが演技している映画。
一回目のショー可愛かったなぁ。
マリメッコのおばちゃんは、旦那からさしだされた花噛みちぎるしヒステリックババアなときがよくあった。
けど、これはマリメッコのおばちゃんの映画やからそう酷く感じただけかもしれへんくてもしかしたら旦那も旦那なんやろなぁ。妊娠したくないのにさせられたりなぁとか思いながらみてた。
Kate

Kateの感想・評価

3.6
才能は何にも変えられない。もし彼女の描写が現実のものであったのなら、どうしてこれほど自分勝手な人間が世界的に一流のブランドを作ることができたのかと恐れ入る。才能無くしては彼女がそのような行動をとらなかったとも思うが、才能があったからその人生も様々な人に支えられてきた。アルミを演じるマリアがその才能に惹かれながらも拒絶さえする点から全編通して鬼才とも言えよう才能の大きさを表しているようだ。
mucchi

mucchiの感想・評価

-
よくわからんかったな。
>|