ドクター・ストレンジ:1回目バナー
  • Filmarksトップ
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシアの感想・レビュー

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア(2015年製作の映画)

上映日:2015年10月31日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    今西隆志
    脚本
    隅沢克之
    キャスト
    池田秀一
    潘めぐみ
    浦山迅
    銀河万丈
    三宅健太
    渡辺明乃
    喜山茂雄
    沢城みゆき
    茶風林
    恒松あゆみ
    あらすじ
    宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。 そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。

    「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2015/11/14
    3.0
    ドラマチックな盛り上げにこだわりすぎだし芝居もやたら仰々しい。駆け足すぎてラストも盛り上がりに欠ける。尺が足りてない気が。でもおれたちのランバ・ラルがカッコ良すぎるのとハモンさんがエロ美しすぎるので良し!

    セイラに寄った話なのはいいけどシャアの内面をほとんど描かないのは不満。というか池田秀一の声がシャアに合ってないというまさかの事態に戸惑いを隠せません。でもモビルワーカーは良いよ。ああいう重機っぽいの好き。

    ハロが市販品であるというのは公式設定のようで、今作でその認識は広まったんじゃなかろうか。おれもアムロが自分で作ったんだとずーっと思ってました(かなり改造はしたらしいが)。 しかし最後の最後、まさかそう来るとは…
    てつへい
    てつへいの感想・レビュー
    2日
    3.0
    特別ガンダムが好きではない私ですが、それでも知ってるシャアアズナブルの誕生秘話のようなドラマ?第二弾。
    シャアの声がシャアのまま幼少期を演じるというのがなんとも慣れないのですけれど、チビアムロも出てきます。

    試作機、モビルワーカーなるものが登場。ロマンですね。
    井手脇教貴
    井手脇教貴の感想・レビュー
    2017/05/18
    3.6
    観たお。
    ドリーム
    ドリームの感想・レビュー
    2017/05/07
    3.5
    一作目の「青い瞳のキャスバル」が面白く、続きが気になり観賞しました。

    舞台は3年後。
    キャスバル…刺々しくダース・ベイダーのようです。
    もしかして、シャアはキャスバル?なのかな…
    原作をあまり知らず、すみません。
    かなり私的には面白いです!
    かま
    かまの感想・レビュー
    2017/05/07
    3.7
    記録
    みこ氏
    みこ氏の感想・レビュー
    2017/05/07
    3.1
    池田秀一さんの少年声は正直微妙だけど、やっぱり「これぞシャア!」って思う
    池田秀一さんに一度お会いしたい

    モビルスーツの試作機は胸熱
    nagaoshan
    nagaoshanの感想・レビュー
    2017/05/02
    3.5
    今西隆志監督作品!

    更にドラマチックになっていく2作目!

    キャスバル少年と妹アルテイシアの逃避行から、実の母親の死の知らせを知ったキャスバルが、ついに復讐の旅に出るまでのストーリー!

    シャア・アズナブルの名前の由来やら、後のストーリーに繋がる伏線もありつつ、アルテイシアとの哀しい別れまで一気に進んでいきますねー。
    時間も短いので、原作知っていても充分楽しめます。

    しかし本物のシャアのキャラはイメージと違い笑でしたね〜(^ ^)
    次回からのシャアの活躍が楽しみになりました!
    良か映画!
    クリック
    クリックの感想・レビュー
    2017/04/29
    -
    記録
    とも
    ともの感想・レビュー
    2017/04/25
    3.6
    第1章から3年後。地球圏でマス家の養子となり、エドワゥ・マス、セイラ・マスと名を変え成長したキャスバルとアルテイシア。共に地球に降りたジンバがキシリアにより殺害され、物語は風雲急を告げる。

    今作でもランバ・ラルとハモンが見られるのは嬉しいし、ガイア・オルテガ・マッシュの3名も引き続き登場する。ランバとドズルの会話のやり取りもファンなら必見だし、何よりもミライ・ヤシマ、いやそれよりも、幼少期のアムロが登場した事に、何故だか涙腺を刺激された。これが俗に言うファンなら感涙モノって言うヤツだろう。

    MSの前身である、モビルワーカーの開発に携わるランバ。これが後のグフに繋がる伏線だと思うとワクワクしてしまう。そしてドズルの事を好きになってしまった自分がいる。いやぁ、面白いよこれ。ドラマチックで。

    エドワゥ・マスと言う若き日のシャアを演じた池田秀一の無理してる感や、同じく幼少期のアムロの声を担当した古谷徹には、観ているこちらと同種の呪縛から逃れられない痛々しさを感じるが、やはり他者がその声を担当するよりは全然良いとは思う。

    舞台は地球からサイド5、テキサスコロニーへと移り、母であるアストライヤの死が、キャスバルをザビ家復讐へと駆り立てる。前章よりさらに人物ドラマに重点が置かれ、MSは全然出て来ない。しかしそれだけがこのシリーズの良さでは無いと、改めて実感させてくれた第2章でした。
    大くん
    大くんの感想・レビュー
    2017/04/23
    3.2
    1作品目がたいへん良かっただけにかなり失速した作品だと感じてしまう!無理矢理1と3の間に繋ぎとして入れてしまった感じです!全く悪い訳ではないのですが少し残念さは残ります!
    >|