機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシアの作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア2015年製作の映画)

上映日:2015年10月31日

製作国:

3.4

あらすじ

宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。 そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつ…

宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。 そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア」に投稿された感想・評価

ドラマチックな盛り上げにこだわりすぎだし芝居もやたら仰々しい。駆け足すぎてラストも盛り上がりに欠ける。尺が足りてない気が。でもおれたちのランバ・ラルがカッコ良すぎるのとハモンさんがエロ美しすぎるので良し!

セイラに寄った話なのはいいけどシャアの内面をほとんど描かないのは不満。というか池田秀一の声がシャアに合ってないというまさかの事態に戸惑いを隠せません。でもモビルワーカーは良いよ。ああいう重機っぽいの好き。

ハロが市販品であるというのは公式設定のようで、今作でその認識は広まったんじゃなかろうか。おれもアムロが自分で作ったんだとずーっと思ってました(かなり改造はしたらしいが)。 しかし最後の最後、まさかそう来るとは…
戦闘シーンは少な目。
nello

nelloの感想・評価

1.5
青年期のエドアウ(キャスバル)の声に物凄い違和感。まぁ、これは仕方ない。
でもね、潜伏生活している割にエドアウの破天荒な行動って……育ち悪すぎだろ。

で、シャアとの運命の出会い……。

あのさ、顔が瓜二つとか何のギャグだよ。
都合良すぎてゲンナリするわ。しかも颯爽とあらわれた割に中身が粗忽なヘボキャラって……。
ぷよ

ぷよの感想・評価

3.3
いろんなキャスバルが見られるキャスバルPV。
スペインキャスバル、カウボーイキャスバル、旅立つトレンチコートキャスバル・・・
私は池田秀一さんの声を世界で2番目に素晴らしいと思うけれどさすがに少年は無理か・・・
ただ、安彦良和の絵のまま動くキャラクターは古今東西のキャラの中で随一の美男子さ!
30年前なら日本中の乙女が恋したでしょう。
アルテイシアも品良く美しくハウス名作劇場のようです。
次回から話が大きく動きます。
ますます楽しみです。
kuu

kuuの感想・評価

-
過去鑑賞記録
yuzuki

yuzukiの感想・評価

3.3
シャアになる前の話。

面白いよ、本当に。
ザビ側、ラル側、キャスバル側の話がうまく混ざって展開されているし、ファーストガンダムの人間もちょこちょこ登場してる。

展開もいいテンポだし、「どうなるんだ?」ってハラハラ出来るから観ていて飽きない。

全体尺も約1時間だから、観やすいしね。
これぐらいが観やすいよなぁ
F.Masashi

F.Masashiの感想・評価

4.0
キャスバル兄さんがダークサイドに堕ちて行く。。。
>|