機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシアの作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア2015年製作の映画)

上映日:2015年10月31日

製作国:

3.4

あらすじ

宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。 そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつ…

宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。 そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア」に投稿された感想・評価

ドラマチックな盛り上げにこだわりすぎだし芝居もやたら仰々しい。駆け足すぎてラストも盛り上がりに欠ける。尺が足りてない気が。でもおれたちのランバ・ラルがカッコ良すぎるのとハモンさんがエロ美しすぎるので良し!

セイラに寄った話なのはいいけどシャアの内面をほとんど描かないのは不満。というか池田秀一の声がシャアに合ってないというまさかの事態に戸惑いを隠せません。でもモビルワーカーは良いよ。ああいう重機っぽいの好き。

ハロが市販品であるというのは公式設定のようで、今作でその認識は広まったんじゃなかろうか。おれもアムロが自分で作ったんだとずーっと思ってました(かなり改造はしたらしいが)。 しかし最後の最後、まさかそう来るとは…
つね

つねの感想・評価

3.0
青年シャアの声に違和感…いや、本人なんだけど。
大貫

大貫の感想・評価

3.5
ガルマ、なんか甘やかされてる。
キャスバル、才能が見え始める。

ちょっとずつロボが出始めてきた。

若きランバ・ラル、好き。
人生が変転する瞬間。たまらん。
そうか、シャアはこうして生まれていったのかっ!
逃げ出してから3年後の話。
キャスパル(シャア)は、士官学校に入学するシャア・アズナブルと出会う2作目。
アルテイシア可愛そう
WEST

WESTの感想・評価

3.0
本当にいい人ばかり。
地球もコロニーも関係なく、人は人であるという扱いをみんながしてくれていて、本当にこの先この兄妹の運命を思うと不憫で仕方ない。
ファーストを見終えていないので、シャア・アズナブルが別人だってことを知らず驚きました。この人もこのあと人生を変えられてしまうということですよね・・・

今回は一方的に悲しい苦しい内容ばかりで、盛り上がる所はあまりないけど、次がすごく楽しみです。
あ、青年キャスバルの声がご本人なのに微妙w
>|