機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシアの作品情報・感想・評価

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア2015年製作の映画)

上映日:2015年10月31日

製作国:

3.4

あらすじ

宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。 そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつ…

宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。 そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。

「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア」に投稿された感想・評価

ドラマチックな盛り上げにこだわりすぎだし芝居もやたら仰々しい。駆け足すぎてラストも盛り上がりに欠ける。尺が足りてない気が。でもおれたちのランバ・ラルがカッコ良すぎるのとハモンさんがエロ美しすぎるので良し!

セイラに寄った話なのはいいけどシャアの内面をほとんど描かないのは不満。というか池田秀一の声がシャアに合ってないというまさかの事態に戸惑いを隠せません。でもモビルワーカーは良いよ。ああいう重機っぽいの好き。

ハロが市販品であるというのは公式設定のようで、今作でその認識は広まったんじゃなかろうか。おれもアムロが自分で作ったんだとずーっと思ってました(かなり改造はしたらしいが)。 しかし最後の最後、まさかそう来るとは…
凡努

凡努の感想・評価

4.4
モビルスーツの前身のものが出てきて、ここから始まったんだなとしみじみ思う。

シャア・アズナブルってここから来たなんて、知らなかった。
キャスバルがどんどん赤い彗星に近づいていく様子の描き方が上手い。
今作はなかなか辛い展開が続いたな…。
morft

morftの感想・評価

3.3
うーむ。面白い。緩急つけてジワジワくるね。モビルワーカーのくだりも興味深い。
シャアとキャスバル。
えっ?
知らない事って結構あったんだな。

ランバラル最高!
割とのっぺりした話だった前作と比べて張合いのある展開でした。
本物のシャアの声を関俊彦さんが担当されていたのが印象深かったです。
キャスバルが変化するシーンの描き方は流石でしたね。
SZissie

SZissieの感想・評価

3.0
エドワウとシャアがいきなり仲良しの場面は、動画で見るとさすがに違和感あった。ほっとしてたアルテイシアには悪いけど。引き続きランバ・ラルとハモンさんが最高。そしてモビルスーツならぬモビルワーカー、カッコいい。。。以降の戦闘シーンに期待感高まる。
哀しみが深い
錆犬

錆犬の感想・評価

-
2017/08/09 amazonビデオ
>|