• Filmarksトップ
  • 機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシアの感想・レビュー

機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア(2015年製作の映画)

上映日:2015年10月31日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    今西隆志
    脚本
    隅沢克之
    キャスト
    池田秀一
    潘めぐみ
    浦山 迅
    銀河万丈
    三宅健太
    渡辺明乃
    喜山 茂雄
    沢城みゆき
    茶風林
    恒松あゆみ
    あらすじ
    宇宙世紀0071年。サイド3、ムンゾ自治共和国を脱出して3年。ジオン・ズム・ダイクンの遺児であるキャスバルとアルテイシアの兄妹は、ジンバ・ラルと共に地球に逃れ、テアボロ・マス家に身を寄せており、エドワウとセイラという名で平穏に暮らしていた。だが、彼らを追うザビ家の魔の手が、再び迫りつつあるのであった…。 そのころ、サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ザビ家が実権を掌握し、支配体制を固めつつある一方、地球連邦軍に対抗するための新兵器、モビルワーカーの開発に着手していた。

    「機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア」に投稿された感想・レビュー

    てくのすけ
    てくのすけの感想・レビュー
    2015/11/14
    3.0
    ドラマチックな盛り上げにこだわりすぎだし芝居もやたら仰々しい。駆け足すぎてラストも盛り上がりに欠ける。尺が足りてない気が。でもおれたちのランバ・ラルがカッコ良すぎるのとハモンさんがエロ美しすぎるので良し!

    セイラに寄った話なのはいいけどシャアの内面をほとんど描かないのは不満。というか池田秀一の声がシャアに合ってないというまさかの事態に戸惑いを隠せません。でもモビルワーカーは良いよ。ああいう重機っぽいの好き。

    ハロが市販品であるというのは公式設定のようで、今作でその認識は広まったんじゃなかろうか。おれもアムロが自分で作ったんだとずーっと思ってました(かなり改造はしたらしいが)。 しかし最後の最後、まさかそう来るとは…
    TallowMurakami
    TallowMurakamiの感想・レビュー
    3日
    3.8
    シャアの真実が凝縮。しかし前作からキャスバルはニュータイプでは無く異端児、サイコパスなのだと言う事は更に確信した。
    さて、どうなることやら。
    あ
    の感想・レビュー
    2017/04/14
    3.2
    しんどい
    シンヘニ
    シンヘニの感想・レビュー
    2017/04/06
    3.6
    2015/11/06 20:00
    ntrec
    ntrecの感想・レビュー
    2017/04/01
    2.0
    ドタバタ辻褄合わせ過ぎ?
    勿体ないなぁ
    永坂義明
    永坂義明の感想・レビュー
    2017/04/01
    3.2
    シャアの過去。
    ファースト見返したい。
    はにこ
    はにこの感想・レビュー
    2017/03/22
    3.5
    記録
    Yukenz
    Yukenzの感想・レビュー
    2017/02/25
    3.4
    前作と自作を繋ぐ作品との印象
    izumo
    izumoの感想・レビュー
    2017/02/21
    -
    キャスバルからシャアになるまでの、苦難に満ちた経緯が描かれる。
    キャスバルが、というかアルテイシアの不憫っぷりに心が痛む。
    やぎ
    やぎの感想・レビュー
    2017/02/12
    5.0
    宇宙世紀さいこー
    >|