愛しき人生のつくりかたの作品情報・感想・評価

愛しき人生のつくりかた2015年製作の映画)

Les Souvenirs

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

パリの小さなアパルトマンに暮らすマドレーヌは、クリスマスを控えたある日、最愛の夫に先立たれた。3人の息子を育て上げ、ささやかだけど充実した人生を過ごしてきたマドレーヌは、ひとりになって初めてゆっくりと自分の人生を振り返り始める。そんなある日、マドレーヌはある夢を実現するため突然パリから姿を消した。親友のように仲の良い孫のロマンは彼女を探す旅に出る。手掛かりは祖母の想い出のどこかにあるはず…。

「愛しき人生のつくりかた」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.2
結果的には高評価になったのだけれど、なかなか悩ましい。もう少し時間を掛けてパパのマザコンぶりや夫婦の不仲、お婆ちゃんと孫の触れ合い、同居人の事情などを丁寧に描けばもっと良くなったのではないかと惜しまれる。その意味ではカラッとした感動をこそ与えれど、観終えた後になにも残らない映画なのかもしれない。とは言えところどころ気が利いており、フランス人ならではの(?)エスプリを発揮させた映画であるとも思われる。台詞回しも悪くはないし、チョコバーを薦める店員の存在感がハードボイルドでそのあたりもあってこの点数になった。このコンパクトさだからこそ魅力があるのかもしれない反面、もっと丁寧に時間を掛けるべき素材でもあったのではないかと思ってしまうのは、あるいは如何にも「お涙頂戴」的な演出が過剰な映画に慣れてしまった人間だから持ってしまう我儘なのかもしれないのだが……?
ひかる

ひかるの感想・評価

4.0
高齢化問題を発端にした1つの家族のお話。
チョコバーのおっさんが良いキャラしてた。
恋愛や郷愁、死生観なお話がコンパクトにまとまっていた。
ゆったりした音楽・雰囲気な映画を見たいときに良いと思います。
素敵な家族の話で、ほっこりした
シバキ

シバキの感想・評価

3.0
ゆったりとした雰囲気で、フランス映画だなって感じ。

サービスエリアのおじさんが個人的にツボすぎて、感想全部持ってかれました(笑)
優しい映画!音楽もとてもよくて合ってるし景色も綺麗。最後の歌も雰囲気が合ってる。

ロマンいい人すぎ!こういう人になりたい。
ロマンがおばあちゃんに2人で旅行に行こうと話しかけるシーン(話の内容)でかなり評価が爆上がりしました。よくぞあのセリフを入れてくれた!一気に感動しました。

それとサービスエリアの店員さん最強だった。いきなり質問されて答える店員さんもいい人!笑
真夕

真夕の感想・評価

3.0
やっぱBGM少ないやつ無理
ほ

ほの感想・評価

3.6

ー遺言書ー
ばあちゃんの遺産は全部孫のロランに譲ります(^o^)/


じいちゃんに先立たれたのをきっかけにホームに入居させられたばあちゃん。
しがない郵便局員として定年まで勤め上げたパパ。
優柔不断なパパにイライラしがちなママ。
作家志望で進路も恋も模索中の孫。


どこにでもありそうな家庭のちょっといい話。

孫のロランくんがおばあちゃんっ子で優しすぎる。

ポケモンはフランスでも人気。

パリ凱旋門北東に実在するロケ地は訪れたくなる。


「マドモワゼル、貴女は美しすぎて二度と空いたくない。」という名言か迷言かよく分からないけどキザなセリフを一度使ってみてはどうでしょうか。笑
かめ

かめの感想・評価

3.6
いろんな人の思いと過ぎていく時間が、絡まり絡まり合っていた映画だった。
どの情景をとっても、街並みと自然が綺麗で時間さえあればフラ〜っとこんなとこに一人でぶらぶら行ってみたいなと。
個人的にパパ三兄弟がみんな禿げてて、多分作者的には直接的にいじってはないけど、注目はしてほしい部分で、まんまと注目してハマってしまいました。
takakei

takakeiの感想・評価

4.0
家族思いで心優しい青年ロマン、おばあちゃんやお父さんとの関わりから見えてくる、幸せとは何か。

個人的に好きな心温まる映画。

ロマンのような青年になりたい。
>|