愛しき人生のつくりかたの作品情報・感想・評価

愛しき人生のつくりかた2015年製作の映画)

Les Souvenirs

上映日:2016年01月23日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

パリの小さなアパルトマンに暮らすマドレーヌは、クリスマスを控えたある日、最愛の夫に先立たれた。3人の息子を育て上げ、ささやかだけど充実した人生を過ごしてきたマドレーヌは、ひとりになって初めてゆっくりと自分の人生を振り返り始める。そんなある日、マドレーヌはある夢を実現するため突然パリから姿を消した。親友のように仲の良い孫のロマンは彼女を探す旅に出る。手掛かりは祖母の想い出のどこかにあるはず…。

「愛しき人生のつくりかた」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.2
結果的には高評価になったのだけれど、なかなか悩ましい。もう少し時間を掛けてパパのマザコンぶりや夫婦の不仲、お婆ちゃんと孫の触れ合い、同居人の事情などを丁寧に描けばもっと良くなったのではないかと惜しまれる。その意味ではカラッとした感動をこそ与えれど、観終えた後になにも残らない映画なのかもしれない。とは言えところどころ気が利いており、フランス人ならではの(?)エスプリを発揮させた映画であるとも思われる。台詞回しも悪くはないし、チョコバーを薦める店員の存在感がハードボイルドでそのあたりもあってこの点数になった。このコンパクトさだからこそ魅力があるのかもしれない反面、もっと丁寧に時間を掛けるべき素材でもあったのではないかと思ってしまうのは、あるいは如何にも「お涙頂戴」的な演出が過剰な映画に慣れてしまった人間だから持ってしまう我儘なのかもしれないのだが……?
idumy

idumyの感想・評価

3.5
主人公の懐の深さったら。
おばあちゃんは幸せ。いい映画。
高齢化問題を扱った作品ですが、見終わった後、心がホッとします。全体を通して人に対する優しさや思いやりにあふれていて、そのせいだろうと思います。

なにしろ孫のロマンが好青年過ぎて……実際こんなに良くできた孫、いるかなぁ……優柔不断で、でもそんなには憎めない父をなだめつつ、母の話も聞き、おばあちゃんにも寄り添い……ちょっと彼一人に負担がかかり過ぎなのでは、と心配するほどの要の役柄でした。

そんな彼にも最後は良いことがあり、あぁ良かった、と胸をなでおろしました。

それにしても、サービスエリアで神のような啓示を与えてくれたレジのおじさん、ポイントでしたね~
moe

moeの感想・評価

3.6
ゆったりしていて、温かい気持ちになる映画でした。
この映画はおばあちゃんがキーで、家族はみんなおばあちゃんのことがだいすきなんですが、孫がほんとに素敵すぎる。
おばあちゃんのこと本当に大切にしていて寄り添って、あんな孫がいたら愛しき人生になるわーて思いながら。
ドライブインのおじちゃんの言葉、的確すぎて親子揃ってお世話になり、ふたりとも救われ、救世主ですあの人。
最初から最後まで穏やかで、最後も素敵な終わり方でした。
ayuka

ayukaの感想・評価

-
おばあちゃんの気持ち考えたらつらかったけど、でもあんなおばあちゃんになりたいと思った。いつまでたっても独立してる!味のあるウシの絵を孫と笑える!

おばあちゃんの立場と息子の立場と中立的で楽観的な息子の立場と。その関係がなんとも心地よく奇妙なかんじ。孫の楽観的で大人で落ち着いた性格がよい。そんなかんじでした。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.0
フランス映画ってゆったり観れるから良いよねー。
ドキドキとかハラハラとかしない代わりにほのぼのするわー。
チョコバー勧めてくる店のおじさん、良いこと言ってくれるけど、なんなの?
好きだわー。
ラストでロマン君、幸せになれて良かったけど、ルームメイトはまだまだ修行が足りないと思う。笑。
yurina

yurinaの感想・評価

-
個人経営ホテルのフロントのバイトしてみたい。主人公良い子。笑顔がキュート。
TOMO

TOMOの感想・評価

3.6
過去、現在、未来

祖母、息子夫婦、孫。パリに暮らす3世代家族の危機をコミカルに描いたお話。

いかにもフランス映画
家族の死、高齢の危機、離婚の危機…
映画としては小さい話かもしれないど、リアルな家族にとっては人生の岐路とも言える大事件。
そんな大事件を通して過去を見つめ直し、未来を構築する。
過去があるから今があって未来がある。
過去って大事!そして親もやっぱり大事!

随所に散りばめられた日常のユーモラスなシーンにクスッと笑いつつも人生の真理を見つけるようなほっこり映画でした(´∀`)
私もチョコバー買うついでに店員さんに相談したい…笑
>|