Haman

ソークト・イン・ブリーチ カート・コバーン 死の疑惑のHamanのレビュー・感想・評価

3.0
試写会にて。
21年前に起きた、カート・コバーン自殺の謎を追ったドキュメンタリー。
ニルヴァーナの楽曲をガンガンに鳴らしての、轟音ノスタルジーを味わえるもんだと思っていたら、遊びのない硬派なドキュメンタリーで個人的には肩すぼみ。
新事実が‼と銘打っているが、そこまで目新しい情報も無かった印象。(観る前から薄々分かってはいたが。)むしろ、カート・コバーン、ニルヴァーナというものを知らない人の方が、サスペンス映画を観ているかの様な雰囲気になっているので、楽しめるかも。
ラストで一曲でも楽曲流してくれれば、気持ち良く終わったのになぁ…。解決はしてないので、気持ち良く終わってはダメかも知らんが。