帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

Chisato

Chisatoの感想・評価

2.4
怖かった。
誰の中にもヒトラーはいるのかもしれない...
ヒトラー役の人どんだけ勉強したんだろう
総統と歩く現代ドイツ。
エキストラに目線やモザイクが多いのは、現実の映像を使っているから?

演説シーンはやっぱり圧巻。
不安や悩みを代弁して寄り添ってくれる人、特に知識と確固たる理想を持つカリスマ的人間としての描写が丁寧で、付いていきたくなる心理がよく分かるからこそ怖い。
甲状腺

甲状腺の感想・評価

3.0
ヒトラーの話術や語りかける内容に思わずひきこまれてしまいそうになりました…
惑わされないのも1つだけど、歴史から学ぶことってこういうことなのかなあと痛感した

終わりかたも私には新しくて、結末を明示しないところにその先への不安感が強まった、、

色々考えさせられました
ゆめ

ゆめの感想・評価

3.3
みて笑うには知識がなさすぎた

思ったより政治色つよめ

このレビューはネタバレを含みます

これコメディじゃないよね。ドキュメンタリーだと思う。または超ブラックコメディ。
見る前に忘れちゃなんないのはヒトラーはちゃんと選挙で国民に選ばれて当選した人ってこと。恐ろしい。
途中のカメラを止めさせて「あなたが本物なら支持する」ってシーンが凄い怖かった。
特典の主演俳優の方のインタビューも必見。主演の方の憑依っぷりも凄かった。
とも

ともの感想・評価

-
現代にタイムスリップしたあのヒットラー。コメディと聞いてたのにこれはヒドイ。シリアスともちょい違う。
犬惨殺で観るの止めようとしたけど、なんかあるだろうとガマンして鑑賞。
ごめんなさい。苦笑いしたでなかった。
ドイツ映画、、ドイツの方はこの映画観ても歴史的にもOKなんだね。
時計仕掛けのオレンジと同じ香り。
Tera

Teraの感想・評価

4.2
気付いたら惹きつけられていた。
ヒトラーのカリスマ性が非常に良く描かれており、当時の人々が彼を選ぶことになった理由が分かった気がする。

「私は人々の一部なのだ」というセリフが印象的で、誰もが心の中に持っている小さな不満や言えない意見を巧みに代弁した彼の手法を上手く表していると思った。

多くの人に見て欲しい作品
日本人と言ってること変わらない。
外国人が邪魔。

戦後70年経っても人間の本質は変わらない。ドイツはまたヒトラーを選んでそう。失礼ながら。

日本人も対岸の火事じゃないけどね〜〜

歴史を学んで、未来を見ねば。
美奈

美奈の感想・評価

4.0
オチがえっ!?って感じ。

カメラの撮り方かドキュメンタリーっぽい。
途中ちょっと間延びしてるから、もっと短くできるはず。

あと最初と最後の曲が時計じかけのオレンジと一緒。意識してるのかな?
スナ

スナの感想・評価

-
政治色が強い。
あとメッセージ性も。

ヒトラーは好かれやすく残虐だ
何も知らぬ間に流されて、乗ってしまいたくはない
>|