帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

帰ってきたヒトラー

面白かった。

現代にタイムスリップしたヒトラーが、地方を回ったり、テレビに出演したりしながら、人気者に上り詰めて行く話し。
コメディタッチで、そこそこ笑えるシーンも多くて面白く観てたら、突然、現実を突きつけらる感じがゾッとします。

ちなみに、前日に「サウルの息子」を観た後で、「帰ってきたヒトラー」を観た状況に、我ながら節操のなさを感じるものの、今の状況も踏まえて、語り合いたいと思う今日この頃。

このレビューを長崎の原爆投下の日に書いているのも何かの縁。

細かな登場人物の発言に注意して見直したい1本。

(2016/8/7 小倉コロナシネマワールド)
かなほ

かなほの感想・評価

4.0
予想外に面白かった
もも

ももの感想・評価

3.5
ずっと嫌悪感しかなかったから、ヒトラーの言葉に魅了されていく人を見るのがつらかった
yoshi

yoshiの感想・評価

4.1
パロシーン面白い
割と考えさせられる
観終わって恐ろしいと感じれて安心た。時間の経過でヒトラーの事が風化してたり、元々何も知らなかったら、恐ろしいとは思えなかったから。
目的は国民の幸せとヒトラーは言う。幸せって?何をしてもいいの?何をしたか忘れちゃいない。疑ってみててもあの説得力。
でも後半で国民は利用されてるだけだとハッとする。
今は情報獲得の選択肢がたくさんある。テレビや新聞を鵜呑みにはしなくなってる。70年の変化と重みを信じたい。でも人間の闘争本能や支配欲はなくならないよなー。
Kota

Kotaの感想・評価

3.8
ヒトラーが現代に生きたらという話。コミカルながらドキュメンタリーにも感じた。
LISA

LISAの感想・評価

3.4
なかなかすごい映画を観たな、って感じ。ヒトラーのカリスマ性は現代にも健在であることと、ヒトラーの言うことが良いのか悪いのかがわからなくなってくる怖さが残った。

現代に人がヒトラーに洗脳される余地がまだあるのかっていうテーマで作られたものらしいから半ドキュメンタリーだった。
EMMA

EMMAの感想・評価

2.8
鑑賞後、怖さが残った。
カリスマ性というか、人を動かす力を上手く使える人って、いい方にも悪い方にも何かを成し遂げてしまう。
考えさせられる映画
ゆう

ゆうの感想・評価

3.3
この映画が作られた翌年辺りから欧州への移民問題が顕著になってるからある意味センセーショナルなのかなあと
>|