帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

帰ってきたヒトラー

面白かった。

現代にタイムスリップしたヒトラーが、地方を回ったり、テレビに出演したりしながら、人気者に上り詰めて行く話し。
コメディタッチで、そこそこ笑えるシーンも多くて面白く観てたら、突然、現実を突きつけらる感じがゾッとします。

ちなみに、前日に「サウルの息子」を観た後で、「帰ってきたヒトラー」を観た状況に、我ながら節操のなさを感じるものの、今の状況も踏まえて、語り合いたいと思う今日この頃。

このレビューを長崎の原爆投下の日に書いているのも何かの縁。

細かな登場人物の発言に注意して見直したい1本。

(2016/8/7 小倉コロナシネマワールド)
MizukiHata

MizukiHataの感想・評価

4.2
面白いしめっちゃよくできてるなあと同時に怖い
具視

具視の感想・評価

2.0
レンタルにて。
こう言うノリの映画が苦手だわ。久しぶりに観るのを途中でやめてしまった。
ネタ映画と思いきや考えさせられた作品でした。
最初はクスクスと笑えましたが、次第に彼の発言に影響される人が出てきてなんとも言えない怖さを感じました。
単なる出落ちにしないで、意外によく作られており得した気になりました。
Asayama

Asayamaの感想・評価

5.0
好きです。
とてもアジャストです。

俳優さんに感服した所存でございます。

あの俳優のように明日のバイトも頑張らないと!
完全に知識不足でしたが笑えました。もうちょっと勉強してまた観ます。
第二次大戦地代のナチスドイツの批判かと思ったら、現在のドイツ政治に対する批判をヒトラーに絡めてブラックユーモアたっぷりに描いた作品でした。街の人々と話す中で人々の気持ちを引き出し、上手な演説を見せる場面は、当時もそうだったのかも、と思わせられて怖くなりました。

当時のドイツも、ヒトラーが人民を煽動した訳では無い、計画を提示し、それを人々が指示した、ヒトラーの考えは人民の心にあったもの。当時も、人民はナチスが異常と感じていなかった。

今の移民への批判、イスラム原理主義、第二次大戦前のモノの考え方には似てないか?。現代を生きるわれわれに、これら問題を突きつけている映画、観てよかったです。
情報無しで観ました。
思ってたものとは違ったけど、風刺具合は面白かった。実際にいたら、あんなに物分かりいいのだろうか。
笑った自分に腹がたつ

カンボジアのポルポト
『キリングフィールド』
ウガンダのアミン
『ラストキング・オブ・ザ・スコットランド』
そして
ドイツのヒトラー
『アンネの日記』
『シンドラーのリスト』
その他にも
ソビエトのスターリン
中国の毛沢東ととてもではないが笑える話など1つもない
今の世は自由に表現でき人々はそれを自由に見聞きすることができる
見ても見なくてもいいのだ
この映画を見ていて腹が立った、彼の意見に賛同できる部分が多々あるからだ
人々は自由に指導者を選べるが指導者はあらゆるものを使い選ばせる事が出来る
一番まともなことを言う人を危険分子として隔離してしまえばいいのだから
自由にものを選べるとは選ばされているということ忘れずにいよう
Ann

Annの感想・評価

4.4
WW2やナチスの勉強をした後で観ると、現代と戦中の社会状況を比べながら観れると思う。
比べた上で、結構安全で問題ない毎日だけど、意外と脆い幸せなのかも、とか。
>|