帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

B級感漂う映像が意図的にそうしてるともとれる微妙なところだ。
なかなか面白い。コメディ的な部分(ヒトラーのことを少し知っておいた方が笑える)もだし
「ヒトラー最期の12日間」のあの有名な総督のお怒りシーンのパロディを入れてきたりする。
選曲が「時計仕掛けのオレンジ」のそれ。
政治政党の代表やドイツ国民と話したり妙にリアルなところがいい。仕組んだのか、本当なのか。(メイキイングによると演技ではないらしい、すごい。)
ドイツ国民を演説の力で説得して合法的に政権を獲得したヒトラーの凄さがわかる。現代の国民のリアルな意見を聞くと政権を取れたのもかなり納得できる。
敗者が悪にされるという言葉も思い出される。
しかしこれも意図的な編集かもしれないと疑っておくことも忘れてはいけない。
政治への風刺が強い作品、現代ドイツの状況をあまり理解してなくても楽しめます。
偏った思想をもとにできた作品のように思えましたがそうでもありません。
現代での、政治から逃げるようなテレビショーを批判し、過去の民主主義の責任をすべてヒトラーという象徴に押し付けてる現状に気付かされます。ヒトラーを選んだのは誰なのか…国民も責任のある行動を…
最後に難民を排斥する動きとヒトラーを重ねた皮肉も衝撃的でした。
皮肉たっぷり 苦しくなるからこんな映画は好きじゃないんだけど見るべき映画なのかも
とても面白かった。こういうの好きだ〜。パロディしてたりとか笑いどころもあり、とても楽しんでみられた。
それと同時にシリアスな面も。ドキュメンタリー調(本当?)の部分が織り混ざっているのは映画というメディアを今目の前にした私たちを含んだ「民衆」にこの映画は焦点を当てたかったからだろうか。個人の意見ですけど。現在の欧州あたりの当時の歴史認識はただのヒトラーを代表に名前のある人だけが悪者という構造から抜け出していて、名のない民衆がどう動くか、という点も振り返り始めている段階であるという印象を持っている。彼が強力なメディアであった当時を想起させて描かれた、現在のメディアの扇動力とそれを受け入れる民衆という構造は、現在のドイツや世界規模で抱えてる問題に対して過去の教訓を活かせているだろうか、というメッセージを感じた。にぽんも含まれるよなぁと思いつつ。
ShoItoh

ShoItohの感想・評価

4.0
設定としてはよくあるタイムスリップものなのだが、主役がヒトラーであること、そしてこれをドイツ自身が描いていることが何より面白い。
コメディというよりは攻め攻めの社会風刺ドキュメンタリー。
ラストのホラーチックな幕切れもゾッとさせられた。
マエダ

マエダの感想・評価

4.0
ヒトラーが現代にタイムスリップしたらどうなる、というネタをしっかり見せてくれた。おもしろかったです。ヒトラーという人間は、今もなお魅力的ということか。その題材でおもしろオカシク話は進んでいくのだけど、途中で「これはヒトラーを使って、ホントはいつも言えないことを言いたい放題したかったのか」と気付かされた。なんともズルくて上手い手法だ。今作で興味深いのが、ブラックジョークっぽくもないところ。ヒトラーは信念(かどうかは詳しくないのでわかんないけど)を演説してるだけだけど、それが今の時代では、「ハハハわかるけどそれは…、ねー…」って感じに映りいろいろなものが滑稽に見えてくる。ネオナチに襲われるヒトラーってのも笑える。最後はバッドエンドになのか、意味を含ませた終わり方をしていて最後まで魅せてくれて楽しかった。

このレビューはネタバレを含みます

コメディだと思ってちょいちょい笑いながらも、この作品よく放映を許してもらえたなあ、なんて思いながら見てたら、最後は現代社会への皮肉に。

とりあえず犬は殺さないで!!!!☹️
deadcalm

deadcalmの感想・評価

4.2
こんなのよく公開できたなと思う一方で、ドイツにしか作れない映画だなとも思う。

表現はギリギリなもののメッセージはストレート。ヒトラー自身のキャラ造形が物議を醸したようだけど、個人的にそれよりヤバいなと思ったのは、フィクションの合間にガチンコの街頭インタビューを織り交ぜるスタイル (宇多丸さん曰く「サシャ・バロン・コーエン方式」) 。ドイツ人自ら自国向けにこれだけ毒を盛れるのほんとすごい。

あと色々書こうと思ってたことあったけど、宇多丸さんの読んだら「もうこれ読んでもらえばいいよ・・」という気になってきたので以下はこちらを。

https://www.tbsradio.jp/51499

あ、でも「総統閣下がお怒りのようです」のパロディには触れなければ。メガネをプルプルさせながら外した瞬間に一人でニコニコしてました。最高。
sanami

sanamiの感想・評価

4.2

違和感なくドキュメンタリーが組み込まれているのが良かった。

民主主義って互いに責任転嫁してるだけだなぁ
>|