帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

B級感漂う映像が意図的にそうしてるともとれる微妙なところだ。
なかなか面白い。コメディ的な部分(ヒトラーのことを少し知っておいた方が笑える)もだし
「ヒトラー最期の12日間」のあの有名な総督のお怒りシーンのパロディを入れてきたりする。
選曲が「時計仕掛けのオレンジ」のそれ。
政治政党の代表やドイツ国民と話したり妙にリアルなところがいい。仕組んだのか、本当なのか。(メイキイングによると演技ではないらしい、すごい。)
ドイツ国民を演説の力で説得して合法的に政権を獲得したヒトラーの凄さがわかる。現代の国民のリアルな意見を聞くと政権を取れたのもかなり納得できる。
敗者が悪にされるという言葉も思い出される。
しかしこれも意図的な編集かもしれないと疑っておくことも忘れてはいけない。
序盤はゲラゲラ笑えるものの、だんだん背筋が凍るような気分になるブラックコメディ。原作も素晴らしいんでしょうけど、映画もなかなか面白かった。
mimirin

mimirinの感想・評価

3.0
面白い部分あるけど最後の終わり方...
歴史は周りに回って帰ってくるからね...歴史は繰り返されるから...
怖いね、実際のヒトラーも皆んなに選ばれた人だから。
ゆき

ゆきの感想・評価

4.5
面白い作品でした。
もし!様々な国の偉人の政治家達が
タイム・スリップしたら
今の政治家達とは違い
独裁者であろうと
しっかり国民の声を聞きたくて
何が問題か?何が不満か?
みんな聞くんではないかと
思いました。

自分が存在しないはずの
時代でも、何かを変えたい
気持は変わらないものだと
思います。
最後は、まさかって
思う終わり方でした。

このレビューはネタバレを含みます


“インタルネッツ”に感動するヒトラー、有名映画のパロディなど大笑いできる場面がある一方で、ヒトラーに扮した俳優が街中に繰り出すドキュメンタリー部分では、“ヒトラー」という概念を前にしたドイツ市民が薄暗い本音を吐露する。
それを見ていると、ヒトラーのような人物が再び現れたとき、私達はまた彼ないし彼女を選挙によって選び歴史を繰り返してしまうのでは、と思わされる。

最後の数分間、特に最後のセリフを聞く頃には笑う気持ちは失せていて、むしろ今までけらけら笑っていた自分は大丈夫なのか?と突きつけられる。
sumiran

sumiranの感想・評価

4.0
ドイツ政治やカルチャーをもっと知っていればより楽しめたかも
後、吹き替えの飛田さんがハマり過ぎ
シニカルで笑えた
学ぶべきことの多い映画
あの

あのの感想・評価

-
ぞっとする面白さ
手ぶれの具合や照明の色だったりオッとなるところがありつつ、それが良かった
してやられた感はある
途中までは笑って見ていたが、徐々に雲行きが怪しくなって行き最後にはゾッとしました。。。
otom

otomの感想・評価

3.8
個人的には娯楽作品は中道が望ましい。ものの、バイロイトinヒトラー!!のドイツ的に物凄いアウト感、ブルーノ・ガンツのパロディ、BTTFのマーティ風コスなのに足元がアディダス等々のしっかりキッチリなかなか面白いところも多数だったりもする。
>|