帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

渡

渡の感想・評価

4.0
B級感漂う映像が意図的にそうしてるともとれる微妙なところだ。
なかなか面白い。コメディ的な部分(ヒトラーのことを少し知っておいた方が笑える)もだし
「ヒトラー最期の12日間」のあの有名な総督のお怒りシーンのパロディを入れてきたりする。
選曲が「時計仕掛けのオレンジ」のそれ。
政治政党の代表やドイツ国民と話したり妙にリアルなところがいい。仕組んだのか、本当なのか。(メイキイングによると演技ではないらしい、すごい。)
ドイツ国民を演説の力で説得して合法的に政権を獲得したヒトラーの凄さがわかる。現代の国民のリアルな意見を聞くと政権を取れたのもかなり納得できる。
勝てば官軍負ければ賊軍かもしれない。
しかしこれも意図的な編集かもしれないと疑っておくことも忘れてはいけない。
常盤治

常盤治の感想・評価

3.8
ドキュメンタリーのような演出が良かった
脚本もしっかりしていた
Bashhhi

Bashhhiの感想・評価

4.0
ヒットラーが現代にタイムリープしちゃった作品
コメディかと思いきやもっともっとメッセージ性が強い作品でした
良作!
たき

たきの感想・評価

3.8
演説、思わず聞き入ってしまった……怖い
かぜ

かぜの感想・評価

4.0
上映当初から観たかった映画、やっと観ました。

現代にヒトラーがタイムスリップしてしまう物語ですが、現代の情報化社会、情報が拡散しやすい社会を懸念した作品なのでしょうか。

ヒトラーが現れたことで面白がってしまう現代人。
ヒトラーの考え方、話し方に魅了されてしまう現代人。

現代は様々な問題を抱えているということを再認識させられもする作品です。

それにしても多くの人を魅了してしまうヒトラーってすごい人だなと思います。
みなみ

みなみの感想・評価

4.0
ヒトラーが現代にタイムスリップ!!

現代にやってきた彼は最初は困惑するものの、新聞を読んでドイツの現状を知る。
テレビやインターネットなどの現代のコンテンツに戸惑いながらも、それをうまく使いこなして国民の本音を引き出す様子はあっぱれでしたね。

「何か困っていることは?」ヒトラーの質問に次々と出てくる国への意見。
そっくりさんだと思ってヒトラーの演説を笑い、注目し賛同する人々。
少しずつヒトラーに取り込まれていく様はゾッとした。

前半は政治ドキュメンタリーのようで、実際に街頭でアドリブ撮影をしたらしく、リアリティがあってかなり見応えあり。
後半は急にどうした??って思ったけど、「私が怪物なら、怪物を選んだ者を責めるんだな。」というセリフに、投票に伴う責任の大きさを感じた。

ヒトラー最期の12日間のパロディは笑った。
コロボ

コロボの感想・評価

4.0
おバカコメディかと思いきや、最初はただの「変な人」扱いだった現代に蘇ったヒトラーが、彼を利用し仕事をゲットしようとしてる映像クリエイターと共にドイツ中をまわるうちに、人身を掌握する様子は当時のヒトラーがいかに台頭していったかを分かりやすく伝えている。

いつの時代も耳障りの良いことを言う人物に惹かれていくのだろうか。

途中で挟まれる『ヒトラー最期の12日間』ネタはツボ(笑
コメディなのか何なのか。
どういう視点で見ればいいのか途中で分からなくなった。
もっとコメディを期待してた。
kon

konの感想・評価

3.6
ヒトラーが現代にいたらっていう話
ヒトラーを使って普段伝えられないことを伝えたかった映画かな
演技がすごかった
映画を観終えて、コメディ映画か政治のドキュメンタリー映画のどちらとして評価すれば良いか迷った。
ヒトラーが現代に生き返り、インターネットやSNS、テレビ番組などの現代のコンテンツに触れて戸惑ったり、使いこなしていく様子やヒトラーを芸人のモノマネとして勘違いし、「ネタ」として扱う大衆の姿からコメディだと思って中盤は結構笑いながら観ていた。
だが、過去の人間とは言えど、現代のコンテンツを少しずつ使いこなして、国民一人ひとりに今困っている事を問いかけ、国民の懐に入り込んでいくシーンは凄いと感じた反面で、気がついたらヒトラーに取り込まれているのではという恐ろしさも感じた。また終盤になるにつれて「これって本当に笑っていていいやつなのか?」という考えが自分の中に生まれ、ヒトラーが復活してお笑いで済むうちは良いが、何も考えずに笑っているうちにかつてのナチスのような政策が気がついたら進行していたと考えると思わずゾッとしてしまった。
内容としては面白いが、正直「ネタ」として扱ってよい題材かと考えると評価に困る映画だった。
個人的な反省点としては、ヒトラーに関する知識とドイツの政治状況が疎く、たまに話についていけない所があった。この映画を機にもう一度ヒトラーを含めた当時の政治状況、現在の世界情勢も勉強しなきゃいけないな。
>|