帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

カリスマ。心酔しても致し方ない。
秋子

秋子の感想・評価

4.0
間違いなく、コメディー映画(として見ないと怖すぎる)
現代の街に馴染んでいるヒトラーの様子が可笑しくも、時折見せる凶悪な本性にゾッとしつつ。テンポも良くて最後まで飽きずに見れた。
記録 4.20
ずっと気になってた映画です🙌
ヒトラー関連の映画ってどうしても重いし暗いしっていう勝手な思い込みがあるんですけど、これは全然重い感じじゃなくてさらっと観れました!! ブラックコメディ満載だったり、現代を楽しむヒトラーの姿(特にゲームセンターのシーン笑)にクスッとできたりしてました🙆
ブラックが過ぎるジョークもあってこれはどうなの...?ってところもあったんですけど、ブラックコメディ映画としては良作だと思いました👍
ドキュメンタリーなのかそうじゃないのか分からなくなる撮影方法で、インタビューしてる人も演者さん...?一般人....?って途中で頭がうわぁああってなりました(笑)
こういうヒトラー作品もいいけど、一度はどす黒い作品もみておきたいなって思ってます💫
第三帝国の復興…

第2次世界中から何故か現代にタイムスリップしてしまったアドルフ・ヒトラー、目を覚ますとそこは植え込みの中だった。
情報を集めるべく街に繰り出したヒトラー、売れないテレビマンにスカウトされ本物なのに何故かそっくりさんでテレビデビューする事に!
最初は皆笑っていたが、真意をつく発言にやがて心を奪われていく…

コメディ風に物語が進んでいくも、普通の画家志望だった男が一国の主にまで登りつめた人心掌握術の凄さに恐怖◎
ヒトラー自身の持つ信念の遂行がこれほどまでに人々を魅了するとは恐ろしい…
お茶目なヒトラーも垣間見えるのでやんわりな感じはするけどw

現代社会にも受け入れられていくヒトラーの凄さを観てみてはいかがですかw
注)犬好きには多少辛いシーン有
なんか最後の終わり方、面白かったちゃーおもろかったけど、ブラックコメディすぎたかも
ひ

ひの感想・評価

3.8
記録
わたくしは、できることなら
ヒトラーに会って実際に話し、
どんな人だったのか確かめてみたい。

映画は様々な風刺に満ちていて、ネオナチや差別主義者にイラっとするけれど、ゼンゼンブリンクはつまりそういったクズの集大成として作られたキャラなのだろう。

いつのまにかコメディから怖い話になっているのは秀逸。

もしボヘミアの伍長が第一次大戦で死んでいたら、彼の代わりが出てきただろうか。

どっちにしても、当時のドイツでは彼のやることなすことがドイツ国民の支持を受けたのは事実で、だからナチスが台頭した。
最初は笑われていたがね。


ヒトラーのような男が支持されるような世の中にはしないのが一番よいね。


最後に一番印象的な字幕
TVヒトラーついにクビ
しろこ

しろこの感想・評価

4.0
最後よかった
Akane

Akaneの感想・評価

3.4
異質に感じた。
中間が緩くて飽きかけたが、最後の展開は怒涛だった。
歴史に詳しい人ほど、コメディとゾッとする落差を感じると思う。
カリスマ性って凄い。
>|