帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

カリスマ。心酔しても致し方ない。
ヤコ

ヤコの感想・評価

3.9
トランプが大統領になるわけ無いだろw…え??なったの!?みたいな映画。とても面白かった。
うし

うしの感想・評価

4.5
途中からこれは現実なのか映画なのかわからなくなるような。おもしろかった〜って見終わった後、ふと冷静になってぞっとする。
makita

makitaの感想・評価

3.8
コメディーの様なドキュメンタリーの様な…。面白かった。
GO

GOの感想・評価

4.1
けっこう前から気になっていてやっとの鑑賞。
中盤あたりはドキュメンタリーチックな部分もあったが飽きずに鑑賞できた
昔との戸惑いや技術の進歩について行けないヒトラーの笑えるシーンも多くなかなかのオススメ作品。
ヒトラーが現代に蘇るとどうなるのか...
人々の不満を巧みな話術で引き込む
恐ろしい、そして平和ボケしている人たちへの警告でもあるのかもしれない。。。
終

終の感想・評価

-
ヒトラーの人間としての魅力に切り込みブラックでユーモアがありながらドキッとした。
るー

るーの感想・評価

4.1
ただのコメディだと思って最初は笑いながら見てたけど、笑うだけじゃ終わらない映画だった…
ぷりん

ぷりんの感想・評価

4.0
いいですいいです〜、
個人的にはかなり好きです。

もしこの映画のようになかなか
きわどい発言が許されるなら、

「自国を愛し、
自国のために生き、
戦争があるかもしれない、
人種差別があるかもしれない、
それでも自分に正直で、
他人に正直で心から笑える世界」

と、

「マジョリティにまぎれ、
自分に嘘をつき、他人に嘘をつき、
見て見ぬふりなど当たり前、
でも戦争はない、平和だという世界」

この2つがあるなら、
自分ははっきりと心から、
後者がいいと言えるかは分かりません。

それはもちろん、自分が若く、
戦争を体験した事がなく、
その平和の尊さを、その幸せを、
当たり前のことであると
甘んじているからなのでしょうが。

不快に感じてしまった方が
もしいらっしゃったらすいません。

でもこの発言は、この映画と同じく、
ちょっぴりブラックで怪しい、
そんなジョークってことにしてください
みっき

みっきの感想・評価

3.5
あんまり覚えてないから他の方のコメントを参考にさせてもらうと、

コメディタッチで面白い分、「本当にこうなったら?私たちは歴史から学べてる?」という問いを感じる映画でもありました。

経済的に苦境に立たされて心の余裕が無く、多くの人々が社会に不満を持った状況があったとして、もしそこにカリスマ的な指導者が救いの演説をし、偏った思想を持ち込んだら?
私たちはちゃんと客観視して政治をあるべき姿に正せるでしょうか?

ただでさえ政治の話がタブー視されてる日本で、いざとなった時声を上げれるかどうか。

ヒトラー役の人は何人か見てますが、皆似てますね。よく研究されてるんだと思います。
おたけ

おたけの感想・評価

3.9
とにかく風刺モリモリのコメディ映画と思ったら、コメディじゃない、違う。ラストの方ゾクゾクしました
メッセージ性がすごかったです
>|