帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

シュールの一言につきる!!
ぼくは好き笑
耳ざわりの良い言葉に騙されたのは果たして映画の登場人物たちだけなのだろうか。
この映画のいやらしいところは、悪魔的に描かれがちなヒトラーを、実に人間的に描いているところにある。ジョークで爆笑するヒトラーをいままで見たことがあっただろうか。私はなかった。
ヒトラーを人間的に描写することで、警戒心を解かれた観客はヒトラーの意見に耳を傾けるようになる。映画館の中で、テレビの前で、1933年が再現されるのだ。
気づかないうちに似たようなことが現代でも起こっているかも知れない。
戦後70年で薄れてしまったナチズムへの危険認識を再起させてくれる良い作品だった。
Noah

Noahの感想・評価

3.1
胸糞悪すぎて、途中何回も観るのをやめたくなった。

表現の自由があるから上映される事自体は何も言えないけど、この映画で言われてることを観て、聞いていられる人の気が知れない。

ただこういう映画がヒットしたっていう事も今の時代を表してるんだろうなと思う。そしてそこでもまた腹が立つ。
ドキュメンタリー映画は自分に合わないことがわかった
菊池2018

菊池2018の感想・評価

3.5
授業で鑑賞。
話の構造的に批判しづらいのがズルい。
RYAN

RYANの感想・評価

3.5
ヒトラーが現代に帰ってきた!

みんな芸人だと思い最初は笑っていたがその脅威は支配を広げていった…。

ヒトラーの才能と恐るべき能力を新しく模索し考えた作品
まさかの心理戦くるとは思わなかった
ラストの展開は好き
何が正しいのかわからなくなる、これこそ人間心理であり大衆を扇動する力なのだと。
脚本が非常に優秀
中盤までコミカルに描かれているが終盤になるにつれヒトラーの淡々とした雰囲気に持っていかれる。
この俳優さんも似てる
すごい俳優さんを持ってきたな

なかなか印象深い。
起承転結が見事であった
とむみ

とむみの感想・評価

4.0
もうひとつのヒトラーの方見てから見ればよかったとすごく後悔。

今の時代にヒトラーがいたら本当に怖い。
ヒトラーはやっぱり喋るのが上手い。
Keny

Kenyの感想・評価

4.2
2014年のドイツにタイムリープしてきた本物のヒトラーが、有名になり人気を博し、カリスマ性を発揮していく過程をドキュメンタリータッチで描くブラックコメディ。

これは凄いです。前半は笑えるけど、後半は怖くなる。
2014年のSNSやYoutubeなどでバズる感じリアル。
「ヒトラーのモノマネ芸人なんて不謹慎だけど、彼の言っていることは一理ある」「彼は娯楽を高い次元に持っていった功労者」みたいな扱いになっていく恐怖。
クライマックスにある、「私は洗脳や扇動はしてない。ヒトラーは人々の中に存在する一部であり、同じ本質と価値観持ち、人々が怪物と呼ばれている私を指導者に選んだのだ」といったニュアンスのセリフ。
劇中のヒトラーにクールさを覚えていた私はハッとさせられる。
こういう人が政治家になり、国家の指導者になったら、今はテレビだけでなくSNSもあり、プロパガンダが溢れたら、歴史は繰り返されかねない。
本来、歴史とは過ちを繰り返さないために学ぶものである。
今の熱狂に浮かされ、過去を忘れたら、人間は過ちを繰り返す。
現実とリンクする接点。

その後のシークエンスは難民反対運動の映像や世界の自国第一主義の流れを実際?のニュース映像と思われるものの挿入。
そして劇中最後のヒトラーのセリフでホラーも感じた。
エンターテインメントの質が高いだけ

設定からして面白く、内容もハイクオリティで、個人的に好きな映画でした。

知らないことが多すぎて理解に苦しんだので、
また改めて見直したい作品。

撮影方法とかはすごく好きな感じだった。

これをドイツが製作した映画ってのが何とも言えない感じ。
Yuta

Yutaの感想・評価

3.5
笑笑


新感覚
>|