帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

シュールの一言につきる!!
ぼくは好き笑
これはコメディーか?
普通に怖かった。
いく

いくの感想・評価

4.0
コメディ気分で見てみたら、またすんごい衝撃作だった。

ヒトラーが現代に現れたらというもので、最初は普通に笑えるシーンが多い。しかし、後半になるにつれヒトラーが現代に馴染み恐怖を予感させる。ラストは衝撃的すぎる。

ありきたりな作品に飽きたならぜひ観て欲しい作品である。途中ブラックユーモア強め注意。
すんごいものを見た……
なりあ

なりあの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

軽いホラーだった。

最後の終わり方がもう個人的には笑えねぇ……ってなる。

途中まではヒトラーえっめっちゃ可愛いやんってなったのに、最初のヒトラーのテレビ演説から察するものがあった。

まぁありえない話だけど、もし現実に起こったとしたら、この流れで、大衆は気づかないまま、まさしく「扇動」されていくんだろうなと思いました。

こわっ
ヒトラーを使う時点で単純なコメディではなさそうな気はしてたんですが、かなり上手く作ってありましたね。
なかなか面白かったです。

序盤のヒトラーが生み出す笑いは、なんというか、すれ違いコント的な感じで、彼が真剣なので(本人なので当然ですが)なおのこと周囲とのギャップが深くなって、面白かったです。
しかし、後半のヒトラーの本領発揮ぶりは、やっぱりそら恐ろしくなります。
他の作品であれば気持ちいいはずの「異端者が徐々に受け入れられていく過程」が本作では別の意味を含んだものになってるというのは、ユニークだし、ブラックな笑いになってるし、上手いです。
疑似ドキュメンタリー的に挿入される、ヒトラーと政治談義する一般人の映像は、けっこう強く観客に考えることを促していて、これも効果的。
作品のスタンスが、分断や対立への警鐘というあたりで一応止められていることもいい塩梅だし、突拍子もない設定に反して、非常に緻密な印象を受けました。

さすがに、製作の意図を超えていくような広がりを感じさせるようなことはないですが、政治的メッセージとコメディのエッセンスをバランスよく溶け合わせた、巧みな作品だと思います。
今の時代だからこそ、一見の価値がある作品かもしれません。
misaki

misakiの感想・評価

4.2
よくこんなものを作ったな、が率直な感想。

ラストシーンはびりびりくるものがあった。
言葉のうちにある説得力。真に演説力のある人が大勢を従えるんだと思う。

"帰ってきたヒトラー"は、この状況が好機だと言った。戦後70年歴史教育を施されてきたドイツ国民は、当時の国民とはもちろん違って存在していると思う。メディアを通して露出する、"昔と同じ"なヒトラーは、人々をどう変えるのか、、

状況や人間の心理を理解して行動していたヒトラーは、恐ろしく狡猾で、70年後のこの世界でも人々を扇動し、指導者としての地位を勝ち得るのかもしれない。
70年前にヒトラーを選んだ国民は、しかし今は、その差別的な(民族浄化かな?)思想には賛同しないのかもしれない。たとえヒトラーが言ったように、国民の本質はヒトラーと同じでヒトラーは彼らの一部であるとしても。

大戦当時、今や極悪人と称されるヒトラーを指導者に選んだのは、大衆だった。虐殺の罪のありかはどこか。人間の本質は何かに目を背けるなってことを突きつけた映画だ、と感じる。
gabyoko

gabyokoの感想・評価

4.0
テレビ局をクビになり、必死に再度雇ってもらおうとドキュメンタリーを撮影していたザヴァツキ。ある日ヒトラーそっくりの人物に出会いテレビ局に売り込む。余りにもそっくりな風貌と風刺の効いた話し方で瞬く間にスターになった彼だったが…

セミドキュメンタリー映画。昨今の欧州における移民問題にも斬り込み、現代においても如何に危うい情勢なのか、政治とは世界とは、といったことを考えさせられる。

ドイツ人にしか製作できないが、現代のドイツも垣間見えるのでなかなか興味深い
麦と草

麦と草の感想・評価

3.7
これはこれは
怖すぎた。

引き込まれてあっという間だった。
最後もやばい、、、、
コメディだと思ってたけど非常にドキュメンタリーな感じの映画だった。もちろん、風刺的で笑えるところはあるけれど、ばからしくて笑えるって言う類のコメディではなかった。


自分の生活を変えてもらいたい。
仲間だと思っている自分たちが幸せになれればいい。
それによって不幸になる人なんて考えない。
でも、その後の悲劇は変えたやつの責任。
全世界の"国民"という立場の人々が気づくべき惰性だと思った。

ヒトラーは確かに存在した。
だが、なぜヒトラーが存在出来たのか、もう一度考えるべきだ。
なかなか、考えさせられる映画だった。

はじめのドキュメンタリーチックな構図、そこからクライマックスにおいての急な映画的展開と撮影方法。絶妙な間、そして語り。
映画という作品としても素晴らしいと思った。
>|