帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.0
ジワジワとくる作品でした。ドキメンタリー風な撮影を交えて,ヒトラーに対する,現代のドイツの人々の感情を浮き彫りにして行く場面も。
歴史的背景が複雑なドイツならではの作品で,ドイツの殆どの人にとっては,ヒトラーは,自国の汚点(恥)であり,タブーであるはずだが,それを現代のメディアとうまく融合させて,ブラックコメディにしてしまったところがすごい。
アウシュビイッツ関係の本などを読んで,当時の凄まじさを知った人には,決して笑えない映画である。
日本人が南京事件を取り上げて,ブラックコメディにするくらいの感覚なのでしょうか?ドイツ人は蓋をせずに,問題提起?しているだけ偉いのかな?
ヨーロッパ旅行の帰り、ポーランド航空の機内で鑑賞。
最後にヒトラーが放った台詞は、ポーランドでアウシュビッツを見てきた彼氏と旅行中に議論していたことそのままだった。

忘れてならないのは、ヒトラーは民主主義のもと選挙で民衆に選ばれ、実行に移したまでだということ。彼を選んだのは、国民なのだ。
どう考えてもフィクションなのに、妙なリアルさに寒気を覚え、思わずドキュメンタリーだと錯覚してしまいそうになる場面も。この映画は、ヒトラーとその時代の凄惨な出来事が、決して過去のものだけではなく、現代にも起こりうるものであることを語っているようだった。いろんな意味ですごい映画だった。
Kiyokazu

Kiyokazuの感想・評価

3.4
パロディーがあったり基本はコメディだけど笑って見られる感じではなかった
ジャンルはコメディに分類されていますが、素直に面白いとは言えない作品でした。前半はコメディ映画として普通に笑えます。現代の文化やテクノロジーに戸惑ったり、感動したりするヒトラーの姿に爆笑。
ですが、後半から少しずつ雰囲気が変わっていきます。おばあちゃんの「最初はそうやってみんな笑っていたのよ!」ってセリフにハッ!となりました。私たちは同じことを繰り返すのか?と急に怖くなってしまいました。凄く印象的なセリフです。また、ヒトラーの「選んだのは君たちだ」というセリフもゾクッとしました。

現在の世界情勢を考えると、このラストはなんとも意味深いものですね。とはいえ、全体的に分かりやすいストーリーなので、気軽に見れました。原作本も読んでみたいです。
Mai

Maiの感想・評価

3.3
現在の風刺という感じだった。怖い。けど見応えあった。なんだか最後は後味悪い感じ。分かりやすいこと言ってヒトラー信者増える。怖い。
あすか

あすかの感想・評価

3.5
現在のドイツにおけるヒトラーの位置付けがわかって興味深かった。
ヒトラーのように政治家としての能力がある人が、多くの人にとっての本当の幸せをもたらす世界を目指したら今の世の中は変わるのだろうか。戦後、技術的な進歩はめざましいが、国の政治や国家間の問題を解決する点に関しては何ら変わっていないように思える。
gnsp

gnspの感想・評価

4.0
パロディあり、笑いありなクセして、というかそれだからこそ怖さがある。果たしてこれが完全なフィクションだと誰が言い切れるだろう。
なえ

なえの感想・評価

3.8
メリハリがあって面白い。
>|