帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

帰ってきたヒトラー2015年製作の映画)

Er ist wieder da/Look Who's Back

上映日:2016年06月17日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、…

ヒトラーの姿をした男が突如街に現れたら?「不謹慎なコスプレ男?」顔が似ていれば、「モノマネ芸人?」。リストラされたテレビマンに発掘され、復帰の足がかりにテレビ出演させられた男は、長い沈黙の後、とんでもない演説を繰り出し、視聴者のドギモを抜く。自信に満ちた演説は、かつてのヒトラーを模した完成度の高い芸と認識され、過激な毒演は、ユーモラスで真理をついていると話題になり、大衆の心を掴み始める。しかし、皆気づいていなかった。彼がタイムスリップしてきた〈ホンモノ〉で、70年前と全く変わっていないことを。そして、天才扇動者(ルビ:アジテーター)である彼にとって、現代のネット社会は願ってもない環境であることを―。

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

Masa

Masaの感想・評価

3.0
ジワジワとくる作品でした。ドキメンタリー風な撮影を交えて,ヒトラーに対する,現代のドイツの人々の感情を浮き彫りにして行く場面も。
歴史的背景が複雑なドイツならではの作品で,ドイツの殆どの人にとっては,ヒトラーは,自国の汚点(恥)であり,タブーであるはずだが,それを現代のメディアとうまく融合させて,ブラックコメディにしてしまったところがすごい。
アウシュビイッツ関係の本などを読んで,当時の凄まじさを知った人には,決して笑えない映画である。
日本人が南京事件を取り上げて,ブラックコメディにするくらいの感覚なのでしょうか?ドイツ人は蓋をせずに,問題提起?しているだけ偉いのかな?
平熱

平熱の感想・評価

3.8
面白かったなあ もっと勉強したい
19

19の感想・評価

3.8
ドキュメンタリーちっくに作られている。すごく楽しかった。日本もそうだけど誰でも偉大な指導者を必要としているんだなと思いました。現代に帰ってきたら本当にこの映画みたいになりそう!
ただのギャグ映画かと思ったが最後のメッセージ性がつよかった
まさしく「笑うな危険」な映画
でもある意味ブラックユーモアとして笑えてるうちが華なのかもしれない

ヒトラーはあの戦争とかあの時代のアイコンなんだろうねぇ、、

ザヴァツキの残念感と副局長の小物感が強い
きっぴ

きっぴの感想・評価

4.0
想定してたよりも興味深い映画だったし傑作
ヒトラー役の俳優すごいハマり役 そして見進めていくうちに段々笑えなくなってくるのが怖いな 妙に説得力のある演説が周りの人々を変えていく…

オチも完璧すぎるしいい あ~そう来たか~みたいな
あと流石に例のあのシーンのパロディは面白すぎて無理だった
マリオ

マリオの感想・評価

2.5
まあまあよかった。
笑いのレベルは子供向けかな。
ドキュメンタリー風なので、話はちゃんとしてない。
笑いをメインにしているようで、忠実にヒトラーを再現してる感じはない。本当にモノマネ芸人としか思えなかった。

ただ、ナチスの歴史の反省から移民問題に対してハッキリ意見を言えない等、いまのドイツ国民の心の一部を代弁してる可能性を考えると、他国をおもしろおかしく知るという意味で、見てよかったと思う。
テーマは面白いんだけど、、、。一気みではなく2回に分けて鑑賞した。もっとはちゃめちゃなコメディーだと思ってたので、すこし残念。
muka

mukaの感想・評価

3.6
メルケル批判が強い今のドイツだから、こういう作品が出来たのだろうか。。。

いまのドイツは強いリーダーを望んでいるのだとは思うがそれにヒトラーを出してくる皮肉も感じる。
>|