帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

ぐれ

ぐれの感想・評価

3.5
影響力ある人間って不思議と惹きつけられてしまうから怖い。
勉強すればわかるんだろうけどそんなにたくさん学べないし…
FirmBear

FirmBearの感想・評価

3.9
ヒトラーという人物を歴史的観点でもっと知る必要があった。ただ、コメディとしてすごく見やすかった。ヒトラーの人を掌握する力というものをしっかりと描いており、ラストがゾワリとさせてくれる。
娯楽でありながら、ヒトラーの人柄が垣間見れる作品。
岡

岡の感想・評価

3.5
けっこう前に観た

テレビで人の心を掴んでるのが面白かった

本当に知らない人に絡んでたのか……
もっといい展開になるかとおもったけどあんましだったな。
ヒトラーが現在にタイムスリップして来たというとんでもない設定の割には、物語自体に特別な事が起こる訳でもなく話が進んで行く。
ユーモア?風刺?
コメディタッチにしているが私は笑えなかった。
どう考えて良いか分からない作品。
劇中のおばあさんみたいな人が観たら?ユダヤ系の人が観たら?と思ってしまう自分はきっと頭が固いのだろう。
HO

HOの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ヒトラー最期の12日間(あとターミネーター?)のパロディはわかった。他にもきっとあったんだろうけど、わからなかった。修行が足りない…。
序盤はギャグ映画かーって感じでちょっとだれてしまったんだけど、オチからラストシーンまでがよかった。オチは皮肉が効いてたし、この映画が公開された年度を思うと、ナショナリズムの高なりに対する警鐘を示す映画だったのかなあ、という風に一気に見方が変わった。
ヒトラーがテレビに出演して、それをユーチューバーが「私はこの人只者じゃないと思うわ」みたいなこと言って、それがどんどん拡散していくシーンが印象的だった。
小者の副局長ではなく切れ者の局長がヒトラーを推していくところが悲しいリアル。。
並木

並木の感想・評価

4.0
こっっわい
カリスマはいついかなる時もカリスマ

ただの社会風刺映画と思いきや
しっかり笑いもあって スリルもあって読めたオチもグッド
アイコン的な存在から徐々に牛耳って行く様はヒトラーらしく ゾクゾクした
大回転

大回転の感想・評価

4.0
アイヒマン実験を思い出す。
条件さえ整えられれば人は誰でも残酷になれる。作中に出てくる極右、貧困層の意見が日本の現状に通ずるものがあり相当怖かった。私達のような市民は一人の力では微力だが、集団の力を信じるべきだ、分断させようと促す流れに乗ってはいけないのだと思う...他人事じゃねぇ~!の一言に尽きる
わくや

わくやの感想・評価

4.1
普通にこわい。ヒトラー自身は民衆が作りだした、なら現代でもありえるなって思った。選ぶのは自分、じゃあ選ばれた人や物の責任はだれが取るん?
顔出ししてない人とかがいてリアリティっぽくなってたのは凝ってる。コメディなのかわからないけど、すごく興味深かった。
>|