帰ってきたヒトラーの作品情報・感想・評価

「帰ってきたヒトラー」に投稿された感想・評価

ヒトラーは現時代の他環境に対して恐怖は無いのか??環境の変化があっても、ヒトラー自身の考えを貫き通したり演説で人を引きつける能力はあるのだろう。
少し怖いけど(笑)
まこと

まことの感想・評価

4.0
現代にヒトラーがよみがえったらっていう話 ブラックジョークてんこ盛りだし進歩した技術にヒトラーが驚くシーンとかめっちゃ笑えた 後半になって徐々に本性が見えてきてラストはゾクッとする
私を産みだしたのはお前達だって言ってるのはその通り 当時第一次世界大戦の賠償金で貧困の原因でドイツ国民の民主主義の投票によってヒトラーは正当に選ばれてるのが恐ろしい 当時、ラジオ、テレビのプロパガンダを上手く使ったヒトラーが作中でSNSに興味を示すシーンが印象的だった
林田

林田の感想・評価

3.5
最初はコメディっぽくてヒトラーも"ただのなんだか可愛いおじさん"なんだけど後半に向かうにつれて不穏さがどんどん出てくる。最後はゾッとした。
10be1130

10be1130の感想・評価

3.7
ギャグではありません😌
ほんまに戻ってきたらまた戦争始まるで?

人のプロやったんやヒトラーは…。
abi

abiの感想・評価

2.8
記録
あこー

あこーの感想・評価

4.7
ヒトラーのことを調べ尽くしてる作品。

知ってるからこそコメディに出来るし、敢えて笑かす事が出来る。ヒトラーに関する映画とか本を読んでる人にとっては堪らないかもね。

現代に対する皮肉や揶揄の仕方がたまらなく上手
ヒトラーのカリスマ性を上手く描いてて最高でした。
だからこそ英雄でなくて、非道なところももっと深刻に描いては欲しかった
えっヒトラーが地球の真ん中から恐竜に乗って帰ってきた!?(『アイアン・スカイ 第三帝国の逆襲』によって著しい精神汚染を受けた感想)

そんなこんなで『帰ってきたムッソリーニ』の予習に久々の観賞。やっぱりなんかヒトラーがクリーニング店で下着を脱いで洗濯するよう要求したり、インターネットの便利さの前に涙を流したりするだけで面白いんだから総統閣下パワーは凄まじい。ヒトラーの一挙手一投足がもうギャップがあって面白くゲラゲラ笑いながら観てしまう。

だからこそ後半でヒトラーが稀代の虐殺者としての顔を見せ始め「笑いごとじゃないぞ」と警鐘を鳴らす構成が心底意地が悪い。
意地が悪いのは撮影方法もで、街中に現れたヒトラーへの反応はほとんどゲリラ撮影、即ち街の人々のヒトラーに対する態度はほとんど実際にヒトラーが現代に蘇った時の「ナマの反応」だという。ナチス式敬礼をしただけで捕まるというドイツで、これほどまでに現代でもヒトラーが受け入れられる(大半は面白がってだろうが、本当のヒトラーも最初は面白がられていたという)現状を映し出すのはかなり皮肉の効いたドキュメンタリーのようだ。
ゲリラ撮影方法も面白く、美大落ちのキャリアを活かした絵描きパフォーマンス(演者の画力だから本物のヒトラーが嫌った『退廃芸術』みたいになってるのはご愛敬)や、果ては極右集会に参加しているのは怖いもの知らずと言える。最初は「ふざけんな!」って感じの極右さんもバーで飲み語らう内に「今こそアンタみたいな人が必要だ」と打ち解ける様子は話し合いの重要性を示している。こんな形で示して欲しくはなかった。
ただ作中で殴り合いの乱闘に発展していたシーンもあったんだけど、アレに関しては流石にやらせと信じたい。やらせと言ってくれ。

後半はオチありきの設定が頻出したりと、ドキュメンタリーの「現実」が一気に「虚構」じみてしまう展開があるのが残念なところではあるが、やはりこのヒトラーコスプレゲリラ撮影をしようという発想と胆力は凄まじいし、それを創作に落とし込む構成も巧い。
是非気楽に観て大真面目に考えて欲しい作品だ。
j

jの感想・評価

4.4
記録
ヒトラーの「良い部分」をあえて強調して描くことで彼を捉え直そうとする映画。歴史的に非人道的な人物も自分と同じ人間なんだと思い知らされる。
>|