はるさめ

パーティで女の子に話しかけるにはのはるさめのレビュー・感想・評価

4.1
オンライン試写会にて。

あらすじなどを一切読まず、予告とポスターだけ見て、シングストリート的な青春音楽映画かなぁ〜と思ってましたが…全然それだけじゃなかった。なんかこう、全部は覚えてないんですが、色んなテーマに触れているような気がしました。だから、一つ一つのセリフがすごく響きます。さすがヘドウィグのジョンキャメロンミッチェル監督。

始めは独特の世界観に驚かされ、だんだん慣れてきたところで…最後はグッと感動。個人的には最後のオチがすごく好きです。涙が止まりませんでした。また、予測不能の展開のおかげか、1時間半ちょいがすごく短く感じられます。

音楽はもちろんカッコよかったんですが、個人的には衣装やセットもよかったなぁ思います。コロニーの人々の衣装や不思議な照明、それと対比しているかのようなエンたちの衣装や自然の優しい光が印象的でした。

あとは、エルファニングが本当に可愛かった。超綺麗な不思議ちゃんを演じさせたら右に出る者はいないって感じですね。素敵でした。