TadanobuOzawa

パーティで女の子に話しかけるにはのTadanobuOzawaのレビュー・感想・評価

4.5
--
 How to talk to girl at parties

 チクチク青春ムービー。ティーンネィジャー、恋、パンクの相性はバツグン。
 
 このテの映画にしては、スピード感でスタイリッシュにしなかったのが良かったです。デートシーンで少しモタモタしているのが、ティーンネィジャー男子の持つ独特な泥臭さ(イカ臭さ)を演出するためにあると感じました。
 
 大まかには、よくあるストーリー。でも、パンクキッズの少年エンが恋したのは、宇宙人の少女ザン。先ず、結ばれる事はないのよね。しかも、ザンの宿したエンの子は、ザンの一族の存亡に関わり、宇宙人なので、地球上では出産できません。
 
 もう、胸のチクチクが止まりません。
 
 さらに、映像や演出が美しく、ライブシーンは圧巻。
 ちょっと不思議に感じたのは、宇宙人のパーティーシーンは、90年代の原宿や青山で見た事があるイメージでした。もしかしたら、僕は、宇宙人とセッションしているかもしれません。
 
 そして、かなり意味深げに感じたのは、エン以外の登場人物は、宇宙人たちをカルト集団として捉えていて、その宇宙人たちが宇宙に帰る方法が、「ビルから飛び降りる」というところ。「空に向かって飛ぶ」ではなく、集団でビルから飛び降りる。カルト集団そのもので、自分たちを宇宙人と信じているカルト集団が存在したら、本当に起こりそうな気がしました。
 
 ★★★★☆。