パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.5

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

面白い設定なはずなのに、カオスとかシュールて程でもなく、哲学的なようで深くはないから感動もせず、B級ぽいだけで超駄作な訳でもなく、へ〜ほ〜と観てたら終わった
エルファニングも可愛いけど堪らないて程でもない(吐くのは可愛い)
彼女、ニコールキッドマンだった、てのが一番心揺さぶられたってのが感想だから点数低い
jammy

jammyの感想・評価

3.0
かわいい音楽映画を期待しちゃダメ、
人間社会に当てはまる様なメッセージ性
恋を可視化したような映画

誰かを好きになる瞬間は
惑星が一つ誕生したかのような奇跡が訪れ、
それを失った瞬間は
世界から全ての色が消える。

自分と他人は価値観も考え方も違う
この映画ではそれがパンクと宇宙人になっただけの話で、ぶつかり合って分かり合う点は変わらない

結論、エルファニングとデートしたいです。
ayano

ayanoの感想・評価

2.7
思春期とパンクは常に隣り合わせな青臭い映画を想像していたら、あれ?SF的なやつ??と意表を突かれる内容。

冴えないパンク青年と超絶可愛い宇宙人の異文化交流。
なんだかよく分からなかったけど、愛は宇宙共通だねってお話。
クレイジーでアナーキーなパンクスだからなんでもあり、と思い込んでるからその結果ダサい映画になった。
将太朗

将太朗の感想・評価

4.0
この映画好きなんだけどな〜!
いつも見る映画とは違った雰囲気で、
笑えるところもあったり、話自体も良かった!
違った映画みたいなって思ったときオススメ。
Takeshi

Takeshiの感想・評価

2.8
宇宙人の女の子とパンク大好き少年が現実逃避してキスしまくる映画。

うーん、なんだかな。悪い意味で想像を完璧に裏切られました。
サブカル好きいいと思うんかな?てかジャンル何になるんだろ?SFラブストーリー?
ラストで報われた。
とりあえず斉藤壮馬
>|