パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

面白い設定なはずなのに、カオスとかシュールて程でもなく、哲学的なようで深くはないから感動もせず、B級ぽいだけで超駄作な訳でもなく、へ〜ほ〜と観てたら終わった
エルファニングも可愛いけど堪らないて程でもない(吐くのは可愛い)
彼女、ニコールキッドマンだった、てのが一番心揺さぶられたってのが感想だから点数低い
”パンクかぐや姫”

映画とは、すなわち”旅”である。
非日常への旅路であり
過去の感情を思い起こす心の旅路。
そして空間移動なく
精神をどこか遠くへ飛翔させる作用のある
当てがあるようで無いような旅だと思う。
だから映画のポスターやジャケット
その他の宣伝キャッチから遠く離れた場所へ
誘ってくれる映画は旅をしているのと同じ。

最近映画館で「パンク侍、切られて候」
と軽々しくパンクなことしてる映画があるが
今作は執念深さがあるパンクでラブな映画だ。

タイトルだけ見たならば、童貞少年の一夜限りのバーニング活劇かと思うのだが、まさか異星人とのボーイ・ミーツ・ガールとは知らなかった。その異星人もエル・ファニングという度を越した可愛らしさと、度を越したサービス精神のあるリアルタイム妄想ブースト溢れる振る舞い。ポッキーゲームを瑞々しいトマトでやるシーンは最高に滾った。

今作の監督の作品は、あの「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」。ゲテモノ臭いをまき散らしながら”愛”について語るあの映画の監督だ。今作は「ヘドウィグ~」とまではいかないが、パンクロックとそして親に縛られたくない、規則やシステムに反抗したい若い初期衝動を物語の平均台の上にピタリと乗せて、激しくシェイクし、想いの欠片をまき散らす素晴らしい演出だった。冒頭の曲の格好良さとパフォーマンスの反倫理性のブーストはパンチが効いていたし、中盤の見せ場であるエル・ファニングとアレックス・シャープのライブシーンのリミッターを解除した爆発力と、ドラッギーな映像に酔いつぶれそうになった。

そもそも異星人交流であり、そして48時間というタイムリミット、エッセンスであるカラフルな異星人の造形と動きは、「ヘドウィグ~」同様に舞台劇の域で、さらに理解や反応に困る度合が上がっているが、ボーイ・ミーツ・ガールの衝動的な生々しい美のセンスや、クライマックスの青臭さ、そしてラストカットの確実なるフィニッシュブローの泣かせ演出にしてやられてしまった。故高畑勲の「かぐや姫の物語」のようにいつか流転していく禁断の運命のように、主人公の心の内の発散の成功と同時に訪れた、あの青春の意味を噛みしめてエンドロールに向かう姿勢を大いに称賛したい。
エル・ファニングがゲロ吐いたり、脇触らせたり、顔舐めたりする映画である。ただただエル・ファニング尊い。
MVみたいな映画。
パンクというよりサイケ。
ステージ立ってエルファニングが歌うシーンが凄く良かったです。
深い映画なような気がしますけど、カオス過ぎて核の部分はあまり理解できませんでした。
雰囲気は好き嫌いありつつも、僕は楽しむ事が出来ました。
どうしてもSFとか宇宙人とか
そういう話は入り込めない…
ザンとエンがトマトを食べる
シーンはえっちで好きだった
こんなぶっとんだ映画観たことなかった…
ボーイミーツガールではあるけどカルトロマンスというか
とりあえず理解に苦しんだけど、なんか伝えたいことはなんとなく分かったかも
machaki

machakiの感想・評価

-
なんだこれ!?最初から最後までそう思っていた。気がつくとエンドロールだった。社会派映画なの?おふざけ映画なの?まさにカオス。でも、メッセージ性は高いんだ。思春期にレールから独り立ちしようとする若者たち、しきたりを守ろうとする大人たち、判断を間違える若者たち、いろんなところにメッセージがあるんだよ。
人非人

人非人の感想・評価

3.0
エル・ファニングに吐瀉物かけられたい。
ゆ

ゆの感想・評価

-
テンションに置いてきぼりになってしまった
Aya

Ayaの感想・評価

3.9
歌うところ、カッコイイ!
>|