パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.5

あらすじ

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

miwan

miwanの感想・評価

3.4
パンクミュージックも不思議系エイリアンも好きだけど、ちょっとワタシは「ターゲット」ではなかったのかもしれない。

エンとザンのラブも、ライブハウスの様子も、エイリアンたちの生態も取って付けたような感じでワタシは消化不良。どうせならもっと振り切って欲しかった。
そして、何に対して反抗しているのかもわかったようなわからないような、、、

それでも、ちょっと情けない感じのエンも、パンク友だちも、エイリアンのザンも嫌味なくかわいかった。
そして、最後の少年少女たちの自己紹介を聞いた時に、不安定な線で描かれた円がピタッと繋がった気がして、じんわりと微笑みが浮かんできた。(特に『Xの入ったスージー』にはグッときた)
hm

hmの感想・評価

4.3
予想外の話だったけど面白かった
エルファニング可愛いを超えてる、、
ちょっと意味のわからない奇抜な世界だが、エルファニングが可愛いのでOK。
ラストは何気に感動した。
Terayaan

Terayaanの感想・評価

3.3
エル・ファニングのパンクが最高!笑えた。
MEMO

MEMOの感想・評価

2.1

このレビューはネタバレを含みます

なんなのこの誰得な映画は。何もかもが違う。そして酔う。どうしてこうなった。わりと金かけてるのにパァだなという感じ。薬でも一発キメとかないとまずパンピーは楽しめない。SFと位置付けていいのかというほど下の下のカオス。フライヤーがよすぎる。エルファニングが鬼かわすぎる。イギリス英語とパンクは最高。
正直、最初はつまらない映画だなと思いながら観ていたが、笑えるシーンもあり、途中から徐々に惹き込まれた。
異星人のコスチュームが60〜70年代にイメージされた未来人の服装のようで面白い。また、噛み合っていない会話が互いの思い込みで成立してしまうのが笑えるが、実は深い部分で噛み合っていたりするのも面白い。
PTが保守層や既存勢力を体現し、それをパンクと絡めた発想は買うが、メッセージ性という点では中途半端に感じた。異文化交流による男子の成長譚としては、それなりに良かった。
WOWOWにて鑑賞。始まって18分くらいで受け付け拒否に陥り、断念した作品。。。サーセン💦
とても奇妙でよくわからない世界観ww
最後はハッピーエンド?なのか???(笑)
エルファニングは相変わらずの美しさ
果林

果林の感想・評価

3.2
勝手に開催❣️自分映画祭🎥4本目🙌🏻

ちょっと置いてきぼりくらったけど、エルファニングの可愛さで保たれた感じ。
SF好きだけど今の世界とSF要素を同じ時間軸で作るとこんな感じになるかぁと思った。色んなことに言えるけど、トピック詰め込みすぎると大混雑になっちゃうよね。
hideaking

hideakingの感想・評価

3.4
オープニングからダムドの「ニュー・ローズ」で上がる。ロンドン舞台の青春パンク・ムービーかと思いきや、異星人が絡む荒唐無稽なストーリー。
>|