パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.0
邦題で期待するとびっくりするはずあまりにも内容がぶっ飛んでて終始驚きっぱなし。
怖いもの見たさで興味ある方は是非オススメです。
責任は取れませんので。
ミミ

ミミの感想・評価

3.6
B級っぽさもありつつ
おバカだけじゃないし
少し甘酸っぱくて
なんか好き!

しかしニコールキッドマンて
振り幅すごいな…
キスとゲロに彩られたパンク少年と宇宙人のボーイミーツガールコメディSF。こんなに作品のテーマを言い表してないタイトル見たことがないが、原作タイトルの直訳だししょうがないか?オープニングの映画会社のムービングロゴと見間違っちまった冒頭の宇宙イメージとウルトラサインみたいなアイコンとやらしいウイルスがキレイ。だいぶ特異な宇宙人設定について行けなかったが、エル・ファニング扮する反抗期の宇宙人はかわいい不思議ちゃんの風情。碧眼の錦織圭(似)とのコンビネーションも微笑ましくてよかった。コスプレ好きそうなニコール・キッドマンがパンクメイクでノリノリ。最近アナログレコードやカセットテープが流行ってるから、てっきり現代の話かと思ったら1977年設定の話。どーりで携帯電話が出てこない訳だ。ラストシーン前に1992ってタイトル出て初めてその事に気付くボンクラぶりですわ。最後良い終い方でちょっと感動。
エルファニングを観たい人のための映画
violet

violetの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

邦題が英語そのままだった!なんか嬉しい
エルファニングが好きで観た
ウブな男の子が頑張る話かと
思ってたら全然違かった(笑)
エルって不思議ちゃん役多いな…

ふたりの意味不明な
イチャイチャシーン、
指が多い子がファーーーーーーック
って言ったところが良かった

最後の子達はみんなエンとザンの子なの?
1人だけ?その他は他の人ととザンの子よね?
見事に裏切ってくれる。何だこれは!!
もう自己満の世界でもこうも演者が集まるそこは素晴らしい。
めちゃくちゃでわけわかんなくて好きだった。
クソダサいPVみたいなシーンが好き。
kuse

kuseの感想・評価

-
記録
何がパンクかは分からないけれど
とってもパンクね
たろう

たろうの感想・評価

3.4
パンクカルチャー×宇宙人は相性よかった。なんか色々と安っぽくて残念。。
肋骨

肋骨の感想・評価

3.7
親は子供を育てるために自分を犠牲にするということを、わけわからん世界観で表現した映画なのかな…という解釈になった。
2人で歌った歌は最高だったし、お母さんもすごくいい人。
>|