パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.0
邦題で期待するとびっくりするはずあまりにも内容がぶっ飛んでて終始驚きっぱなし。
怖いもの見たさで興味ある方は是非オススメです。
責任は取れませんので。
ひ

ひの感想・評価

3.8
タイトルから想像していたストーリーとはえらい違ってたけど最後なんだかほっこりしてしまった
やはり音楽と女の子に猪突猛進しちゃう男の子はかわいくて仕方ない
良くも悪くもやりたい放題な映画って感じで、まぁパンクなんじゃん?て感じでした。

エルファニングはゲロ吐いても食べ物の食い方汚くても可愛い。
とにかくエルファニングは動物になっても宇宙人になってもなんでも可愛いんだぞ!っていう映画
動物的なエルファニングがたまらんです
芸術的で性的でポップ!
とっても元気の出るパンチの効いた爽やかなラブストーリーです
おススメ
Aoi

Aoiの感想・評価

-
とても奇妙な映画だけどエルファニングが可愛すぎる。ゲロ吐いても可愛い。
めり

めりの感想・評価

3.3
中盤まで???→だんだんはまる→最後ええ話やん。。
深く考えずに感覚的に楽しむ映画
エル・ファニングがキュートすぎた
r

rの感想・評価

3.5
良い意味で裏切られた!
これは良き映画でした❥❥好き!
これはセロリ映画です!←
_
"ABOUT TIME"のよう一癖ある作風で
SF × PUNKと言った異質の合わせ♡
斜め上をいく設定 冴えない男の子 青春
漂う芸術感 異星人の性行為 嘔吐←
柱となる70'PUNK MUSICが また新鮮◎
_
世界観が唯一無二の上 エル様の
可愛さと言ったらなんのその❥❥笑
もにもにMILKぽさ健在ですü
私も変なダンス踊ったり叫びたい!
帰り道は余韻に浸りへどばん!笑
余計な詮索は入らない 観て楽しむ!
この映画を観て泣くとは思わなかった 笑
_
_
どうかこの面白さ 伝われ------‼︎笑
_
_
セロリ映画な故に癖があり
好き嫌い別れそうだけど 一癖好き
変わった映画好きな方は是非♡
Manon

Manonの感想・評価

-
観終わった時に感じたのは、1本のMVを観たような感覚でした!
普段パンクミュージックを頻繁には聴かないのですが、
この作品は全体を通して世界観や映像が独特で、この作品自体がパンクなんですね!

何にでもかわいいって言うのはあまり好きではないのですが、全体的にかわいいー!っていう感覚がくすぐられる作品でした。
人物像もかわいくて、登場人物の言動もかわいくて、独特の衣装やスタイリングもかわいいー!(笑)
見てかわいいものと、感じるかわいさで詰まってる作品でした!

(過去1語彙力のない伝わらないレビュー…笑)
好きなものを、あれもこれも、ワンプレートに山盛りにしてしまったような映画だな。中身があって、器がない、というか。

しかし、嘔吐するエル・ファニングが、首の長い恐竜のように見えて、なんだが異様ではあった。
317

317の感想・評価

4.3
パンク・カラフル・カルト映画

エル・ファニングが好きで、観に行ったわけですが、良い意味でまた新しい一面を見ることができ、可愛いだけでなく、あのカルト的な異星人を無機質でありながらも、人間らしく演じていてより好きになった
内容はほんとカルト的な要素が強いので、苦手な人もいるかもしれないが、カラフルな異星人とパンクの黒の色が観ていて面白い
最後の決断は苦しさもあったけど、最後の最後のシーンは心温まり、人間ドラマとして良きエンディングだった
>|