パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.5

あらすじ

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

3.0
ボーイミーツガール映画でカルト映画で恋愛要素があってSFも入っててコメディも所々あって友情もあってパンクで音楽もかっこよくて、何よりエル・ファニングが絶対的に可愛くて。そんな映画。

正直何が何やらよくわからない(笑)冒頭の疾走感のあるオープニング辺りは結構クールで期待させてくれたんだけど、貸家に入った辺りから「あれ?何だこの展開(笑)」ってな感じで。説明があってコロニーだのPTだの言ってるけど、正直全然わからん(笑)説明的過ぎるのも正直よくないとは思うけど、それでも謎が多い。
まあエルがとりあえず異端で48時間以内に星に帰らないということはわかった。

しかしまあいろいろメタファーがあるんだろうけど、さすがにわからんことが多すぎる。6って数字からいろいろ連想しようとしてみたり、感染とか愛とかを絡めた比喩なんだろうな、とは思うけど実際ちょっとわからんことが多い。

とりあえず抜群に魅力的なエル・ファニングを見るだけでも十分楽しめるんだけどね。オーロラとかやってたおしとやな感じも好きだけど、こういうグイグイ系も悪くない。彼女が出ているだけで見る価値があると思えるかな。
佐伯

佐伯の感想・評価

3.5
序盤が盛り上がりに欠けたかなー
後半面白くなってくるのが惜しい
エルファニングが可愛いのとパンクスの服がかっちょいいから+0.5点
この映画をアート作品として点数つけるなら4.2!映像とかアイデアは面白かった
moriken

morikenの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

独特の世界観。
宇宙人の女の子とパンク好きな主人公の48時間の恋愛。
秩序や体制は壊すパンクの精神。
https://cinemarche.net/sf/girlsatparties/
Anna

Annaの感想・評価

3.5
もともとSF系が好きではないので、あまりハマらなかった
オシャレなのとエルファニングの透明感でなんとかなってる感がある
宇宙人がきもちわるく、不気味ながらも

オシャレ美しい宇宙人に描かれている。

エロティック感がなんとも言えない表現で現れてる。単純なんじゃなくて変態ちっくなほう。

恋愛の雰囲気も変態。

SFに恋してる人には堪らない。
Shimon

Shimonの感想・評価

4.5
ファッションも音楽も全部最高でした。
ジーハ

ジーハの感想・評価

3.5
エイリアンの女の子と地球人の男の子との、たった48時間の恋の物語。

48時間で何ができるか??
はい!思いきり青春を謳歌するんです。
そして大恋愛しちゃうんです。

この作品では、ある種二人の共通言語で、人類(宇宙)の覚醒に一役買うことになる、いや一役どころか要かな。当時は、不良の代名詞だった怪しく激しいパンクミュージック。個人的にはずっと「パンク」というジャンルに縁遠く、全く共感も理解もできない派だった。でも今この作品のおかげで、当時のロンドンで若者になぜパンクムーブメントが起きたのか?必要だったのか?その理由が今更ながら頭ではなく心で理解できた気がしている。そう、バンクはなぜ自由の象徴だったのかも。。

改めて思う…映画は何でも教えてくれる(笑)

あと、この奇想天外な設定や世界観★
モードでカラフル宇宙人たち。団体で行う意味不明なダンスや変な掟などなど〜大好き!(笑)
もちろんこんなハチャメチャの一方で、恋愛映画として、恋の行方が切なく加速する終盤にもキュン…(涙)

何よりあのエル・ファニングのとろけるような愛らしさといったらもう…🖤、、劇中〜彼女がゲロを吐くシーンまでもが愛しく思えるくらい(笑)

と、いうことで何気に見始め…
思いがけずハマってしまった一本です★
宇宙人?なエルファニングがパンク?何それ?知りたい!と男の子をせっついた末に云々ってな感じの特殊なSFであり、ボーイミーツガールでもある映画。学芸会にも見えかねない複数タイプの宇宙人の表現が衣装、照明、音楽のおかげでトリップ感満載に。タイトル出るところの昔のPV感も凄く良かった。


アップリンク吉祥寺に行ってきた!「パーティで女の子に話しかけるには」感想
http://tea-rwb.hatenablog.com/entry/2019/01/16/123000
不思議な世界でした。
いろんな役、作品に出てるエルファニングを見るのが楽しい
1k

1kの感想・評価

3.7
この映画には現代の消費社会への尊大なるアンチテーゼが隠されている…のかもしれないがそんなのどうでもよくてとりあえずブッとんだSFで結論としてはパンク最高ってことです
>|