パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.5

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

3.0
ボーイミーツガール映画でカルト映画で恋愛要素があってSFも入っててコメディも所々あって友情もあってパンクで音楽もかっこよくて、何よりエル・ファニングが絶対的に可愛くて。そんな映画。

正直何が何やらよくわからない(笑)冒頭の疾走感のあるオープニング辺りは結構クールで期待させてくれたんだけど、貸家に入った辺りから「あれ?何だこの展開(笑)」ってな感じで。説明があってコロニーだのPTだの言ってるけど、正直全然わからん(笑)説明的過ぎるのも正直よくないとは思うけど、それでも謎が多い。
まあエルがとりあえず異端で48時間以内に星に帰らないということはわかった。

しかしまあいろいろメタファーがあるんだろうけど、さすがにわからんことが多すぎる。6って数字からいろいろ連想しようとしてみたり、感染とか愛とかを絡めた比喩なんだろうな、とは思うけど実際ちょっとわからんことが多い。

とりあえず抜群に魅力的なエル・ファニングを見るだけでも十分楽しめるんだけどね。オーロラとかやってたおしとやな感じも好きだけど、こういうグイグイ系も悪くない。彼女が出ているだけで見る価値があると思えるかな。
こじ

こじの感想・評価

3.9
こういうよくわかんない

設定もどこまで辻褄があってるのか定かではない

前衛的(?)で

独特な映画は

決して

嫌いじゃない。

なんならかなり楽しめた。

しかも最後、なかなか感動した。

エル・ファニングがかわいいのも

ニコール・キッドマンがぶっ飛んだ役をやってるのも

幸いした。
キタノ

キタノの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

・色々と勿体ない映画

・ただでさえ色々と理解しがたい要素(パンク、カルト、SF等)が多いのにわかりやすい描写は無く、無駄に混乱させている気がする

・色んな描写が渋滞している印象

・端的に言えばパンクが好きだが抑圧された環境にいる冴えない青年と宇宙人の女の子がパンクをきっかけに…という映画なのに不思議で小難しい珍妙な印象になってしまっている

・ヒロインが可愛く、性的な意味を持たない所作が妙なエロスを醸し出していてそれがまたボーイミーツガールの魅力を引き出している

・『小さいよくわからない』と『大きいよくわからない』が重なり過ぎてよくわからない映画になってしまった
宇宙人の設定がパンク過ぎて分からない。移民の国アメリカ?サントラもイマイチ。
エル可愛い。ゲロチューOK
苦手だった。
エルの可愛さは見てて楽しかったし良かったけれど、世界観とかは理解できなかった。
あたしにはまだ早いのかもしれない。
のらち

のらちの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます




タイトルとジャケ写だけで
ラブストーリーかなと思ったら
まさかのオカルト系。


話は不思議すぎて
よく分かんなかったです。


エルファニングの異界人ぶりが
可愛かったです☺︎


ツッコミどころが
満載でした。


世界観で押し切った感じですかね。


__
赤鬼

赤鬼の感想・評価

3.5
カルト映画で、ラブ要素もあって、よく分からないけど面白いなとは思えた映画。エル ファニングはやっぱり役者だなと見ていて改めて実感しました。きちんと作品毎に別人になれてるのは本当に凄い。若くて綺麗で、でも可愛らしさもあって、子役からキャリアをスタートさせていて、こうして大きくなっても役者として仕事が貰えている。ただただ尊敬。
心躍る素敵な夢でした…💥


異の表現加減が良い。。。
>|