パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

deenity

deenityの感想・評価

3.0
ボーイミーツガール映画でカルト映画で恋愛要素があってSFも入っててコメディも所々あって友情もあってパンクで音楽もかっこよくて、何よりエル・ファニングが絶対的に可愛くて。そんな映画。

正直何が何やらよくわからない(笑)冒頭の疾走感のあるオープニング辺りは結構クールで期待させてくれたんだけど、貸家に入った辺りから「あれ?何だこの展開(笑)」ってな感じで。説明があってコロニーだのPTだの言ってるけど、正直全然わからん(笑)説明的過ぎるのも正直よくないとは思うけど、それでも謎が多い。
まあエルがとりあえず異端で48時間以内に星に帰らないということはわかった。

しかしまあいろいろメタファーがあるんだろうけど、さすがにわからんことが多すぎる。6って数字からいろいろ連想しようとしてみたり、感染とか愛とかを絡めた比喩なんだろうな、とは思うけど実際ちょっとわからんことが多い。

とりあえず抜群に魅力的なエル・ファニングを見るだけでも十分楽しめるんだけどね。オーロラとかやってたおしとやな感じも好きだけど、こういうグイグイ系も悪くない。彼女が出ているだけで見る価値があると思えるかな。
隅

隅の感想・評価

4.2
70年代イギリスが舞台でファッションがとにかく素敵だった!音楽もめちゃめちゃ良い!パンクな女の子になってみたかった……

エル・ファニングが終始可愛い〜〜
misa

misaの感想・評価

3.8
ストーリー性がありすぎるのか、なさ過ぎるのか、理解できない部分が多かったがものすごく刺激を受けた
わっち

わっちの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

ウブな男の子が頑張ってかわいい女の子ナンパする話かと思ったらまさかのSFで驚き。
makoto

makotoの感想・評価

4.2
サイケにぶっ飛んだ青春ファンタジー
haretsch

haretschの感想・評価

2.8
12時30分の回。

パンクは好きだし、オープニングでダムドのnew roseがかかったから興奮したんだけど・・・

個人的に合わなかった。

別に内容がぶっ飛んでるのが嫌いな訳じゃないし、宇宙人?エイリアン?側がある種のメタファーになってるのもわからなくはないが。

主人公の男の子が錦織圭に見えてしまった。
あとエンドロール見て、あれニコール・キッドマンだったんだって気づいた。

このレビューはネタバレを含みます

宇宙人の彼女の彼女なりのじゃれ合い方の可愛さとエロさにやられる。とても自由だった。個性を重んじるはずのところに生まれる束縛。その矛盾は彼女の所属する集団の話だけではなくて、パンクに心酔して自由を叫びながら母親の自由すぎる振る舞いは許せないという主人公の個人的で切実な矛盾は、家族でも友人でも職場でもいろんなところで自分にも身に覚えがあるのだった。衝動に突き動かされてるだけだったのが、色々あっての助言の内容が具体的になってるのとか愛おしくて笑ってしまった。大人になっていた。そしてそれは否定して打ち消して大人になるというのではなくて、自由の捉えかたが広がったり深まったり、という感覚だったのが好きだった。
でもなんとなくもどかしくなってしまうのは、自分がまだそこまで思いきれてなくて、まだぜんぜん過去になってないからかもしれない。
序盤のキスしようとしたら口の中にゲロ吐かれるところ、現実にあったら自分も吐いて酷いことになりそうだけど、主人公はウエッという顔をしながら唖然としていて、彼女は口元ベチャベチャにしたまま何も気にしてなくて、そのふたりの感じがなんでか知らないけどすごくキュンキュンしてしまった。めちゃくちゃロマンチックに感じてしまった。いつかどこかでこうなったときにロマンチックを体現するのに耐性つけなければ、とかけっこう本気で思ってしまった。大口開けてゼロ距離で絶叫しあうのも、ウィルスのように入っていくイメージも、いろんなのがとてもロマンチックだった。
宇宙人ものの青春ドラマ。
宇宙に帰る時、空へではなくビルから落下するのがおもしろい。不思議な感覚を楽しめる映画。
わ

わの感想・評価

5.0
エルファニングかわいい
HAL8192

HAL8192の感想・評価

3.8
宇宙人×パンク×恋愛

正直、ストーリーは意味不明!
基本は比喩表現の嵐!

それでも、この映画が一定のリアリティを保っているのは「宇宙人」といわれるヒロイン演じるエル・ファニングの実力ゆえだろう。

彼女の演技は正直凄まじい!
彼女がいるから「宇宙人」がチープにならない。

ただ、基本的に宇宙人というものは比喩であり、PTつまり両親として描かれている。
それに対抗するパンクなのだが、少々弱いとも感じた。

結論として、エル・ファニングの可愛いらしさを徹底的に感じる映画だった。
>|