パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

エルファニングがとにかく可愛い。
ストーリー自体はボーイミーツガール。
ちょっと不思議なボーイミーツガール。時代的には1977年なのだけれど、今の感覚。
トマトやレコード店のシーンだったり、非日常に囲まれながらも、何気ない日常が見れたのは良かった。
エル・ファニングがチャーミング!
Lakshmi

Lakshmiの感想・評価

3.8
途中で飽きがきて集中力が切れてしまった。なのでストーリーがよく理解できない部分が多少あったが、ラストは感動した。
あけび

あけびの感想・評価

4.6
このタイトルとポスター見てこの内容は想像できない!配給会社素晴らしい。
内容は完全に理解できてないけどパンクと原色衣装でめちゃくちゃになれる。
終始ザンはどこか不思議ちゃんだった、こんな子に出会ったら絶対好きになっちゃうな…と思わせる魅力があった。吐きながらキスするエル・ファニング、めちゃくちゃ可愛かったな。
ラストは結構ベタなエンディングだったけど泣いてしまった。命が廻ってた。
最初にパンクの曲が流れて
最高にかっこいい!

途中から何だコレ!!?って
思うけどぶっ飛んだ映画でした

僕だったら吐いた子でもキスします
前情報なしで見ましたが、始まって15分後には爆睡してました。映画館で寝てしまうのは非常に罪悪感を感じるものですが、パンクとは罪悪感とも言えるかもしれません。
夢と現実、パンクと罪悪感の交差する浮遊感のある不思議な映画でした。
残念ながら自分に言えるのはこのくらいです。

追伸
果たしてパンクの映画だったのでしょうか?みなさんのレビューで勉強します。
新宿ピカデリー爆音映画祭にて。
予備知識なしで観に行ったので、ベタな恋愛映画かと思いきや70's風サイケなSFモノでビビった。
異星人達がある種我々地球人のメタファーというか、そういうメッセージ性が込められているんだろうとは感じるんだが、イマイチ理解しきれなかった。
あとキスの手前でゲロぶっかけちゃうシーンが印象に残ってる。
かなた

かなたの感想・評価

2.9
なんだか、B級邦画のふいんきを感じました。
エルファニングかわいい〜
この映画のポスターと題名に釣られてちょっと甘酸っぱいおしゃれ青春ストーリーだと勘違いして観に行った人を全力で裏切ってくる感じがもはやパンク。

パンクでアヴァンギャルドで70年代でSFで青春で、素敵なものいっぱいで出来てる映画。
この感じからのベタなオチも好み。
宇宙人のサイケな衣装デザインも良すぎてたまらないし、グレンチェックのコートにお団子結びでピュアな(地球外生命体ということを除いても)エル・ファニングは可愛いの化身で、そりゃ誰でもイチコロだ〜

個人的に1番この映画の中で大人の階段登ったなと思うのは3人組の1人ヴィック。
最初はあんなに拒絶した3P(あれは3Pで合ってる?)を最後受け入れちゃうのってすごい進歩だ
ヘドウィグ大好きだったので同じ監督で音楽映画っぽい感じだと思ったから観に行ったけど音楽はそうでもなかった。でもエルファニングがとても可愛らしくエイリアンのファッションも良かったし飽きずに見れた。またヘドウィグが観たくなったなあ。