パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

ポスターの甘酸っぱさに期待してしまっていました。予想の斜め上を行くストーリーや自分の笑いのつぼにハマるシーンやダンスで感情が忙しかった。帰り道、パンクの話よりコロニー(特に赤)の話で盛り上がった水曜日でした。
うだ

うだの感想・評価

4.2
とんでもない映画を見てしまった…。

新しいフェチに目覚めそう。
とにかくエルファニングが素敵すぎて大好き。
SFパンク映画(笑)

ださかっこいい
パンク好きな少年たち。

1980年代に描かれた
未来像的な衣装を纏う異星人。

おしゃれ
mclovin

mclovinの感想・評価

3.4
予告もほぼ見てなく、このビジュアルとタイトルで絶対好きなやつだ!と思って行った為、
おやおや。
おお?
カルト混ざってくるのか。
SF?
なんだか分からない。
分からないのだけど嫌いじゃないんだよな。
始まりのシーンとかライブのシーン良かった。
感情移入は全くしないけど、ライブシーンでgrimesみたいなヴィジュアルになったエルファニングがとにかく可愛かった。
ak

akの感想・評価

4.1
最初はついていけるか心配だったけど、不思議な世界観で面白かった☺️
独特の性癖描写にほほう…と感心してしまった。
パンフも買いました🤗
観てよかった!
Kinta

Kintaの感想・評価

3.2
まぁあまぁあ苦手な部類。
覚醒ライブのシーンと、ニコール・キッドマンの重厚感が良かった。
Haruto

Harutoの感想・評価

3.5
すごい期待して観に行ったけど、設定の難解さと独特すぎる展開についていくのが大変。でも最後の終わり方は、ほっこりしたっていう表現が正しいかわからないけど、個人的には胸打たれた。あとは、主人公を演じたエル・ファニングが終始可愛かった。
しゃみ

しゃみの感想・評価

3.5
ストーリーに惹かれて観賞。
宇宙人の集会(?)がシュールで面白かった。第何惑星だとか種族間?での揉め事の話はイマイチ掴み所が無かったかなぁ。
ゼンの話を最後まで聞くエンの姿はとても良かった。その逆も。曲もとても良かった。
パンク好きの男の子とかわいい女の子の音楽青春映画と思いきや、まさかのまさかのストーリーでわけわからない!笑
エル・ファニングかわいすぎ、、、。
tosheeee

tosheeeeの感想・評価

3.5
エル・ファニングの可愛さに5点満点!
ストーリーの捻りの無さにマイナス1.5点。
パンク感はあってて良い感じ。
ただパンク感を出す為だけの1977年設定はどうなんだろうか。
嫌いじゃないです。