パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.5

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

maaaaaao6

maaaaaao6の感想・評価

3.8
ぶっ飛んでるーー宇宙人達可愛い。
楽曲自体は然程興奮しなかったけど、エルファニングに限らず歌ったり踊ったりしてるシーンはどこも良かった!
種の起源、存続、滅亡みたいなテーマはヘドウィグアンドザアングリーインチと共通してる部分があるのかなあ。
238

238の感想・評価

3.8
パンク、SF、ゲロ。掴みからUKパンクで惹き込まれ、中盤の逃避行、カルト要素を抜きにしても良い!その一方でカルト要素というかエル・ファニング演じる宇宙人の種族の設定も面白さに一役買っている。他の方の言葉を借りるとするとベースは「かぐや姫」や「ローマの休日」がやはり近いが、いい意味で少し違う。
エピローグで何もかも報われるというか、この映画の意味を全て理解できる感じかな。とても面白かった。

エル・ファニング良い、何が良いかは分からないけど良い。姉だか妹だかのダコタ・ファニングもすし。
よしお

よしおの感想・評価

3.4
宇宙人×地球人
2人に残された時間は48時間。

一応地球人の僕には宇宙のことは難しかったみたい。笑

全く理解できないけど、エルファニングが可愛いことだけは素直に理解出来た( ゚ー゚)ウ ( 。_。)ン
usuryo

usuryoの感想・評価

3.5
純粋な気持ちを持って、このジャケを見て、あらすじを読んで、他のレビューは読まずに観てほしい。この何とも言えない気持ちをぶつけ合う同士が欲しい!
「ヘドウィグ・アンド…」の監督。ぶっ飛んでるエルファニングが異様に可愛い。まじサイケ。
mimu

mimuの感想・評価

3.5
なんだこれ!潔いほどのカオス感。潔いが故に嫌いになれない。幾度となく迷子にはなったけど、主演二人が完璧だったから◎変化球でストライクな結末もグッドでした。
おそらくこの少年が、アメリカ南部のど田舎出身で、毎日カウボーイスタイル、古き良きアメリカーナ・スワンプ・カントリーミュージックをこよなく愛するって設定だったとしても、エルファニングがまじ超絶可愛いから結果成り立つ。
エル・ファニング主演。

地球人と異星人との恋を描いたラブストーリー。
序盤〜中盤はパンクを前面に押した感じのコメディっぽい感じでしたが、後半はガラッと空気感が変化していって面白い構成になっていました…けど、結果まったくパンク要素を全く感じさせないという、前半のパンク推しはなんだったのって感じ(笑)
エンディング曲を聴いて「いやここでパンクミュージック流さないんかーい!?」って尚更思いました(割と良い曲でしたけど)

けどまぁ、ラストの方は結構壮大なストーリーになっていて最後の最後にホロリとさせられる〆も良かったです。
また、劇中での異星人の設定や衣装などのデザインもなかなかレトロフューチャーしてて良かったです。
それにしてもエル・ファニングかわいすぎるっしょ…パンク姿も良かった♡
milk

milkの感想・評価

3.2
思ってたんと全然違うー!笑

だけど観ていくうちに、エルファニングが猛烈にかわいいし、パンクだな、いいな、って最後思えて良かった。
パンク(懐古的)とSF(前衛的)の融合は、斬新だったけどついていくの大変だった

パーティーで女の子になり話しかけるには、というタイトルから推測するに、最善の結果を得るには、体制と規律という自分が囚われた世界の壁を打ち壊し自分の殻を破れ!みたいな、男の子からみると女の子って異星人みたいだよねみたいなニュアンスを掛けているのか?みたいなふわっとした考察しか浮かびません
柘植

柘植の感想・評価

3.0
タイトルだけて選んで観たらSF?!予想とは全く違う内容だった。ラストシーンがなければつまらない映画で終わってた。