パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

もちこ

もちこの感想・評価

4.2
タイトルとポスターからは
マイ・ブルーベリー・ナイツのような
映画を想像してしまいましたが
SFパンク映画でした (^w^)

人に薦めるかと聞かれたら
こたえはNOですが
個人的には、かなり好きです。


ださかっこいい
パンク好きな少年たち。
頭の中は女の子のことばかり。

1970~80年代に描かれた
未来的な衣装を纏う異星人たち。

そしてパンクな
ニコール・キッドマン! (*>∀<*)


なんとなく恋に落ちて
あれ?なんかヤバい子かも?
でも、ま、いっか

と、相手の背景にあるものや
環境なんかまるっと無視して
目の前にいる彼女に恋をしたら
スゴいものだってうみだせるんだよ!

という映画だったような気がします。


でも実際は
もっといろんなメッセージが
含まれていそうなので
何回か見たいと思います。
mclovin

mclovinの感想・評価

3.4
予告もほぼ見てなく、このビジュアルとタイトルで絶対好きなやつだ!と思って行った為、
おやおや。
おお?
カルト混ざってくるのか。
SF?
なんだか分からない。
分からないのだけど嫌いじゃないんだよな。
始まりのシーンとかライブのシーン良かった。
感情移入は全くしないけど、ライブシーンでgrimesみたいなヴィジュアルになったエルファニングがとにかく可愛かった。
ak

akの感想・評価

4.1
最初はついていけるか心配だったけど、不思議な世界観で面白かった☺️
独特の性癖描写にほほう…と感心してしまった。
パンフも買いました🤗
観てよかった!
Kinta

Kintaの感想・評価

3.2
まぁあまぁあ苦手な部類。
覚醒ライブのシーンと、ニコール・キッドマンの重厚感が良かった。
Haruto

Harutoの感想・評価

3.5
すごい期待して観に行ったけど、設定の難解さと独特すぎる展開についていくのが大変。でも最後の終わり方は、ほっこりしたっていう表現が正しいかわからないけど、個人的には胸打たれた。あとは、主人公を演じたエル・ファニングが終始可愛かった。
しゃみ

しゃみの感想・評価

3.5
ストーリーに惹かれて観賞。
宇宙人の集会(?)がシュールで面白かった。第何惑星だとか種族間?での揉め事の話はイマイチ掴み所が無かったかなぁ。
ゼンの話を最後まで聞くエンの姿はとても良かった。その逆も。曲もとても良かった。
パンク好きの男の子とかわいい女の子の音楽青春映画と思いきや、まさかのまさかのストーリーでわけわからない!笑
エル・ファニングかわいすぎ、、、。
tosheeee

tosheeeeの感想・評価

3.5
エル・ファニングの可愛さに5点満点!
ストーリーの捻りの無さにマイナス1.5点。
パンク感はあってて良い感じ。
ただパンク感を出す為だけの1977年設定はどうなんだろうか。
嫌いじゃないです。
異星人との2日間の恋愛。パンクロックが聴きたくなった。エルファニングかわいい。
予告編だけ観て鑑賞。
変わり者のお嬢様的なガールとパーティーで出会ったパンク好きなナード男子が彼女にパンクを教えようとデートする初恋…
みたいな予想してたような筋書きのはるか上を行くぶっ飛び設定の映画だったので途中「は、はあ?まじですか?」と呆然としてしまったけど、最後謎の感動で泣いてしまった。

考えてみればニール・ゲイマン原作だもんな〜そうだよな〜…

なんというか、結構低予算な「ドクター・フー」みたいなテレビドラマ(英国の!英国のドラマ!そしてChannel4!BBCみたいなクオリティではない!)で似非SFみたいな見た目な上、話の面白さ云々には若干の問題があると思うけど、最後はなんか感動しちゃうんだよな…おかしいな…

キャスティングはとても良かったと思う。主人公のあの情けない感じは最高だし脇にいる友達たち(それぞれに待ち受ける未知の体験も含め)も最高だった。
あとあれはエル・ファニングちゃんの魅力があってこそだったな…

原作未読な上、パンクや70年代〜80年代の文脈もよく知らないしな…と考えてたけど、エル・ファニングちゃんが出てる「20センチュリー・ウーマン」と主人公の設定がかなり似てる(シングルマザー・パンク好き)ところがあるので、それと比較すると面白いな…と思った

イギリスのこういうSFというか宇宙人と人間との接触の描き方って、かなり風刺が効いてたり、暴力沙汰になるというより知恵やトンチで勝負に出る感じで結構面白いよな〜と。(興味深いけど笑えるおかしみではない)

最後のあのエンの台詞いいよな…