パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

いろえ

いろえの感想・評価

3.2
想像と全ッ然違うボーイミーツガール・ストーリーに面食らった、良い意味で。フシギでピュアで、清々しい話。ニコール・キッドマン演じるパンクス元締めババアの哀しさと痛快さよ…めちゃくちゃ良かったなあ。エル・ファニングのキレッキレなシャウトも◎!
ny

nyの感想・評価

3.0
嘔吐恐怖症だけどエルが可愛いからゲロシーンに耐えられた
よくわかんなかったけどエルが可愛いから3.0
Soshi

Soshiの感想・評価

3.0
不思議な雰囲気。
近未来的作風。
時計仕掛けのオレンジ的な感じ。

「ネジが一本飛んでいる」という表現より、「ネジが付いてない」という表現の方がいいかも。

なにがなんだか分からんけど、人間と宇宙人との恋愛の展開は○
tapir

tapirの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

抽象的な表現が多く、若さがあふれる作品だと思いました。
そして、ニコール・キッドマンさんがカッコよく、宇宙人達の攻撃の仕方が可愛かったです。
ひ

ひの感想・評価

3.8
タイトルから想像していたストーリーとはえらい違ってたけど最後なんだかほっこりしてしまった
やはり音楽と女の子に猪突猛進しちゃう男の子はかわいくて仕方ない
良くも悪くもやりたい放題な映画って感じで、まぁパンクなんじゃん?て感じでした。

エルファニングはゲロ吐いても食べ物の食い方汚くても可愛い。
とにかくエルファニングは動物になっても宇宙人になってもなんでも可愛いんだぞ!っていう映画
動物的なエルファニングがたまらんです
芸術的で性的でポップ!
とっても元気の出るパンチの効いた爽やかなラブストーリーです
おススメ
Aoi

Aoiの感想・評価

-
とても奇妙な映画だけどエルファニングが可愛すぎる。ゲロ吐いても可愛い。
めり

めりの感想・評価

3.3
中盤まで???→だんだんはまる→最後ええ話やん。。
深く考えずに感覚的に楽しむ映画
エル・ファニングがキュートすぎた
r

rの感想・評価

3.5
良い意味で裏切られた!
これは良き映画でした❥❥好き!
これはセロリ映画です!←
_
"ABOUT TIME"のよう一癖ある作風で
SF × PUNKと言った異質の合わせ♡
斜め上をいく設定 冴えない男の子 青春
漂う芸術感 異星人の性行為 嘔吐←
柱となる70'PUNK MUSICが また新鮮◎
_
世界観が唯一無二の上 エル様の
可愛さと言ったらなんのその❥❥笑
もにもにMILKぽさ健在ですü
私も変なダンス踊ったり叫びたい!
帰り道は余韻に浸りへどばん!笑
余計な詮索は入らない 観て楽しむ!
この映画を観て泣くとは思わなかった 笑
_
_
どうかこの面白さ 伝われ------‼︎笑
_
_
セロリ映画な故に癖があり
好き嫌い別れそうだけど 一癖好き
変わった映画好きな方は是非♡