パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

MARI

MARIの感想・評価

3.3
不思議な感じだった。全然想像と違ったけど奇妙な音楽と雰囲気がすき。異世界すぎてスクリーンに吸い込まれた。
Taro

Taroの感想・評価

2.0
世の中には頭のおかしい人と、頭のおかしい人のふりしてる普通の人がいて、例えば『マジカル・ガール』は本当に頭のおかしい人による作品だが、これは普通の人が頑張って頭のおかしいふりをして作ったような作品。ちょっとわざとらしすぎる。
白石尊

白石尊の感想・評価

4.4
もっと若い頃にこの映画が公開されていたなら、人生の何かしらを変えられてしまったかもしれない。
この作品は、そういう類いの映画だ。

勿論、歳に関係なくエモーションに溢れた“ボーイ・ミーツ・ガール”の新たな傑作として堪能できる映画だと思う。
ただ、この映画世界の中で、儚くも美しい短い時間を過ごす登場人物たちと歳感覚が近ければ近いほど、そのエモーションは殊更に特別なものとなり、燦然と記憶に刻まれるのではないかと思えてならない。

僕自身は、決して音楽そのものに明るくなく、当然ながら「パンク」なんて概念にも傾倒があるわけではないけれど、それでもこの映画の中の若者たちが、その“表現方法”を通じて自らのアイデンティティを確立させようとする思いはよく理解できる。
そして、性別も、種族も、環境も、常識も、文化も、死生観すらも超えて、心から愛した人と奇跡的な「共鳴」を果たしたことによるほとばしる「恍惚」が、スクリーンから溢れ出んばかりの“光”と“音”で脳に直接突き刺さる。
それはまさに、「映画」というありとあらゆる表現が入り混じった「不完全な性行為」による“オーガズム”の瞬間だった。

あらゆる意味で、“変わった映画”であることは間違いない。極めて倒錯的だし、不完全で歪だ。
しかし、それは、まだ何者でもない少年と少女の純粋な混濁を描き出す上で、真っ当な映画の在り方だったと思う。
そういった「言葉」のみでは到底表しきれない彼らの姿を映し出したジョン・キャメロン・ミッチェル監督の才気に感服する。

そして、主人公の二人を演じたエル・ファニング、アレックス・シャープの若い俳優たちが本当に素晴らしい。
若い二人が出会い、瞬間的に恋に落ち、束の間の逢瀬に戯れる。
その様は、エル・ファニング演じるザンの台詞の通り、美しくもカラフルでもないけれど、あまりにも愛おしい。

脇を固めるニコール・キッドマンがかつてない特異なキャラクターで存在感を放ちサイコーすぎる件など、随所で様々な味わいと快感に満ちた作品でもある。
繰り返しになるが、今この映画を“大人”になる前に観ることができ、「快感」を初体験できる若者たちがとても羨ましい。

というわけで、今年アラフォーに突入したばかりの36歳には、映し出される世界観が美しい程に、ある意味つらい映画だった。
何と言っても、エル・ファニングが文字通りに宇宙レベルで可愛くてつらい。
宇宙広しと言えども、キスの最中にゲロを吐かれて許せちゃうのは、エル・ファニングくらいではなかろうか。と、思う。
chiaki

chiakiの感想・評価

3.0
ポスターからの想像と全く違いすぎて、!!!という感じ。ほんとに異世界!SFなのかホラーなのか、、不気味な音楽と照明と衣装に途中ゾッとした
音楽がよかった。パンクから前衛的な雰囲気の電子音楽までサントラが幅広かったなぁ。作品としては女の子がエイリアン設定だったりその集団がカルト的だったりと多少ストーリーがSFでフィクション性が高かった。けれどパンクな精神は人もエイリアンも一緒で、出会いによって強くなれて人との絆や愛を感じることができる、、!という強いメッセージを感じた。
エルファニングちゃんが可愛かった。目がとても綺麗。主人公らを見ていて若い恋愛ってきらきらしたエネルギーに溢れてて素敵だなぁと改めて思った。
たく

たくの感想・評価

4.2
タイトルからは全く想像出来ない映画。
童貞に彼女が出来るまでのサクセスストーリー的な映画かと思ってたら人と違うことを激烈に肯定してくれる孤独な魂救済映画だった。
bc

bcの感想・評価

3.7
やっぱりパンクは最高だった!
クラッシュ、私は支持しますけどね 笑
Hyuta

Hyutaの感想・評価

3.8
パンク版トレインスポッティング。フシギ感満載だけどどこかほっこりする面白い映画。
ルナ

ルナの感想・評価

-
彼女の前では世間知らずのクズだと思え。そうすれば好感をもってもらえる。

彼女は彼女。お前はお前。忘れるな。交われば別のものになる。

でタイトルコールきても良かったかも
童貞男がちょっと大人な女の子に惚れてっていう、可愛らしい青春ものかと思って見に行ったらまったく違って、おもくそパンクなかぐや姫物語でした。そんなに面白くなかったけど、エル・ファニングは相変わらずかわいいから100点