パーティで女の子に話しかけるにはの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パーティで女の子に話しかけるには2017年製作の映画)

How to Talk to Girls at Parties

上映日:2017年12月01日

製作国:

上映時間:102分

3.6

あらすじ

パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

「パーティで女の子に話しかけるには」に投稿された感想・評価

この作品のレビューを見ると、「二人の甘酸っぱい恋愛が良かった!」「ファッションと主役が可愛くて良かった!」というものが多数あるみたいだけど、果たしてこれはそんな表面的な感想を抱くだけで良いのだろうか、、、、と。

まあ感じ方は人それぞれなので何とも言えませぬが、そうじゃあないのではと私は感じました。

ファッションが可愛い、主役が可愛い甘酸っぱい青春パンク映画だったらまあもう既に山ほどある。
この映画の「異星」の部分をもっと色々考えて見るべきなのかなぁ、と、思いました、が、考えすぎか?とも思いました、笑

考えずに感じる映画としては◎
考えようとすると私の脳みそでは迷宮入りしちまいました◎

可愛くて綺麗な映画だったけど、ヒロインがエルファニングじゃないと成り立ってなかったでしょうなといった感想です。。。(結果浅い)
Yum

Yumの感想・評価

2.7
青春音楽映画
かと思ったら、パンクなSF映画でした。タイトルの意味も??
作ってる人も途中で何作ってたかわからなくなってしまったのでは?というごちゃごちゃ感。頭悪いしパンクではないので魅力がわからず…

ポスターとタイトルとエルファニングのかわいさとで見る!って決めたけど、これからはちゃんとあらすじ見てから見るか決めようと思いました。
mari

mariの感想・評価

-
what's って感じ
満場一致で
???
ってなってた
ポスター、題名と内容の不一致感が半端ない
tomoco

tomocoの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

♥️エル・ファニングを愛でる映画♥️

予習なしで鑑賞。
思ったよりSFしてました。

大好きなダムドのNew Roseのオープニングから、1977年のイギリスパンクムーブメント…雰囲気抜群、ファッションも◎で期待値上がったのだけど、脚本がぁぁぁ…どうやらわたしには合わなかった。
やっぱりティーン向けなのでしょうか?

主人公が不思議体験をし、後に出版をし、名声を上げる…と、いう…ありがちな…。
それまでの過程は良かったのだけど、少し観客側にわかりやすい異星人の生体の説明的なものがあったら良かったと思う。
若干おいてけぼり状態だった。

それでも主役の男の子・エンのもっさり感が良かったり、エル・ファニングが壮絶かわいかったり、レアなニコール・キッドマンのパンクス姿が見れたので、いいかなぁw
大夢

大夢の感想・評価

3.3
現地の政治とかの背景知ってないと完全に理解するのは難しいのかな

置いてけぼりにされた感じ


エルファニングめちゃめちゃかわいい
マイゴ

マイゴの感想・評価

3.0
青春映画だなあ、と感じた。
中高生の頃に感じてたこと、思い浮かべていたことを思い出した。
パンクスとウイルス。おもしろかった。馬鹿馬鹿しいところもいっぱいあったけど(笑)
エル・ファニングが可愛すぎて好きになった。脇にどきどきしたの初めて。

ラストの子どもたちとのシーンも良かったなぁ。
00Nん

00Nんの感想・評価

3.5
 本作は”パンクロック×MV(ミュージックビデオ)×青春×SF”といった具合だ。もうめちゃくちゃではあるが、本作と非常にマッチしている。
ポスターを見る限り、近年多い爽やかな青春音楽エンターテインメント作品に見える。たしかにそうなのだが、本作は爽やかに加え尖っている。大人・保護者たちに反抗する様子をパンクロックに合わせて汚い言葉を吐き出す・暴れることで彼らの不安や弱さを隠そうとする姿、自由を求める姿がどこか強がっている姿が十代らしくリアルだ。
 80年代ミュージックビデオの思わせる演出がされており時代を過ごした人々は懐かしいと感じるだろう。劇中で流れるパンクロックが尖っているせいかストーリーが音楽に合わせてテンポよく進み、観ていて楽しい作品だ。
 電子音の音楽が近未来、異星人等のSF的で時に奇妙に感じさせ、80年代の音楽を思わせる。
 エンターテインメントの一方、ストーリーに哲学性があり奥が深い部分もある。異星(異性)人との恋愛、生命の存在・存続・本能、自由、若者を扱った作品でもある(これ以上語るとネタバレになってしまうため止めておこう)。しかし、そこの部分は難しいと感じる部分もあるため本作は普段からミニシアター作品を観ている人、SF好きに本作をお勧めしたい。
パンクコロニー
パンク全く好きじゃないってのが分かった
肝心なシーン寝てしまったのに(ダンレボみたいな映像の)最後なんだかぐっときたの不思議
たくみ

たくみの感想・評価

4.0
狂気×狂気

パーティで女の子に話しかけるために苦心する映画かと思いきや、冒頭数分で女の子を連れ出しちゃって拍子抜け。
訳わかんなくて付いていけない部分もあったけど、瞬間最大風速は『セッション』と同じくらい高かった。
エンとザンのギグのシーンは本当にすごい。

主要登場人物の5人がみんないい味出してた。